スタートページWeb教材目次選択肢試験目次

fe151 基本情報処理技術者試験 平成27年度春期


テクノロジ系

問1

次に示す手順は,列中の少なくとも一つは1であるビット列が与えられたとき,最も右にある1を残し,ほかのビットをすべて0にするアルゴリズムである。例えば,00101000が与えられたとき,00001000が求まる。aに入る論理演算はどれか。
手順1 与えられたビット列Aを符号なしの2進数と見なし,Aから1を引き,結果をBとする。
手順2 AとBの排他的論理和(XOR)を求め,結果をCとする。
手順3 AとCの[ a ]を求め,結果をAとする。
 ア 排他的論理和(XOR)  イ 否定論理積(NAND)
 ウ 論理積(AND)     エ 論理和(OR)

【解答】

正解:ウ

                          A 00101000
手順1(-1)                   B 00100111
手順2:XOR(0,0→0,0,1→1,1,0→1,1,1→0)C 00001111
ア:XOR  (0,0→0,0,1→1,1,0→1,1,1→0)  00100111 →×
イ:NAND (0,0→1,0,1→1,1,0→1,1,1→0)  11110111 →×
ウ:AND  (0,0→0,0,1→0,1,0→0,1,1→1)  00001000 →○
エ:OR   (0,0→0,0,1→1,1,0→1,1,1→1)  00101111 →×
参照:「論理演算(上級)」

問2[fe102-02]

桁落ちの説明として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ア

アは○。
イは×。あふれ,オーバーフロー
ウは×。丸め誤差
エは×。情報落ち誤差
参照:「データの内部表現(数値・上級)」

問3

次の例に示すように,関数f(x)はx以下で最大の整数を表す。
  f(1.0)=1
  f(0.9)=0
  f(-0.4)=-1
 小数点以下1桁の小数-0.9,-0.8,…,-0.1,0.0,0.1,…,0.8,0.9からxを等確率で選ぶとき,f(x+0.5)の期待値(平均値)は幾らか。
 ア -1/20   イ 0   ウ 1/20   エ 1/19

【解答】

正解:エ

-0.9~0.9の個数は19だから,各値の発生確率は1/19
次の表が得られる。
  x    -0.9~-0.6 -0.5~0.4 0.5~0.9
  x+0.5  -0.4~-0.1  0.0~0.9 1.0~1.4
  f(x+0.5)   -1     0     1
  発生確率  4/19    10/19   5/19
  期待値   -4/19    0/19   5/19 合計=1/19 →エが○
参照:「確率の概念」

問4

入力されたビットに対して出力されるビットが0か1のいずれかである確率を選移確率という。遷移確率を表にしたとき,a,b,c,dの関係はどれか。
    ┌───┬───┬───┐
    │ 出力│ 0 │ 1 │
    │入力 │   │   │
    ├───┼───┼───┤
    │ 0 │ a │ b │
    ├───┼───┼───┤
    │ 1 │ c │ d │
    └───┴───┴───┘
 ア a+b+c+d=1    イ a+b=1,c+d=1
 ウ a+c=1,b+d=1  エ a+d=1,b+c=1

【解答】

正解:イ

「入力されたビット」→入力が0か1かは分かっている→aは「入力が0であった。出力が0になる確率」である。
入力が0のとき:出力は「必ず0(a)か1(b)が発生」する→a+b=1
入力が1のとき:出力は「必ず0(c)か1(d)が発生」する→c+d=1
この両方が成立することが必要 →イが○
アは×。aが「入力が0か1か不明なとき,入力が0になり,出力が0になる確率」
ウは×。aが「出力が0になった。入力が0であった確率」
エは×。aが「入力と出力が同じであった。入力が0であった確率」

問5

キューに関する記述として,最も適切なものはどれか。
 ア 最後に格納されたデータが最初に取り出される。
 イ 最初に格納されたデータが最初に取り出される。
 ウ 添字を用いて特定のデータを参照する。
 エ 二つ以上のポインタを用いてデータの階層関係を表現する。

【解答】

正解:イ

アは×。スタック
イは○。キュー
ウは×。配列
エは×。双方向連結リスト

問6

整列されたn個のデータの中から,求める要素を2分探索法で探索する。この処理の計算量のオーダを表す式はどれか。
 ア log n   イ n   ウ n2   エ n log n

【解答】

正解:ア

2分探索法は,配列の中央要素と比較して,探索範囲を半分する。→配列の大きさをn,探索回数をmとすれば,2m=n →m=log2
オーダーでは,計算回数の数式のうちでの最も影響を与える項の係数を無視したもの。最大探索数も平均探索数もオーダ-は同じだし,log nがlog2nでもlog10nでも同じことになる。
アが○

問7

再入可能プログラムの特徴はどれか。

【解答】

問8[fe102-08][ad072-22][fe072-41]

Javaのプログラムにおいて,よく使われる機能などを部品化し,再利用できるようにコンポーネント化するための仕様はどれか。
 ア Javabeans  イ JavaScript  ウ Javaアプリケーション  エ Javaアプレット

【解答】

正解:ア

アは○。
イは×。HTMLに記述できるスクリプト型言語。Javaとは特別の関係はない。
ウは×。Java言語で作成したアプリケーション全般。再利用を目的とはしていない。
エは×。Java言語で作成した小さなプログラム。再利用を目的とはしていない。
参照:「プログラミング言語の発展」

問9[fe131-10][≒fe072-26]

主記憶のデータを図のように参照するアドレス指定方式はどれか。

 ア 間接アドレス指定  イ 指標アドレス指定
 ウ 相対アドレス指定  エ 直接アドレス指定

【解答】

正解:ア

直接にアドレス25を指定しているのであれば直接アドレス指定であるが,そのアドレス25の「25」をデータとして持っているアドレス20を指定することにより,間接的にアドレス25を指定している→間接アドレス指定・・・アが○
参照:「アドレス指定方式」

問10

メモリのエラー検出及び訂正にECCを利用している。データバス幅2ビットに対して冗長ビットがn+2ビット必要なとき,128ビットのデータバス幅に必要な冗長ビットは何ビットか。
 ア 7  イ 8  ウ 9  エ 10

【解答】

正解:ウ

=128 →n=7(データバス幅)
冗長ビット=n+2=9ビット →ウが○

問11[fe092-12]

図に示すように,データを細分化して複数台の磁気ディスクに格納することを何と呼ぶか。ここで,b0~b15はデータがビットごとにデータディスクに格納される順番を示す。

