スタートページWeb教材目次選択肢試験目次

fe121 基本情報処理技術者試験 平成24年度春期


テクノロジ系

問1

次の10進小数のうち,8進数に変換したときに有限小数になるものはどれか。
 ア 0.3  イ 0.4  ウ 0.5  エ 0.8

【解答】

正解:ウ

10進数での小数点以下の値を8倍する操作を有限回繰り返すことにより整数になれば有限小数である。
ウの0.5は,0.5×8=4なので有限小数である。
実際に,0.510=1/2=4/8=0.48となる。
他の選択肢が無限小数であることを証明するのは大変であるが,題意から答えは唯一なので,ウが○になる。
参照:「データの内部表現(数値・上級)」

問2[fe072-02]

非負の2進数 b1b2…bn を3倍したものはどれか。
 ア b1b2…bn0+b1b2…bn   イ b1b2…bn00-1   ウ b1b2…bn000   エ b1b2…bn1

【解答】

正解:ア

元の数の2倍→左に1ビットシフト→b1b2…bn0
3倍するには,さらに元の数を加算すればよい。→アが○。
例:2進数を101(510)とする。1010+101=1111=1510
イは×。4倍して1を引く。10100-1=10011=1910
ウは×。8倍する。101000=4010
エは×。2倍して1を加える。101+1=110=610
参照:「データの内部表現(数値・上級)」

問3

隣接行列Aで表されるグラフはどれか。ここで,隣接行列とは,n個の節点から成るグラフの節点ViとVjを結ぶ枝が存在するときは第i行第j列と第j行第i列の要素が1となり,存在しないときは0となるn行n列の行列である。
  [隣接行列A]
   ┌ 0 1 1 0 ┐
   │ 1 0 0 1 │
   │ 1 0 0 1 │
   └ 0 1 1 0 ┘

【解答】

正解:エ

1行:VはVとVだけに接続
2行:VはVとVだけに接続
3行:VはVとVだけに接続
4行:VはVとVだけに接続
→エが○

問4

後置記法(逆ポーランド記法)では,例えば,式 Y=(A-B)×C を YAB-C×= と表現する。次の式を後置記法で表現したものはどれか。
    Y=(A+B)×(C-D÷E)
 ア YAB+C-DE÷×=  イ YAB+CDE÷-×=
 ウ YAB+EDC÷-×=  エ YAB+CD-E÷×=

【解答】

正解:イ

逆ポーランド記法にするには,数式を日本語で記述した通りにすればよい。
Y=(A+B)×(C-D÷E)は,次のように読む。
  Yは→「Y」
  AにBを+したものと→「AB+」
  Cから→「C」
  DをEで÷したものを→「DE÷」
  -したものを→「-」
  ×したものに→「×」
  =である→「=」
「 」の中をその順に並べると次のようになる。
YAB+CDE÷-×= ・・・イが○
アは,Y=((A+B)-C)×(D÷E)
ウは,Y=(A+B)×(E-(D÷C))
エは,Y=(A+B)×((C-D)/E)
参照:「スタックと逆ポーランド記法」

問5

図は70円切符の自動販売機に硬貨が投入されたときの状態遷移を表している。状態Q4から状態Eへ遷移する事象はどれか。ここで,状態Q0は硬貨が投入されていない状態であり,硬貨が1枚投入されるたびに状態は矢印の方向へ遷移するものとする。
 なお,状態Eは投入された硬貨の合計が70円以上になった状態であり,自動販売機は切符を発行し,釣銭が必要な場合には釣銭を返す。また,自動販売機は10円硬貨,50円硬貨,100円硬貨だけを受け付けるようになっている。

 ア 10円硬貨が投入された。
 イ 10円硬貨又は50円硬貨が投入された。
 ウ 10円硬貨又は100円硬貨が投入された。
 エ 50円硬貨又は100円硬貨が投入された。

【解答】

正解:エ


各状態から硬貨を投入したときの遷移は上図になる。
4では既に10円効果が4回投入され40円になっている。
E(70円以上)へ遷移するには30円以上必要である。
50円硬貨あるいは100円硬貨が投入されたときである。→エが○
参照:「オートマトンと状態遷移図」

