Web教材一覧ハードウェアとソフトウェア

ソフトウェアの体系

キーワード

基本ソフトウェア、OS、ミドルウェア、応用ソフトウェア


ソフトウェアの体系

ソフトウェアを区分するのには多様な観点がありますが,ハードウェアに密着しているか,それとも人間の利用分野に近いかにより区分すると次のようになります。また,これらの体系も厳密なものではなく,人により解釈も異なりますし,どちらにも属するようなソフトウェアもあります。

 ソフトウェア
 ├ システムソフトウェア
 │ ├ 基本ソフトウェア
 │ │ │(オペレーティングシステム:OS)
 │ │ ├ 制御プログラム
 │ │ └ 言語プロセッサ
 │ ├ ミドルウェア
 │ │ (ユーザインタフェース,
 │ │  通信管理ソフトウェア,
 │ │  データベース管理ソフトウェアなど)
 │ └ ユーティリティプログラム
 │
 └ 応用ソフトウェア(アプリケーションプログラム)
   ├ 共通応用ソフトウェア
   │ (特定業務パッケージ,プログラムコンポーネントなど)
   └ 個別応用ソフトウェア

OS(オペレーティングシステム)
システム全体を管理しているソフトウェアをOSといいます。日本語では基本ソフトと訳しています。パソコンの起動から終了まで常駐して、以下のソフトウェアを起動します。パソコンの代表的なOSには、Windows,Linux,MacOSなどのことです。複数のOSをインストールしておき、起動時に選択することができます。
ミドルウェア
基本ソフトウェアと応用ソフトウェアとの中間的な存在だということで,このような名称がつけられました。それで,通信管理ソフトウェアをネットワークOSともいうように,この区分はあいまいです。
ユーティリティプログラム
エディタやディスク圧縮ソフトなど,多くの人が共通して用いる基本的な処理をするプログラムです。
言語プロセッサ
COBOLやCなどのプログラミング言語で記述されたプログラム(ソースプログラム)をコンピュータで処理できる機械語のプログラム(ロードモジュール)に翻訳するプログラムです。
応用ソフトウェア
利用者の利用目的のために作成されたソフトウェアでアプリケーションシステムともいいます。販売システムや会計システムなどのように個別の業務のために構築されたソフトウェアで,一般に利用する企業ごとに構築するのが通常ですが,Officeツールのように共通利用を目的としたものもあります。

(補)プラグインソフトウェア

ソフトウェアに機能を追加する小さなプログラムのことです。ブラウザやPDFなど広く使われているアプリケーションを対象に、その開発者が提供することもありますが、仕様を公開することによって、第三者からの提供を得て付加価値を高めています。

(補)デバイスドライバ

この図にはありませんが、パソコンの周辺装置をアプリケーションソフトから正しく利用できるようにするためのソフトウェアをデバイスドライバといいます。一般に周辺機器メーカーから提供され,最初にその機器を接続するときにインストールします。なお、普及している機器については、事前にOSにデバイスドライバが登録されているのが一般的です。
 OSの配下で一種のプラグインソフトウェアとして動作するので、OSを変更するとデバイスドライバも再インストールする必要があります。

OSの機能

OSは次のような多様な機能をもっています。それぞれの中核部分あるいはその集合をカーネルといいます。製品としてのOSは、各カーネルを統合して使いやすくする機能(シェル)を加えたものです。

なお、プログラム翻訳機能はそれぞれの言語プロセッサが行いますが、機械語(命令セット)はOSにより異なるので、それに準拠した言語プロセッサしか利用できません。

仮想コンピュータ

VM(virtual machine, 仮想マシン)ともいいます。一台のパソコンに、複数のOSやアプリケーションソフトウェアを搭載して、疑似的に複数のコンピュータのように使える技術です。WindowsマシンでLinuxを使うなどです。

また、多数の利用者のパソコンに接続しているサーバを仮想コンピュータにして、各利用者に適した環境にすることにより、利用者のパソコンを単なる入出力機能(シンクライアント)とすることができます。