 ア ストライピング  イ ディスクキャッシュ
 ウ ブロック化    エ ミラーリング

【解答】

正解:ア

  • アは○。ストライピング:問題文の通り→参照:「RAID」
  • イは×。ディスクキャッシュ:主記憶と補助記憶との速度差緩和→参照:「記憶階層とキャッシュメモリ」
  • ウは×。ブロック化:アクセス効率向上のため複数のレコードをまとめてブロックとする
  • エは×。ミラーリング:同じデータを複数のディスクに書き込むことによるディスクの信頼性向上→参照:「RAID」

問12[fe101-12]

回転数が4,200回/分で,平均位置決め時間が5ミリ秒の磁気ディスク装置がある。この磁気ディスク装置の平均待ち時間は約何ミリ秒か。ここで,平均待ち時間は,平均位置決め時間と平均回転待ち時間の合計である。
 ア 7   イ 10   ウ 12   エ 14

【解答】

正解:ウ

4,200回/分→0.07回/ミリ秒
平均回転待ち時間(サーチ時間)=半回転時間=0.5/0.07[ミリ秒]≒7[ミリ秒]
平均待ち時間=5+7=12[ミリ秒]
参照:「磁気ディスクの転送時間」

問13

仮想化マシン環境を物理マシン20台で運用しているシステムがある。次の運用条件のとき,物理マシンが最低何台停止すると縮退運転になるか。
〔運用条件〕
(1)物理マシンが停止すると,そこで稼働していた仮想マシンは他の全ての物理マシンで均等に稼働させ,使用していた資源も同様に配分する。
(2)物理マシンが20台のときに使用する資源は,全ての物理マシンにおいて70%である。
(3)1台の物理マシンで使用している資源が90%を超えた場合,システム全体が縮退運転となる。
(4)(1)~(3)以外の条件は考慮しなくてよい。

 ア 2   イ 3   ウ 4   エ 5

【解答】

正解:エ

資源量=20×70=140[%台]
縮退運転せずに資源量を処理するのに必要な台数=140[%台]/90[%]=15.5[台]→16[台]
5台が故障すると縮退運転になる →エが○

問14

オンラインリアルタイムシステムにおけるCPUの使用率と平均応答時間の関係を表したグラフとして,適切なものはどれか。とこで,トランザクションの発生はポアソン分布に従い,その処理時間は指数分布に従うものとする。

【解答】

正解:ア

「ポアソン到着,指数サービス」→M/M/1型待ち行列
CPU使用率=窓口の稼働率=ρ
応答時間=応答が開始する時間
平均応答時間=到着してからサービスを受けるまでの時間
  →Lq=ρ/(1-ρ) →アが○

問15

稼働率が最も高いシステム構成はどれか。ここで,並列に接続したシステムは,少なくともそのうちのどれか一つが稼働していればよいものとする。
 ア 稼働率70%の同一システムを四つ並列に接続
 イ 稼働率80%の同一システムを三つ並列に接続
 ウ 稼働率90%の同一システムを二つ並列に接続
 エ 稼働率99%の単一システム

【解答】

正解:イ

稼働率Rの機器をn台並列接続したときの稼働率
=1-すべての機器が故障する確率
=1-(1-r)n
ア:1-0.34=0.9919
イ:1-0.23=0.992 最大 →ウが○
ウ:1-0.12=0.99
エ:1-0.01=0.99
参照:「システムの信頼性」

問16[fe122-16][ad061-13]

コンピュータシステムの信頼性に関する記述のうち,適切なものはどれか。
 ア システムの遠隔保守は,MTTRを長くし,稼働率を向上させる。
 イ システムの稼働率は,MTTRとMTBFを長くすることで向上する。
 ウ システムの構成が複雑なほど,MTBFは長くなる。
 エ システムの予防保守は,MTBFを長くするために行う。

【解答】

正解:エ

ア:× 遠隔保守:現場到着までの時間が短縮→MTTRを短くする効果
イ:× 稼働率=MTBF/(MTBF+MTTR) 分子・分母の両方が大になる
ウ:× 構成が複雑:どこかが故障しやすい→MTBFは短くなる
エ:○ 予防保守:故障を予防→故障までの間隔大→MTBFを長くする効果
参照:「RAS,MTBF,MTTR」

問17

スプーリングの説明として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

アは×。キーバッファ
イは×。タスク管理
ウは×。プロキシ
エは○。スプーリング

問18

仮想記憶方式のコンピュータシステムにおいて処理の多重度を増やしたところ,ページイン,ページアウトが多発して,システムの応答速度が急激に遅くなった。このような現象を何というか。
 ア オーバレイ  イ スラッシング  ウ メモリコンパクション  エ ロールアウト

【解答】

正解:イ

アは×。オーバレイ:セグメント方式で,ページング方式のページングに相当する機能。
イは○。スラッシング:問題文の通り
ウは×。メモリコンパクション:主記憶のデフラグ
エは×。ロールアウト:不要になった実記憶のページを仮想記憶へ移すこと

問19

ノンプリエンプティブなスケジューリング方式の説明として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

アは×。処理時間順方式
イは×。ラウンドロビン
ウは○。ノンプリエンプティブ
エは×。優先順位方式
参照:優先順位の方式プリエンプティブ

問20[fe122-19][fe081-27]

ページング方式の仮想記憶において,ページ置換えアルゴリズムにLRU方式を採用する。主記憶に割り当てられるページ枠が4のとき,ページ1,2,3,4,5,2,1,3,2,6の順にアクセスすると,ページ6をアクセスする時点で置き換えられるページはどれか。ここで,初期状態では主記憶にどのページも存在しないものとする。
 ア 1  イ 2  ウ 4  エ 5

【解答】

正解:エ

LRU( Least Recently Used )方式:最長不使用ページをページアウト
ページ 1 2 3 4 5 2 1 3 2 6
枠1  1       5         6(5がページアウト)
枠2    2       2     2
枠3      3       1
枠4        4       3

参照:「仮想記憶方式」

問21[fe072-28]

出力待ちの印刷要求を,同一機種の3台のプリンタA~CのうちAから順に空いているプリンタに割り当てる(Cの次は再びAに戻る)システムがある。印刷要求の印刷時間が出力待ちの順に,5,12,4,3,10,4(分)である場合,印刷に要した時間の長い順にプリンタを並べたものはどれか。ここで,初期状態ではプリンタはすべて空いているものとする。
 ア A,B,C   イ B,A,C   ウ B,C,A   エ C,B,A

【解答】

正解:ア

問22

SRAMと比較した場合のDRAMの特徴はどれか。
 ア 主にキャッシュメモリとして使用される。
 イ データを保持するためのリフレッシュ又はアクセス動作が不要である。
 ウ メモリセル構成が単純なので,ビット当たりの単価が安くなる。
 エ メモリセルにフリップフロップを用いてデータを保存する。