問6

十分な大きさの配列Aと初期値が 0の変数pに対して,関数f(x) とg() が次のとおり定義されている。配列Aと変数pは,関数 f(x) と g() だけでアクセス可能である。これらの関数が操作するデータ構造はどれか。
  function f(x){
   p = p+1;
   A[p] = x;
   return None;
  }

  function g(){
   x = A[p];
   p = p-1;
   return x;
  }
 ア キュー  イ スタック  ウ ハッシュ  エ ヒープ

【解答】

正解:イ

関数 f(x) は,パラメータpの値を1加えて,配列Aにxを格納する。
→新しい数値が配列の最後に入る。
関数 g(x) は,配列Aから取り出した値を変数Xに格納し,パラメータpの値を1減らす。
→配列の最後から数値を取り出す。
後入れ先出しの操作→ スタック・・・イが○
参照:「スタックと逆ポーランド記法」

問7

多数のデータが単方向リスト構造で格納されている。このリスト構造には,先頭ポインタとは別に,末尾のデータを指し示す末尾ポインタがある。次の操作のうち,ポインタを参照する回数が最も多いものはどれか。
 ア リストの先頭にデータを挿入する。
 イ リストの先頭のデータを削除する。
 ウ リストの末尾にデータを挿入する。
 エ リストの末尾のデータを削除する。

【解答】

正解:エ

単方向リスト構造なので,次のデータのアドレスがポインタにセットされているが,前のデータに関する情報はもっていない。先頭ポインタには最初のデータのアドレス,末尾ポインタには末尾データのアドレスが入っている。
次の理由により。ポイント参照回数が最大になるのはエ。

  • ア:挿入データのポインタに現在の先頭データのアドレスを入れ,先頭ポインタに挿入データのアドレスを入れる。→ポインタをたどる必要はない。→0回
  • イ:現在の先頭データの次のデータのアドレスを先頭データにする必要がある。→1回
  • ウ:末尾ポインタから現在の末尾データへ飛び,そのポインタに挿入するデータのアドレスを入れ,末尾アドレスに追加データのアドレスを入れる。→1回
  • エ:末尾データの一つ前のデータのアドレスを末尾アドレスに入れる必要があるが,一つ前のデータのアドレスを知るには先頭データから順にポインタをたどる必要がある。データ個数-1回

参照:「リスト構造」

問8

再帰呼出しの説明はどれか。
 ア あらかじめ決められた順番ではなく,起きた事象に応じた処理を行うこと
 イ 関数の中で自分自身を用いた処理を行うこと
 ウ 処理が終了した関数をメモリから消去せず,必要になったとき再び用いること
 エ 処理に失敗したときに,その処理を呼び出す直前の状態に戻すこと

【解答】

正解:イ

アは×。イベントドリブン
イは○。実行中のサブルーチンの中から自分自身をよび出せる →参照:「再帰アルゴリズム」
ウは×。再使用可能プログラム
エは×。Commit(誤りなく処理できることを確認してから実行する)機能,Undo(元に戻す)機能

問9

Web環境での動的処理を実現するプログラムであって,Webサーバだけで動作するものはどれか。
 ア JavaScript  イ Javaアプレット  ウ Javaサーブレット  エ VBScript

【解答】

正解:ウ

アは×。HTMLのスクリプト言語。ブラウザで実行
イは×。Java言語で作成した小さなプログラム。クライアントにダウンロードして実行
ウは○。「サーバ」+「アプレット」
エは×。マイクロソフト開発のVisual Basicのサブセットであるスクリプト言語
参照:「プログラミング言語の発展」

問10

マルチコアプロセッサの特徴として適切なものはどれか。
 ア コアの個数をn倍にすると,プロセッサ全体の処理機能はn2倍になる。
 イ 消費電力を抑えながら,プロセッサ全体の処理機能を高められる。
 ウ 複数のコアが同時に動作しても,共有資源の競合は発生しない。
 エ プロセッサのクロック周波数をシングルコアより高められる。

