Web教材一覧システムの活用

EDIとebXML

キーワード

EDI、EDI規約、ebXML、SO/TS 15000、OASIS


EDI(Electronic Data Interchange)

EDI(Electronic Data Interchange)には、二つの意味があります。
 広義には、文字通り電子的データ交換であり、異なる組織間で、取引情報を、主として通信回線を介して交換することです。
 狭義には、データ交換を標準プロトコル(EDI規約)に準拠して行うこと、そのEDI規約のことを指します。ここではEDI規約を対象にします。

EDI規約は、次の4段階になっています。

情報伝達規約
企業間で通信を行うのに、インターネット(TCP/IP)を用いるのか、他のネットワークを用いるのか、その伝送手順は何を用いるのかといった取り決めです。
情報表現規約
シンタックルールといいます。受発注データを送るとき、どれが発注者や商品を表すのかといった、データの記述方法に関する規約です。EDIでのシンタックルールをEDIFACTといいます。
また、これには商品コードや企業コードの統一も含まれます。流通業界、百貨店業界など業界ごとに標準化を進めています。食品や日用雑貨につけてあるJANコードもその一つです。
業務運用規約
データを発注側が送るのか、受注側が取りに行くのかなどの方法や、エラー発生時の対処などの取り決めです。
取引基本規約
双方の企業がEDIで取り引きを行うことに合意する契約に関する規約です。

ebXML(Electronic Business using XML)

SOAP(Simple Object Access Protocol)を拡張した規格で、主としてBtoB(企業間電子商取引)でのデータ交換のための複数の仕様群の総称です。ISO/TS 15000として国際規格になっています。
 対象範囲は、取引伝票の伝送だけでなく、取引のプロセスやプロトコルの指定から、企業が取引相手を探すための仕様にまで多様に亘っています。EDIをXML文書のデータ交換に適用・拡充したものだともいえます。

OASIS(Organization for the Advancement of Structured Information Standards, 構造化情報標準促進協会)

XMLのビジネス利用に関する技術標準仕様を策定する国際的な団体です。
W3CがXML自体の比較的基礎的な仕様の標準化を対象にしているのに対して、OASISは主にXMLをビジネスなどに応用する分野を対象にしています。SOAPやebXMLはOASISで策定されました。