【解答】

正解:ウ

     集積度 速度   構 造  リフレッシュ 価格  用途
SRAM  低い 速い フリップフロップ 不要   高価  キャッシュメモリ
DRAM  高い 遅い コンデンサ    必要   安価  メモリ
              ↓      ↓    ↓    ↓
             エは×    イは×  ウは○  アは×
参照:「半導体素子」

問23[fe102-24]

図に示すディジタル回路と等価な論理式はどれか。ここで,論理式中の・は論理積,+は論理和,はXの否定を表す。

【解答】

正解:ウ


参照:「論理演算と回路」

問24[fe101-27]

ビットマップフォントよりもアウトラインフォントの利用が適しているケースはどれか。
 ア 英数字だけででなく,漢字も表示する。
 イ 各文字の幅を一定にして表示する。
 ウ 画面上にできるだけ高速に表示する。
 エ 任意の倍率で文字を拡大して表示する。

【解答】

正解:エ

  • ビットマップフォントとアウトラインフォント
    ビットマップフォントは,ドットの組み合わせで文字を表現したフォントである。記憶量量が小さくて済む。
    アウトラインフォントは,文字の形を点の座標とスプライン曲線の数式で輪郭を決める形で記録する形式。計算により文字を画像として表示するのでギザギザが起こらない。しかし,処理の負荷は増大する。スケーラブルフォントともいう。
  • 等幅フォントとプロポーショナルフォント
    等幅フォントは,各文字の幅が一定のフォント
    プロポーショナルフォントは,例えばiとwのように文字により幅が異なるフォント

問25

テクスチャマッピングを説明したものはどれか。
 ア 光源からの反射や屈折,透過を計算し描画していく。
 イ 光源と物体の形状などに基づいて,表示するときに陰影をつける。
 ウ 表示画面からはみ出す箇所をあらかじめ見つけ,表示対象から外す。
 エ 物体の表面に画像を貼り付けることによって,表面の質感を表現する。

【解答】

正解:エ

アは×。レイトレーシング
イは×。シェーディング
ウは×。クリッピング
エは○。テクスチャマッピング
参照:「コンピュータグラフィックス」

問26

DBMSが,3層スキーマアーキテクチャを採用する目的として,適切なものはどれか。
 ア 関係演算によって元の表から新たな表を導出し,それが実在しているように見せる。
 イ 対話的に使われるSQL文を,アプリケーションプログラムからも使えるようにする。
 ウ データの物理的な格納構造を変更しても,アプリケーションプログラムに影響が及ばないようにする。
 エ プログラム言語を限定して,アプリケーションプログラムとDBMSを緊密に結合する。

【解答】

正解:ウ

アは×。ビュー:利用者の視点による仮想的なテーブル。外部スキーマだけの概念
イは×。動的SQLへのカーソル操作:スキーマ階層とは直接の関係はない。
ウは○。スキーマの3層構造とは,外部スキーマ,概念スキーマ,内部スキーマのこと。
  物理的な格納構造=内部スキーマ,アプリケーションプログラム=外部スキーマ
エは×。静的SQLでは,言語間の違いをなくすように標準化が図られている。スキーマ階層とは直接の関係はない。

問27

クライアントサーバシステムにおいて,クライアント側からストアドプロシージャを利用したときの利点として,適切なものはどれか。
 ア クライアントとサーバ間の通信量を削減できる。
 イ サーバ内でのデータベースファイルへのアクセス量を削減できる。
 ウ サーバのメモリ使用量を削減できる。
 エ データベースファイルの格納領域を削減できる。

【解答】

正解:ア

アは○。一連の処理がまとめてサーバ側にあるので,1回の通信で実行できる
イは×。データベースの処理内容は通常のSQLと同じ。変化なし
ウは×。ロードモジュールになっているので,わずかだが増加するのが通常
エは×。データベースの更新内容は通常のSQLと同じ。変化なし
参照:「スキーマ」

問28

図のデータモデルを三つの表で実装する。このとき,"A社への売上50,000円を,2015年4月4日に現金勘定に計上した"ことを記録する"移動"表のa,bの適切な組合せはどれか。ここで,モデルの表記にはUMLを用いる。

   勘定      移動             会計取引
   ──────  ─────────────  ───────────
   勘定 科目名  勘定 借/貸 金額  取引  取引  計上日  摘要
   コード     コード        番号  番号
   ──────  ─────────────  ───────────
    208 売上    a  b  50,000 0122  0122 2015-04-04 A社
    510 現金    208 貸方  50,000 0122  0124 2015-04-04 A社
    511 預金    510 貸方  50,000 0124
    812 旅費    812 借方  50,000 0124

    a  b
 ア  208 貸方
 イ  208 借方
 ウ  510 貸方
 エ  510 借方

【解答】

正解:エ

「現金」(勘定コードa=510)の増加→資産の増加→bは借方 →エが○
単なる会計の仕分けに関する問題で,クラス図や表は特に意識する必要はない。
参照:貸借対照表

問29[fe122-28]

新たにデータ項目の命名規約を設ける場合,次の命名規約だけでは回避できない問題はどれか。

 ア データ項目「受信年月日」のデータ型として,日付型と文字列型が混在する。
 イ データ項目「受注金額」の取り得る値の範囲がテーブルにより異なる。
 ウ データ項目「賞与金額」と同じ意味で「ボーナス金額」というデータ項目がある。
 エ データ項目「取引先」が,「取引先コード」か「取引先名」か,判別できない。

【解答】

正解:イ

アは×。(1)区分語によりデータ型が定まる
イは○。区分語が「金額」でデータ型は決めても,金額のとりうる範囲はまちまちである
ウは×。(2)辞書で異音同義語が防げる
エは×。(1)必ず区分語をつける

問30

図は,DBMSが受け付けたクエリを実行するまでの処理の流れを表している。①~③に入る処理の組合せとして,適切なものはどれか。
        ┌───┐ ┌───┐ ┌───┐ ┌───┐
   クエリ─→│ ① ├→│ ② ├→│ ③ ├→│ 実行 │
        └───┘ └───┘ └───┘ └───┘
       ①     ②     ③
 ア コード生成 構文解析  最適化
 イ コード生成 最適化   構文解析 
 ウ 構文解析  コード生成 最適化
 エ 構文解析  最適化   コード生成

【解答】

正解:エ

「コード生成」とは,
  静的SQLならば,SQL命令をホスト言語のソースプログラムに変換すること
  動的SQLならば,実行可能なプログラムに変換すること
いずれの場合でも,実行直前になる。→最後のフェーズ。
「構文解析」とは,命令の誤りをチェックし,誤りがなければ命令内容を解析する。→最初のフェーズ
「最適化」とは,内容を解析してコード生成するときに,処理効率などを考慮して最適な処理方法を採用すること→両者の間のフェーズ。
構文解析→最適化→コード生成の順 →エが○
参照:「SQLの動作環境」

問31[fe121-34]