【解答】

正解:イ

multi-core processor。2つ以上のプロセッサコアを1個のパッケージに集積したマイクロプロセッサ。
アは×。ほぼn倍の性能になる。
イは○。n倍の処理機能を持つシングルコアプロセッサより低くできる。
ウは×。各プロセッサコアは基本的に独立している(≒マルチプロセッサ)が,マルチプロセッサと同様に共有資源の競合が発生することがある。
エは×。各コアのクロック数はシングルコアプロセッサと同じ
参照:「システム構成」

問11[fe072-20]

外部割込みに分類されるものはどれか。
 ア インターバルタイマによって,指定時間経過時に生じる割込み
 イ 演算結果のオーバフローやゼロによる除算で生じる割込み
 ウ 仮想記憶管理において,存在しないページへのアクセスによって生じる割込み
 エ ソフトウェア割込み命令の実行によって生じる割込み

【解答】

正解:ア

アは○。
イは×。内部割込みのプログラム割込み
ウは×。内部割込みのプログラム割込み
エは×。内部割込みのスーパバイザ割込み
参照:「タスク管理」

問12

DRAMのリフレッシュ動作の説明として,適切なものはどれか。
 ア 一定時間ごとに内容を外部記憶装置に書き込む。
 イ システムの電源投入時に,全領域を0で初期化する。
 ウ データを保持するために,一定時間ごとにアクセスする。
 エ 内容を更新するときに,データを一旦消去する。

【解答】

正解:ウ

DRAMは主にメモリ用の固体素子。ウ以外はメモリとは無関係。
アは×。自動バックアップ。Wordなどのアプリケーションでは,一定時間ごとに作業しているファイルを自動的に保存する機能を持つ。
イは×。電源投入時の初期化はBIOSが行う。
ウは○。参照:「半導体素子」
エは×。CD/DVDへの書込みのとき,このようなオプションがある。

問13

キャッシュメモリに関する記述のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

  • アは×。キャッシュメモリも仮想記憶方式のメモリと同様に多数のブロックが存在し,必要に応じて読み込まれたり廃棄されたりしている。そのブロックの大きさをキャッシュラインサイズという。
    そのサイズが小さいと,ヒット率が小さくなるし。キャッシュへの転送回数が増加する。サイズが大きいと,ライン数が小さくなりキャッシュメモリの無駄が生じる。32バイト~256バイト程度が一般的である。それに対して仮想記憶のページサイズは4kバイトが一般的。
  • イは×。汎用レジスタは演算装置の一部で,記憶装置であるキャッシュメモリとは基本的に異なる。キャッシュメモリは,演算装置内の速度とメモリからの転送速度とのギャップを埋めるためのものだから,汎用レジスタと同じ働きをするのであれば,キャッシュメモリが無意味になる。
  • ウは○。2段階の場合,CPUに近いほうを1次キャッシュ,メモリに近いほうを2次キャッシュという。1次キャッシュは2次キャッシュとCPUとの間のキャッシュの役割になる。2段階キャッシュは一般化しており,高速用途には3段階のものもある。
  • エは×。アの説明のように,キャッシュライン単位で転送が行われる。
参照:「記憶階層とキャッシュメモリ」

問14[fe091-14][ad091-05]

プラズマディスプレイパネルの説明として,適切なものはどれか。
 ア ガス放電によって発生する光を利用して,映像を表示する。
 イ 自身では発光しないので,バックライトを使って映像を表示する。
 ウ 電極の間に挟んだ有機化合物に電圧をかけると発光することを利用して,映像を表示する。
 エ 電子銃から発射した電子ビームを管面の蛍光体に当てて発光させ,文字や映像を表示する。

【解答】

正解:ア

アは○。プラズマディスプレイ
イは×。液晶ディスプレイ
ウは×。有機ELディスプレイ
エは×。CRTディスプレイ
参照:「ディスプレイ」

問15

クラウドコンピューティングの説明として,最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

アは×。情報家電の遠隔操作,ユビキタス
イは×。グリッドコンピューティング →参照:「システム構成」
ウは○。参照:「クラウドコンピューティング」
エは×。Peer to Peer接続 →参照:「LAN環境でのシステム形態」