10Mバイトのデータを100,000ビット/秒の回線を使って転送するとき,伝送時間は秒か。ここで,回線の伝送効率は50%とし,1Mバイト=106バイトとする。
 ア 200   イ 400   ウ 800   エ 1,600

【解答】

正解:エ

伝送時間=伝送量/伝送速度
  =10Mバイト/(50%×100,000ビット/秒)
  =10[Mバイト]×106[バイト/Mバイト]×8[ビット/バイト]
    /(0.5×0.1×106[ビット/秒]
  =1,600[秒]・・・エが○
参照:「数値単位と物理単位」

問32[fe111-37]

CSMA/CD方式のLANに接続されたノードの送信動作に関する記述として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:イ

アは×。トークンパッシング方式
イは○。Carrier Sense Multiple Access with Collision(衝突) Detection(検出) →参照:「CSMA/CD」
ウは×。トークンリング方式
エは×。TDMA(Time Division Multiple Access:時分割多重アクセス)

問33[fe121-35]

LAN間接続装置に関する記述のうち,適切なものはどれか。
 ア ゲートウェイは,OSI基本参照モデルにおける第1~3層だけのプロトコルを変換する。
 イ ブリッジは,IPアドレスを基にしてフレームを中継する。
 ウ リピータは,同種のセグメント間で信号を増幅することによって伝送距離を延長する。
 エ ルータは,MACアドレスを基にしてフレームを中継する。

【解答】

正解:ウ

アは×。ルータ。ゲートウェイは第4層以上に対応したプロトコル変換
イは×。MACアドレスにより中継
ウは○。
エは×。ルータは,IPアドレスにより中継
参照:「LANの接続機器」

問34[ip121-51]

IPv6のIPアドレスの長さは何ビットか。
 ア 32  イ 64  ウ 128  エ 256

【解答】

正解:ウ

参照:「ネットワーク層とIP」

問35[fe112-39]

TCP/IPを利用している環境で,電子メールに画像データなどを添付するための規格はどれか。
 ア JPEG  イ MIME  ウ MPEG  エ SMTP

【解答】

正解:イ

アは×。JPEGは静止画像の形式→参照:「マルチメディアと拡張子」
イは○。電子メールのヘッダフィールドの拡張を行い,テキストだけでなく,音声,画像なども扱えるようにした→参照:「電子メールが届く仕組み」
ウは×。MPEGは動画の形式→参照:「マルチメディアと拡張子」
エは×。SMTPは電子メールの送信・転送プロトコル→参照:「電子メールが届く仕組み」

問36

IPv4のグローバルIPアドレスはどれか。
 ア 118.151.146.138 イ 127.158.32.134 ウ 172.22.151.43  エ 192.168.38.158

【解答】

正解:ア

プライベートIPアドレス用のIPアドレス
クラスA 10.0.0.0~10.255.255.255
クラスB 172.16.0.0~172.31.255.255 →ウは×
クラスC 192.168.255.255       →エは×
LLB  127.0.0.0~127.255.255.255 →イは×
    (ローカル・ループバック・アドレス:自分自身を指す特別なアドレス)
アはどれにも該当しない →アは○

問37

キーロガーの悪用例はどれか。
 ア 通信を行う2者間の経路上に割り込み,両者が交換する情報を収集し,改ざんする。
 イ ネットバンキング利用時に,利用者が入力したパスワードを収集する。
 ウ ブラウザでの動画閲覧時に,利用者の意図しない広告を勝手に表示する。
 エ ブラウザの起動時に,利用者がインストールしていないツールパーを勝手に表示する。

【解答】

正解:イ

アは×。ファーミング:経路表を書き換え攻撃者のルータへ誘導する
イは○。キーロガー:キーボード入力の記録機能の記録先を改ざん
ウは×。アドウェア:広告表示を忍ばせた 動画閲覧ソフトをダウンロードさせる
エは×。ブラウザのアドオンソフトの悪用

問38

ディジタル署名における署名鍵の用い方と,ディジタル署名を行う目的のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

署名鍵→ディジタル署名で送信者が自分であることを示す鍵→送信者の秘密鍵
アは×。受信者は,受信者の秘密鍵で復号
イは×。固定文字列ではなくハッシュ値。暗号化に使うのは共通鍵。改ざんの有無はわかるが部位特定はできない
ウは○。
エは×。アと同じ理由。選択肢文は共通鍵暗号方式の仕組み
参照:「ハイブリッド暗号方式」

問39

データベースで管理されるデータの暗号化に用いることができ,かつ,暗号化と復号とで同じ鍵を使用する暗号化方式はどれか。
 ア AES  イ PKI  ウ RSA  エ SHA-256

【解答】

正解:ア

アは○。AES(Advanced Encryption Standard):代表的な共通鍵暗号方式
イは×。PKI(Public Key Infrastructure):公開鍵暗号方式およびそれに関する電子署名,認証などの基盤
ウは×。RSA(Rivest Shamir Adleman):代表的な公開鍵暗号方式
エは×。SHA-256(Secure Hash Algorithm ):ハッシュ値を求める計算手順

問40[fe122-38][fe092-42][ad081-48][ad041-52]

公開鍵暗号方式を用いて,図のようにAさんからBさんへ,他人に秘密にしておきたい文章を送るとき,暗号化に用いる鍵Kとして,適切なものはどれか。

  「来月転居する予定です。」       「来月転居する予定です。」
       ↓                   ↑
Aさん 鍵Kによって暗号化      Bさん Bさんの秘密鍵によって復号
       ↓                   ↑
   「nd359fxj47ac....」 →ネットワーク→ 「nd359fxj47ac....」

ア Aさんの公開鍵  イ Aさんの秘密鍵 ウ Bさんの公開鍵 エ 共通の秘密鍵

【解答】

正解:ウ

受信者公開鍵で暗号化,受信者秘密鍵で復号
参照:「公開鍵暗号方式」

問41[fe122-39][fe102-40]

バイオメトリクス認証には身体的特徴を抽出して認証する方式と行動的特徴を抽出して認証する方式がある。行動的特徴を用いているものはどれか。
 ア 血管の分岐点の分岐角度や分岐点間の長さから特徴を抽出して認証する。
 イ 署名するときの速度や筆圧から特徴を抽出して認証する。
 ウ 瞳孔から外側に向かって発生するカオス上のしわの特徴を抽出して認証する。
 エ 隆線によって形作られる紋様からマニューシャと呼ばれる特徴点を抽出して認証する。

【解答】

正解:イ

アは×。静脈認証。身体的特徴
イは○。署名(サイン)認証。行動的特徴
ウは×。虹彩認証。身体的特徴
エは×。指紋認証。身体的特徴
参照:「バイオメトリクス(生体)認証」

問42[fe122-40]