問16

フォールトトレラントシステムを実現する上で不可欠なものはどれか。

【解答】

正解:ア

アは○。フォールトトレラント
イ・ウは×。データベースのバックアップとリカバリー機能
エは×。フールプルーフ,フェイルセーフ

問17

図に示すシステム構成全体の稼働率を表す式はどれか。ここで,システムが正常に稼働するためには,磁気ディスクは2台とも正常でなければならず,それぞれのサイトで少なくとも1台の端末は正常でなければならない。

 ア D2C(1-T2)2
 イ D2C(1-(1-T)2)2
 ウ (1-D)2C(1-T2)2
 エ (1-D)2C(1-(1-T)2)2

【解答】

正解:イ

磁気ディスク:2台とも正常(直列)→D2
CPU:正常→C
サイトa:少なくとも一つが正常(並列)→1-(1-T)2
サイトb:少なくとも一つが正常(並列)→1-(1-T)2
システム全体:これらがすべて正常(直列)
  →D2×C×(1-(1-T)2)×(1-(1-T)2
  →イが○
参照:「システムの信頼性」

問18[ad072-14]

ベンチマークテストの説明として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:イ

アは×。性能監視プログラムによるモニタリング
イは○。SPEC,TPCなどが代表的
ウは×。シミュレーション
エは×。ギプソンミックス・コマーシャルミックスなど
参照:「コンピュータの性能評価方法」

問19

オンラインリアルタイム処理における一つのトランザクションについて,端末側で応答時間,回線伝送時間,端末処理時間が測定できるとき,サーバ処理時間を求める式として適切なものはどれか。ここで,他のオーバヘッドは無視するものとする。
 ア サーバ処理時間=応答時間+回線伝送時間+端末処理時間
 イ サーバ処理時間=応答時間+回線伝送時間-端末処理時間
 ウ サーバ処理時間=応答時間-回線伝送時間+端末処理時間
 エ サーバ処理時問=応答時間-回線伝送時間-端末処理時間

【解答】

正解:エ

応答時間=データを投入してから結果の表示が開始されるまでの時間
  = 指示のアップロード時間
  + サーバ処理時間
  + 結果のダウンロード時間
  + 端末での表示処理の時間
  = 回線伝送時間+サーバ処理時間+端末処理時間
∴ サーバ処理時問=応答時間-回線伝送時間-端末処理時間・・・エが○

問20

次の条件で四つのジョブがCPU処理及び印刷を行う場合に,最初のCPU処理を開始してから最後の印刷が終了するまでの時間は何分か。
[条件]
(1)多量度1で実行される。
(2)各ジョブのCPU処理時間は20分である。
(3)各ジョブはCPU処理終了時に400Mバイトの印刷データをスプーリングする。
  スプーリング終了後にOSの印刷機能が働き,プリンタで印刷される。
 ア 120  イ 160  ウ 180  エ 240

【解答】

正解:ウ

    0  10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 110 120 130 140 150 160 170 180
--------+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+
  CPU ====1====---2----===3====---4----
印刷      --------1--------=======2========-------3--------=======4========

ウが○

問21[su05-02]

仮想記憶システムにおいて主記憶の容量が十分でない場合,プログラムの多重度を増加させるとシステムのオーバヘッドが増加し,アプリケーションのプロセッサ使用率が減少する状態を表すものはどれか。
 ア スラッシング  イ フラグメンテーション  ウ ページング  エ ボトルネック

【解答】

正解:ア

アは○。参照:「仮想記憶方式」
イは×。参照:「磁気ディスクの断片化とデフラグ」
ウは×。参照:「仮想記憶方式」
エは×。隘路のこと。スケジュールではこの解決を重点に行う。

問22

ページ置換えアルゴリズムにおけるLRU方式の説明として,適切なものはどれか。
 ア 最後に参照されたページを置き換える方式
 イ 最後に参照されてからの経過時間が最も長いページを置き換える方式
 ウ 最も参照回数の最も少ないページを置き換える方式
 エ 最も古くから存在するページを置き換える方式

【解答】

正解:イ

アは×。最後に参照されたページは最も使われる確率が高い
イは○。LRU(Least Recently Used)最も長い時間使用されなかったページ
ウは×。LFU(Least Freguently Used)方式
エは×。FIFO(First In First Out)方式
参照:「仮想記憶方式」

問23[fe092-18]

様々なサイズのメモリ資源を使用するリアルタイムシステムのメモリプール管理において,可変長方式と比べた場合の固定長方式の特徴として,適切なものはどれか。
 ア メモリ効率が良く,獲得及び返却の処理速度は遅く一定である。
 イ メモリ効率が良く,獲得及び返却の処理速度は遅く不定である。
 ウ メモリ効率が悪く,獲得及び返却の処理速度は速く一定である。
 エ メモリ効率が悪く,獲得及び返却の処理速度は速く不定である。

【解答】

正解:ウ

リアルタイムシステムでは,メモリ効率を犠牲にしても処理速度を速くすることが重要
固定長方式=1レコードの長さを同じにする
(商品名項目では最も長いものに合わせる)
→無駄が生じる→メモリ効率は悪い・・・ア・イは×
固定長にすればアドレス計算やサイズ計算などが簡単になる
→獲得及び返却の処理速度は速く一定・・・ウが○

問24

シェルのリダイレクト機能による実現の可否に関する記述のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

シェルとは,OSの中核(カーネル)とユーザの間にあり,OS内部をユーザから隔離するプログラム
標準入力とは,OSで指定した標準の入力デバイス。通常はキーボード。標準出力はディスプレイ
リダイレクトとは,標準入力,出力を変更する機能。ファイルから入力,ファイルに出力するなど
→ウが○

問25[fe101-23]

7セグメントLED点灯回路で,出力ポートに16進数で6Dを出力したときの表示状態はどれか。ここで,P7を最上位ビット(MSB),P0を最下位ビット(LSB)とし,ポート出力が1のとき, LEDは点灯する。

【解答】

正解:ウ

6D16=011011012
P7=0 → Dtは消灯
P6=1 → gは点灯
P5=1 → fは点灯
P4=0 → eは消灯
P3=1 → dは点灯
P2=1 → cは点灯
P1=0 → bは消灯
P0=1 → aは点灯
点灯する個所:gfdca → ウが○

問26

60分の音声信号(モノラル)を,標本化周波数44.1kHz,量子化ビット数16ビットのPCM方式でディジタル化した場合,データ量はおよそ何Mバイトか。ここで,データの圧縮は行わないものとする。
 ア 80  イ 160  ウ 320  エ 640

【解答】

正解:ウ

60分→3,600[秒]
標本化周波数44.1kHz→44,100[サンプル/秒]
量子化ビット数16ビット→2[バイト/サンプル]
データ量=3,600[秒]×44,100[サンプル/秒]×2[バイト/サンプル]
  =317,520,000[バイト]=320[MB]・・・ウが○

問27

3次元コンピュータグラフィクスに関する記述のうち,ポリゴンの説明はどれか。

【解答】

正解:ウ

アは×。モーフィング
イは×。レンダリング
ウは○。
エは×。テクスチャマッピング
参照:「コンピュータグラフィックス」

問28

E-R図に関する記述として,適切なものはどれか。
 ア 関係データベースの表として実装することを前提に作成する。
 イ 業務で扱う情報をエンティティ及びエンティティ間のリレーションシップとして表現する。
 ウ データの生成から消滅に至るデータ操作を表現できる。
 エ リレーションシップは,業務上の手順を表現する。

【解答】

正解:イ

アは×。実際にはそれが多いが,他のデータベースにも有用だし,実装よりも共通認識のために使うこともある。イとの関係で×とする。
イは○。E(エンティティ),R(リレーションシップ)
ウは×。DFD
エは×。エンティティ間の関連
参照:「ERモデル」

問29

関係データベース管理システム(RDBMS)におけるビューに関する記述のうち,適切なものはどれか。
 ア ビューとは,名前を付けた導出表のことである。
 イ ビューに対して,ビューを定義することはできない。
 ウ ビューの定義を行ってから,必要があれば,その基底表を定義する。
 エ ビューは一つの基底表に対して一つだけ定義できる。