SQLインジェクションの説明はどれか。

【解答】

問43[fe122-41]

Webサーバのコンテンツの改ざんを検知する方法のうち,最も有効なものはどれか。

【解答】

正解:イ

アは△。更新日の後で改ざんされたときには検知できるが,更新日を偽装する手口もある。
イは○。改ざんされればハッシュ値が変わる。
ウは×。バッファオーバフロー攻撃による改ざんは少ないし,バッファオーバフロー攻撃とメモリ使用率は直接の関係がない。
エは△。FTPによる改ざんを防ぐことはできるが,HTTP等でプログラムを起動して改ざんすることもできる。
「最も」有効なものはイである。

問44[fe122-42]

ファイルの属性情報として,ファイルに対する読取,書込み,実行の権限を独立に設定できるOSがある。この3種類の権限は,それぞれ1ビットを使って許可,不許可を設定する。この3ビットを8進数表現0~7の数字で設定するとき,次の試行結果から考えて,適切なものはどれか。
[試行結果]
  ① 0を設定したら,読取り,書込み,実行ができなくなくなってしまった。
  ② 3を設定したら,読取りと書込みはできたが,実行ができなかった。
  ③ 7を設定したら,読取り,書込み,実行ができるようになった。
 ア 2を設定すると,読取りと実行ができる。
 イ 4を設定すると,実行だけができる。
 ウ 5を設定すると,書込みだけができる。
 エ 6を設定すると,読取りと書込みができる。

【解答】

正解:イ

3ビットをA,B,Cとする。試行結果を表にすると次のようになる。
     A B C  実行 書込 読取
 0:  0 0 0  ×  ×  ×
 3:  0 1 1  ×  ○  ○
 7:  1 1 1  ○  ○  ○
これより,次の対応をしていることがわかる。
 Aビット=実行許可
 Bビット=書込または読取の一方を許可
 Cビット=書込または読取の一方を許可
     A B C
ア=2: 0 1 0 書込・読取いずれか一方が可能 →×
イ=4: 1 0 0 実行可能,書込・読取不可 →○
ウ=5: 1 0 1 実行可能,書込・読取いずれか一方が可能 →×
エ=6: 1 1 0 作成可能,書込・読取いずれか一方が可能 →×

問45

社員が利用するスマートフォンにディジタル証明書を導入しておくことによって,当該スマートフォンから社内システムへアクセスがあったときに,社内システム側で確認できるようになることはどれか。
 ア 当該スマートフォンがウイルスに感染していないこと
 イ 当該スマートフォンが社内システムへのアクセスを許可されたデバイスであること
 ウ 当該スマートフォンのOSに最新のセキュリティパッチが適用済みであること
 エ 当該スマートフォンのアプリケーションが最新であること

【解答】

正解:イ

スマートフォンのディジタル証明書とは,許可された利用者が許可されたスマートフォンを使ってアクセスするときだけ,アクセスを許可する仕組みで,通常の電子署名や認証の仕組みをスマートフォン利用環境にあわせて機能を追加したもの →イが○
あくまでも,上の目的のための仕組みである。 →ア・ウ・エは×

問46[fe122-44]

コンピュータやネットワークのセキュリティ上の脆弱性を発見するために,システムを実際に攻撃して侵入を試みる手法はどれか。
 ア ウォークスルー      イ ソフトウェアインスペクション
 ウ ペネトレーションテスト  エ リグレッションテスト

【解答】

正解:ウ

アは×。ソフトウェアのチェックをするために,作成者が主体となって開催するレビュー →参照:「テストの種類・方法」
イは×。同上。モデレータ(Moderator,推進役または調整役)が主体になる。
ウは○。penetration test。疑似攻撃 →参照:「LANのセキュリティ監視」
エは×。プログラムを改訂したとき,派生エラーの有無をテストすること →参照:「テストの種類・方法」

問47[fe091-46][ad071-28][ad051-30]

E-R図の説明はどれか。
 ア オブジェクト指向モデルを表現する図である。
 イ 時間や行動などに応じて,状態が変化する状況を表現する図である。
 ウ 対象となる世界を実体と関連の二つの概念で表現する図である。
 エ データの流れを視覚的にわかりやすく表現する図である。

【解答】

正解:ウ

アは×。「UML」
イは×。「状態遷移図」
ウは○。「ER図」
エは×。「DFD」

問48

オブジェクト指向の考え方に基づくとき,一般的に“自動車”のサブクラスといえるものはどれか。
 ア エンジン   イ 製造番号   ウ タイヤ   エ トラック

【解答】

正解:エ

ア・ウは×。自動車を構成する部品→a part of→集約と分解
イは×。自動車クラスの主キー→属性
エは○。トラックや乗用車などがサブクラスになる
参照:「オブジェクト指向」

問49

図は,テスト項目消化件数 X において,目標値として設定したバグ累積件数に到達したことを示す。この図の状況の説明として,適切なものはどれか。

 ア テスト工程が順調に終了したことを示す。
 イ テスト前段階での机上チェックやシミュレーションが十分にされていることを示す。
 ウ まだ多くのバグが内在している可能性があることを示す。
 エ 目標のバグ累積件数が達成されたので,出荷後にバグが発生する確率が低いことを示す。

【解答】

正解:ウ

  • アは×。テストが順調に進んでいる→既に大部分のバグが見つかり修正されている→テスト項目消化件数が増加するのに伴い新規バグ数は減少→上に凸の曲線になるはず。
  • イは×。テスト前段階で解決している→テスト工程でのバグ発見が少なくなる→曲線が下になるだけで曲線の形は不明。バグ累積件数数の目標値が下になる。
  • ウは○。曲線が下に凸である→テスト項目消化件数が増加するのに伴い,新たに見つかるバグ数が増加している→まだ多くのバグが内在している可能性がある
  • エは×。ウと同じ理由。バグ累積件数の目標値の見積もりを超えてバグがあったといえる。バグが多く残っているので出荷後にバグが発生する確率は高い

参照:テストの管理

問50

図の構造をもつプログラムに対して,ホワイトボックステストのテストケースを設計するとき,少なくとも実施しなければならないテストケース数が最大になるテスト技法はどれか。

 ア 条件網羅  イ 判定条件網羅  ウ 複数条件網羅  エ 命令網羅

【解答】

正解:ウ

  • 命令網羅 ケース=1組
    (1)A>0,B=1
    の1組だけで,すべての命令(X←X+1)を網羅
  • 判定条件網羅 ケース=2組
    (1)A>0,B=1 →真
    (2)A≦0,B=1 →偽
    の2組で,分岐が真・偽のケースを網羅
  • 条件網羅 ケース=2組
    (1)A>0,B=1
    (3)A≦0,B≠1
    の2組で,Aの条件が真・偽,Bが真・偽のケースを網羅
  • 複数条件網羅 ケース=4組(最大) →ウが○
    (1)A>0,B=1 →真 →「X←X+1」
    (2)A≦0,B=1 →偽
    (3)A≦0,B≠1 →偽
    (4)A>0,B≠1 →偽
    の4組で,分岐が真・偽のケースを網羅,AとBを組み合わせた真・偽のケースを網羅