【解答】

正解:ア

アは○。基底表からビュー定義により仮想的に作られた表が導出表である
イは×。このように組み合わせることが可能。処理効率は悪いが
ウは×。不可能
エは×。イと同様

問30[ad031-30]

「注文」表と「製品」表に対して,次のSQL文を実行したときに得られる結果はどれか。
    SELECT 製品名, 数量 FROM 注文, 製品
      WHERE 注文.製品コード = 製品.製品コード

  注文                製品
   日付   製品コード 数量    製品コード 製品名
  2011-04-10   P2   120      P1   PC
  2011-04-15   P1   100      P2   テレビ
  2011-04-22   P4    50      P3   掃除機
  2011-04-30   P8    80      P4   冷蔵庫
  2011-05-06   P1   100      P5   エアコン
  2011-05-08   P3    70      P6   電話機
                      P7   時計

 ア 製品名 数 量  イ 製品名 数 量  ウ 製品名 数 量  エ 製品名 数 量
   テレビ 120    テレビ 120    テレビ 120    テレビ 120
   PC  100    PC  200    PC  100    PC  100
   冷蔵庫  50    冷蔵庫  50    冷蔵庫  50    冷蔵庫  50
   掃除機  70    掃除機  70    PC  100    Null 80
                         掃除機  70    PC  100
                                    掃除機  70

【解答】

正解:ウ

製品コードが,注文表と製品表の双方に存在するものだけが選択され,そのレコードがすべて選択される。集計処理はしていない。

問31

表Rに対する次のSQL文の操作はどの関係演算か。
   R
    ┌───┬───┬───┬───┬───┐
    │ A1 │ A2 │ A3 │ A4 │ A5 │
    └───┴───┴───┴───┴───┘
  [SQL文]
     SELECT A1, A3, A5 FROM R

 ア 結合  イ 差  ウ 射影  エ 直積

【解答】

正解:ウ

行A1, A3, A5を取り出すだけの操作だから射影・・・ウが○
参照:「RDBとSQL」

問32

DBMSにおけるログファイルの説明として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

アは×。チェックポイント
イは×。レプリケーション,ミラーリング
ウは×。バックアップ
エは○。
参照:「バックアップとリカバリー」

問33

DBMSにおける排他制御に関する記述のうち,適切なものはどれか。
 ア アクセス頻度の高いデータの処理速度を上げるためには,排他制御が必要である。
 イ 処理速度を上げるため,排他制御を行うデータの範囲は極力大きくすべきである。
 ウ データアクセス時のデッドロックを防止するために,排他制御が必要である。
 エ 複数の人が同時に更新する可能性のあるデータには,排他制御が必要である。

【解答】

正解:エ

アは×。インデクシングの説明。排他制御機能は処理速度を下げる。
イは×。範囲を広げると,排他される確率が大きくなり,全体の待ち時間が増大する。
ウは×。デッドロックが発生するのは,排他制御が原因である。
エは○。
参照:「排他制御」

問34

10Mバイトのデータを100,000ビット/秒の回線を使って転送するとき,伝送時間は秒か。ここで,回線の伝送効率は50%とし,1Mバイト=106バイトとする。
 ア 200   イ 400   ウ 800   エ 1,600

【解答】

正解:エ

伝送時間=伝送量/伝送速度
  =10Mバイト/(50%×100,000ビット/秒)
  =10[Mバイト]×106[バイト/Mバイト]×8[ビット/バイト]
    /(0.5×0.1×106[ビット/秒]
  =1,600[秒]・・・エが○
参照:「数値単位と物理単位」

問35

LAN間接続装置に関する記述のうち,適切なものはどれか。
 ア ゲートウェイは,OSI基本参照モデルにおける第1~3層だけのプロトコルを変換する。
 イ ブリッジは,IPアドレスを基にしてフレームを中継する。
 ウ リピータは,同種のセグメント間で信号を増幅することによって伝送距離を延長する。
 エ ルータは,MACアドレスを基にしてフレームを中継する。