参照:網羅性

マネジメント系

問51

XP(Extreme Programming)において,実践することが提唱されているものはどれか。
 ア 構造化設計      イ テストツールの活用
 ウ ペアプログラミング  エ ユースケースの活用

【解答】

正解:ウ

アは×。構造化設計:どの技法でも使われるが,特に大規模のウォータフォール型で重視
イは×。テストツール:ホワイトボックステストで用いる。アと同様
ウは○。XPの特徴
  ペアプログラミング,変化ヲ抱擁セヨ,テスト重視,リファクタリング
エは×。ユースケース図:UML図法の一つ。どの技法でも有効だが,UMLはオブジェクト指向開発技法を想定

問52

プロジェクトに関わるステークホルダの説明のうち,適切なものはどれか。
 ア 組織の内部に属しており,組織の外部にいることはない。
 イ プロジェクトに直接参加し,間接的な関与にとどまることはない。
 ウ プロジェクトの成果が,自らの利益になる者と不利益になる者がいる。
 エ プロジェクトマネージャのように,個人として特定できることが必要である。

【解答】

正解:ウ

ステークホルダとは,利害関係者。株主,消費者,取引先,銀行,従業員,社会,行政など。この場合は当該プロジェクトの関係者全体
アは×。発注者,外注先など組織外者もいる
イは×。プロジェクトチームメンバ以外の者のほうが多い
ウは○。「利害」関係者。プロジェクトの成果により組織変革が行われることもある
エは×。「取引先」「行政」のように団体組織のこともある

問53[fe122-51]

プロジェクトスコープマネジメントにおいて,WBS作成のプロセスで行うことはどれか。
 ア 作業の工数を算定してコストを見積もる。
 イ 作業を階層別に細分化する。
 ウ 作業を順序付けして,スケジュールとして組み立てる。
 エ 成果物を生成するアクティビティを定義する。

【解答】

正解:イ

WBS(Work Breakdown Structure)とは,プロジェクトの作業定義や工数見積もりを行うのに際して,作業を階層的に分解して整理すること
アは×。WBSを作成した後でのコストマネジメントの段階
イは○。
ウは×。WBSを作成した後でのタイムマネジメントの段階
エは×。アクティビティ定義はタイムマネジメントの対象
参照:「プロジェクトマネジメントとPMBOK」

問54[fe092-51][su06-11]

図は,あるプロジェクトの作業(A~I)とその作業日数を表している。このプロジェクトが終了するまでに必要な最短日数は何日か。

ア 27  イ 28   ウ 29   エ 31

【解答】

正解:エ



参照:「PERTの解法」

問55

システムが正常に稼働するかどうかを確認するために,システムの利用部門の利用者と情報システム部門の運用者が合同で,本稼働前に運用テストを実施することになった。利用者が優先して確認すべき事項はどれか。
 ア オンライン処理,バッチ処理などが,運用手順どおりに稼働すること
 イ 決められた業務手順どおりに,システムが稼働すること
 ウ 全てのアプリケーションプログラムが仕様書どおりに機能すること
 エ 目標とする性能要件を満たしていること

【解答】

正解:イ

「利用者が優先」→業務遂行の観点→業務との整合性→イが○
アは×。情報システム部門の観点
ウは×。運用テスト以前の,システムテスト段階で確認すべき
エは×。両者がそれぞれの観点で確認する

問56

ITILでは,可用性管理における重要業績評価指標(KPI)の例として,保守性を表す指標値の短縮を挙げている。この指標に該当するものはどれか。
 ア 一定期間内での中断の数
 イ 平均故障間隔
 ウ 平均サービス回復時間
 エ 平均サービス・インシデント間隔

【解答】

正解:ウ

可用性管理:ITILのサービス設計(Service Design)ステージに属する重要な管理分野
可用性=MTBF/(MTBF+MTTR)
  MTBF(mean time between failures,平均故障間隔)=信頼性(Reliability)
  MTTR(mean time to repair,平均復旧時間)=保守性(Serviceability)
KGIとKPI:KGI(Key Goal Indicator:重要目標達成指標)は,目標が達成できたかどうかを評価するための数値的指標,KPI(Key Performance Indicator)はKGIの原因であり先行指標となる数値的評価項目。ここでは,可用性の達成がKGIで,MTBF,MTTRがKPIになる。
アは×。MTBFの逆数。イと同じ理由
イは×。可用性のKPIになるが,信頼性の指標
ウは○。可用性のKPIになり,保守性の指標
エは×。インシデント:影響が大になりそうな異常の 発生。その管理はITILのインシデント管理で可用性管理ではない。あるいは,可用性達成のKGIでありKPIではない。

問57

ITサービスマネジメントのインシデント及びサービス要求管理プロセスにおいて,インシデントに対して最初に実施する活動はどれか。
 ア 記録  イ 段階的取扱い  ウ 分類  エ 優先度の割当て

【解答】

正解:ア

インシデント管理の順序
1 記録:台帳への登録。その後の経過,利用者への報告のインデクスになる →アが○
2 分類:障害回復要求/サービス要求/情報照会など
3 優先度の割当て:緊急対応が主目的
4 段階的扱い:問題管理にエスカレーションするか

問58

システムの費用を表すTCO(総所有費用)の意味として,適切なものはどれか。
 ア 業務システムの開発に関わる費用の総額
 イ システム導入から運用及び維持・管理までを含めた費用の総額
 ウ システム導入時の費用の総額
 エ 通信・ネットワークに関わるシステムの運用費用の総額

【解答】

正解:イ

TCO(Total Cost of Ownership):ライフサイクル全プロセス(取得から廃棄まで)で発生する全費用 →イが○

問59

ITに係る内部統制を評価し検証するシステム監査の対象となるものはどれか。
 ア 経営企画部が行っている中期経営計画の策定の経緯
 イ 人事部が行っている従業員の人事考課の結果
 ウ 製造部が行っている不良品削減のための生産設備の見直しの状況
 エ 販売部が行っているデータベースの入力・更新における正確性確保の方法

【解答】

正解:エ

金融商品取引法でのITに係る内部統制は,財政報告関係を対象にしているので,それに限定した範囲でのシステム監査がテーマになる。
システム監査の目的は,「情報システムの信頼性,安全性及び効率性の向上を図る」ことにある。業務そのものの評価ではない。
アは×。必ずしもIT計画に限定したものでなく,意思決定の妥当性まではシステム監査の対象ではない
イ・ウは×。財務報告への直接の関係はないし,システム監査は業務そのものは対象にしない
エは○。売掛金,商品の在庫など財務に直結するし,情報システムの信頼性が対象になる。

問60

システム監査実施体制のうち,システム監査人の独立性の観点から避けるべきものはどれか。

【解答】

正解:ア

システム監査人の独立性には,外観上,精神上での独立がある。
アは○。総務部所属のままなら外観上,転部したとしても精神上の独立性がない
イは×。外部企業なので外観上独立,委託元部門でもないので精神上も独立
ウは×。5年もたてば,利用部門の状況とは無関係だといえる。
「Cさんが担当したWeb販売分析システムの利用状況」とするよりも,「開発管理者は基幹系システムを担当し,インターネット利用とはWebページや電子メールを指す」ととらえるのが自然だろう。
エは×。この場合,Dさんは監査人ではない

ストラテジ系

問61

システム監査人が監査報告書に記載する事項のうち,監査人の業務範囲を逸脱するものはどれか。
 ア 改善の勧告  イ 改善の緊急性の判断  ウ 改善の指摘  エ 改善の命令

【解答】

正解:エ

システム監査基準>Ⅴ.報告基準>3.監査報告書の記載事項
「監査報告書には,
  実施した監査の対象,実施した監査の概要,保証意見又は助言意見,制約又は除外事項,
  指摘事項,      ・・・ウ(改善の指摘も含まれる)
  改善勧告,      ・・・ア
  その他特記すべき事項 ・・・イ(明示されていないがこれに該当する)
について,証拠との関係を示し,システム監査人が監査の目的に応じて必要と判断した事項を明瞭に記載しなければならない。」
改善命令は,被監査対象への指揮命令の権限者(経営者や担当部長など)の任務 →エが○
(監査人は被監査部門から独立しているので,助言はできるが命令の権限・義務はない)

問62[≒fe111-62]

企業活動におけるBPM(Business Process Management)の目的はどれか。
 ア 業務プロセスの継続的な改善
 イ 経営資源の有効活用
 ウ 顧客情報の管理,分析
 エ 情報資源の分析,有効活用

【解答】

問63

ワークフローシステムを用いて業務改善を行ったとき,期待できる効果として適切なものはどれか。
 ア 顧客の購入金額に応じて,割引などのサービスを提供できる。
 イ 自社と取引先とのデータ交換の標準規約が提供できる。
 ウ 書類の申請から決裁に至る事務手続の処理速度が上がる。
 エ 保管する商品の倉庫内での搬入搬出作業の自動化が可能となる。

【解答】

正解:ウ

アは×。RFMなど,顧客管理システム
イは×。EDI(Electronic Data Interchange)
ウは○。ワークフローシステム:日常的な業務の流れのシステム化。物品購入や出張手続きなどの稟議・決裁など
エは×。自動搬出入システムのためのRFID(Radio Frequency Identification。無線チップ)の採用など

問64[sd04-35][sd02-34][su04-35][sd06-46]

ある営業部員の1日の業務活動を分析した結果は,表のとおりである。営業支援システムの導入によって訪問準備時間が1件あたり0.1時間短縮できる。総業務時間と1件当たりの顧客訪問時間を変えずに,1日の顧客訪問件数を6件にするには,「その他業務時間」を何時間削減する必要があるか。
        1日の業務活動の時間分析表
    ┌───────────────┐┌───┐
    │     総業務時間     ││   │
    │  ┌──┬─────────┤│   │
    │  │  │ 社内業務時間  ││   │
    │  │  │  ┌──┬───┤│1日の│
    │  │顧客│  │訪問│その他││顧客 │
    │  │訪問│  │準備│業務 ││訪問 │
    │  │時間│  │時間│時間 ││件数 │
    ├──┼──┼──┼──┼───┤├───┤
    │ 8.0│ 5.0│ 3.0│ 1.5│ 1.5 ││5件 │
    └──┴──┴──┴──┴───┘└───┘

 ア 0.3  イ 0.5  ウ 0.7  エ 1.0

【解答】

正解:ウ

1件当たりの顧客訪問時間=5.0/5=1.0[時間/件]
1件当たりの訪問準備時間=1.5/5=0.3[時間/件]
営業支援システム導入後の1件当たりの訪問準備時間=0.3-0.1=0.2[時間/件]
これが6件/日になるのだから,(1.0+0.2)×6=7.2[時間/日]
その他業務時間に残された時間=8-7.2=0.8[時間/日]
必要な削減時間=1.5-0.8=0.7[時間/日] →ウが○

問65

ITベンダにおけるソリューションビジネスの推進で用いるバランススコアカードの,学習と成長のKPIの目標例はどれか。ここで,ソリューションとは"顧客の経営課題の達成に向けて,情報技術と専門家によるプロフェッショナルサービスを通して支援すること"とする。

【解答】

正解:ウ

アは×。顧客の視点
イは×。業務プロセスの視点
ウは○。学習と成長の視点
エは×。財務の視点
参照:「バランススコアカード」

問66[≒fe122-66]

共通フレームによれば,企画プロセスで定義するものはどれか。

【解答】

正解:ウ

アは×。要件定義プロセスあるいはシステム開発プロセス。
これも企画プロセスであるともいえるが,細かい具体的な内容なので,ウのほうが適切。
イは×。システム開発プロセス→システム要件定義プロセス,システム方式設計プロセス
ウは○。企画プロセス→システム化構想の立案プロセス→経営上のニーズ・課題の確認
エは×。システム開発プロセス→システム要件定義プロセス
参照:「共通フレーム」

問67

SWOT分析を用いて識別した,自社製品に関する外部要因はどれか。
 ア 営業力における強み  イ 機能面における強み
 ウ 新規参入による脅威  エ 品質における弱み

【解答】

正解:ウ

内部要因:自社のヒト・カネ・モノなど経営資源に起因する事項
外部要因:市場状況,新製品・新参入者,国の政策など社外の動きに起因する事項
アは×。自社の営業力→内部要因
イは×。自社製品の機能→内部要因
ウは○。他社の新規参入→外部要因
エは×。自社製品の品質→内部要因
参照:「SWOT分析」

問68

衣料品製造販売会社を対象にバリューチェーン分析を行った。会社の活動を,購買物流,製造,出荷物流,販売とマーケティング,サービスに分類した場合,購買物流の活動はどれか。
 ア 衣料品を購入者へ配送する。
 イ 生地を発注し,検品し,在庫管理する。
 ウ 広告宣伝を行う。
 エ 縫製作業を行う。

【解答】

正解:イ

アは×。出荷物流
イは○。購買物流
ウは×。販売とマーケティング
エは×。製造
参照:価値連鎖(バリューチェーン)

問69[fe122-68]

コストプラス法による価格設定方法を表すものはどれか。
 ア 価格分析によって,利益拡大,リスク最小を考慮し,段階的に価格を決める。
 イ 顧客に対する値引きを前提にし,当初からマージンを加えて価格を決める。
 ウ 市場で競争可能と推定できるレベルで価格を決める。
 エ 製造原価,営業費を基準にし,希望マージンを織り込んで価格を決める。

【解答】

正解:エ

アは×。多段階的価格決定法
イは×。競争志向的決定法(取引相手との競争),顧客効用基準型
ウは×。競争志向的決定法(同業他社との競争),市場価格追随法
エは○。コストプラス:コスト(原価)+(利潤)で売価を決定
参照:「マーケティング戦略技法」

問70[fe122-71][fe101-71]

ナレッジマネジメントを説明したものはどれか。

【解答】

問71[fe122-72][fe102-72][su07-45][sd07-51][ad091-76]

ディジタルディバイドを説明したものはどれか。

【解答】

正解:エ

アは×。情報弱者ともいわれる。このような人が発生する状況がデジタルデバイド
イは×。アクセシビリティ(バリアフリー):高齢者,障害者
ウは×。ユーザビリティ:健常者も含む「使いやすさ」
エは○。ディジタルディバイド(情報格差):社会的,経済的,地域的格差
参照:「Webアクセシビリティ」

問72[fe111-71][ad081-76]

電子自治体において,GtoBに該当するものはどれか。
 ア 自治体内で電子決裁や電子公文書管理を行う。
 イ 自治体の利用する物品や資材の電子調達,電子入札を行う。
 ウ 住民基本台帳ネットワークによって,自治体間で住民票データを送受信する。
 エ 住民票,戸籍謄本,婚姻届,パスポートなどを電子申請する。

【解答】

正解:イ

アは×。行政内部の電子化
イは○。GtoB
 G=Government(行政),B=Business(企業)
 →行政と企業の間でのオンライン
ウは×。GtoG
 行政間→エ
エは×。GtoC
 C=Citizen(住民)
参照:「EC(電子商取引)」

問73

CGM(Consumer Generated Media)の説明はどれか。

【解答】

問74

eマーケットプレイスを説明したものはどれか。

【解答】

問75

企業が社会的責任を果たすために採るべき施策のうち,環境対策の観点で実施するものはどれか。
 ア 株主に対し,企業の経営状況の透明化を図る。
 イ グリーン購入に向けて社内体制を整備する。
 ウ 災害時における従業員のボランティア活動を支援する制度を構築する。
 エ 社内に倫理ヘルプラインを設置する。

【解答】

正解:イ

アは×。ディスクロージャ:経営状況の報告。環境対策も含まれるが,財務報告が主
イは○。グリーン購入:環境対策に考慮した製品の選択,環境対策に熱心な企業からの調達
ウは×。災害時支援ボランティア制度:環境対策に限定しない
エは×。企業倫理ヘルプライン:公益通報者保護法への企業の取り組みの一つ。環境対策に限定しない

問76

従業員1人当たりの勤務時間を減らして社会全体の雇用維持や雇用機会増加を図るものはどれか。
 ア カフェテリアプラン  イ フリーエージェント制
   ウ ワークシェアリング  エ ワークライフバランス

【解答】

正解:ウ

アは×。カフェテリアプラン:選択型福利厚生制度
イは×。フリーエージェント制:社員がキャリアやスキルを登録して,部門からのスカウトを受ける仕組み
ウは○。ワークシェアリング:問題文の通り
エは×。ワークライフバランス:仕事と生活の調和。多様な働き方・生き方を選択する勤労観

問77[ad071-68]

ABC分析手法の適用例はどれか。

【解答】

正解:ウ

アは×。マーケティング戦略での市場細分化基準→参照:「マーケティング戦略技法」
イは×。アンケート技法の一つ。同一人の変化を調査できる。
ウは○。ABC分析→大きい順によるグループ化。重点主義。
→参照:「ABC分析」「売れ筋商品と死に筋商品」「ロングテール現象」
エは×。クロス分析

問78[fe081-73][ad081-73][ad032-72]

三つの製品A,B,Cを,2台の機械M1,M2で加工する。加工は,M1→M2の順で行わなければならない。各製品をそれぞれの機械で加工するのに要する時間は,表のとおりである。
 このとき,三つの製品をどの順序で加工すれば,加工を始めてから全製品の加工が終了するまでの時間が最も短くなるか。ここで,ある製品のM1での加工が終了したとき,別製品を続けてM1で加工することができるものとする。また,段取りなどの準備時間は無視する。
      M1  M2
   A   7   3
   B   5   6
   C   4   2

 ア A→C→B  イ B→A→C  ウ B→C→A  エ C→B→A

【解答】

正解:イ

試行錯誤
ア  M1 AAAAAAABBBBBCCCC
   M2        AAA  BBBBBBCC

イ  M1 BBBBBAAAAAAACCCC
   M2      BBBBBB AAA CC
 
ウ  M1 BBBBBCCCCAAAAAAA
   M2      BBBBBBCC   AAA

エ  M1 CCCCBBBBBAAAAAAA
   M2     CC   BBBBBB AAA

   ジョンソンの方法
「最も作業時間の小さいものを探す。
   M1に属するなら最初に
   M2に属するなら最後に
 行う」
{C,M2}=2 →Cを最後→ ?→?→C
{A,M2}=3 →Aを最後→ ?→A→C
これから,B→A→C

問79

刑法における,いわゆるコンピュータウイルスに関する罪となるものはどれか。

【解答】

正解:エ

刑法での罰
(第168条の2)不正指令電磁的記録作成罪
正当な理由がないのに,人の電子計算機における実行の用に供する目的で,人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず,又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録その他の記録を作成し,又は提供した者
(第168条の3)不正指令電磁的記録取得罪
前項の目的で,同項各号に掲げる電磁的記録その他の記録を取得し,又は保管した者
アは×。学術研究目的は正当な理由とされる
イは×。「それとは知らず」なのだから罪を問われない。
ウは×。望ましい行動である。
エは○。不正指令電磁的記録取得罪に該当

問80[fe081-70]

日本工業標準調査会を説明したものはどれか。

【解答】

正解:ア

アは○。日本工業標準調査会(JIS:Japanese Industrial Standards)
イは×。電気学会 電気規格調査会(JEC:Japanese Electrotechnical Committee)
ウは×。電気電子学会(IEEE:Institute of Electrical and Electronic Engineers)本部はニューヨーク。
エは×。電子情報技術産業協会(JEITA:Japan Electronics and Information Technology Industries Association)
参照:「規格,標準化団体」