【解答】

正解:ウ

アは×。ルータ。ゲートウェイは第4層以上に対応したプロトコル変換
イは×。MACアドレスにより中継
ウは○。
エは×。ルータは,IPアドレスにより中継
参照:「LANの接続機器」

問36[fe092-38][fe071-54]

インターネットにおける電子メールの規約で,ヘッダフィールドの拡張を行い,テキストだけでなく,音声,画像なども扱えるようにしたものはどれか。
 ア HTML  イ MHS  ウ MIME  エ SMTP

【解答】

正解:ウ

アは×。HyperText Markup Language:Webページ作成用言語
イは×。Message Handling System:電子メールシステムの標準規格(ITU-TSによるX.400シリーズ)
ウは○。Multipurpose Internet Mail Extension:多様な文字コードも
エは×。Simple Mail Transfer Protocol:電子メール送信・転送プロトコル
参照:「電子メールが届く仕組み」

問37

プライベートIPアドレスの複数の端末が,一つのグローバルIPアドレスを使ってインターネット接続を利用する仕組みを実現するものはどれか。
 ア DHCP  イ DNS  ウ NAPT  エ RADIUS

【解答】

正解:ウ

アは×。DHCP(Dynamic Host Configration Protocol)IPアドレスの自動設定,一元管理
イは×。DNS(Domain Name System)ホスト名とIPアドレスの変換
ウは○。NAPT(Network Address and Port Translation,IPマスカレードともいう)
エは×。RADIUS(Dynamic Host Configration Protocol)ユーザ認証,アクセス制御,アカウント情報管理のプロトコル

問38[fe082-51]

電子メールシステムで使用されるプロトコルであるPOP3の説明として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

アは×。CHAP(Challenge Handshake Authentication Protocol)ダイアルアップ接続のPPPプロトコル関連
メールの送信(エ)転送(イ)プロトコルはSMTP,受信(ウ)プロトコルはPOP3
参照:「電子メールが届く仕組み」

問39

HTMLやXMLの要素をどのように表示するかを指示する場合に用いられ,表示クライアント側で処理されるものはどれか。
 ア CGI  イ CSS  ウ PHP  エ SSI

【解答】

正解:イ

アは×。CGI(Common Gateway Interface)HTMLからWebサイトにあるプログラムを実行させるためのインタフェース
イは○。CSS(Cascading Style Sheet)スタイルシート
ウは×。PHP:軽量のスクリプト言語
エは×。SSI(Server Side Include)Webサーバにクライアントが接続したとき,HTMLL文書にサーバ側で何らかの処理を施してからクライアントに送信する技術

問40

送信者から電子メール本文とそのハッシュ値を受け取り,そのハッシュ値と,受信者が電子メール本文から求めたハッシュ値とを比較することで実現できることはどれか。ここで,受信者が送信者から受け取るハッシュ値は正しいものとする。
 ア 電子メールの送達の確認
 イ 電子メール本文の改ざんの有無の検出
 ウ 電子メール本文の盗聴の防止
 エ なりすましの防止

【解答】

正解:イ

ハッシュ値とは文字列をハッシュ関数で変換した値。文字列が変わればハッシュ値が変わる。メールには元の電文のハッシュ値が示されているので,受け取った電文のハッシュ値を計算して,一致すれば改ざんされていないことになる。
参照:「ハイブリッド暗号方式」

問41

文書の内容を秘匿して送受信する場合の公開鍵暗号方式における鍵と暗号化アルゴリズムの取扱いのうち,適切なものはどれか。
 ア 暗号化鍵と復号鍵は公開するが,暗号化アルゴリズムは秘密にしなければならない。
 イ 暗号化鍵は公開するが,復号鍵と暗号化アルゴリズムは秘密にしなければならない。
 ウ 暗号化鍵と暗号化アルゴリズムは公開するが,復号鍵は秘密にしなければならない。
 エ 復号鍵と暗号化アルゴリズムは公開するが,暗号化鍵は秘密にしなければならない。

【解答】

正解:ウ

公開鍵暗号方式では暗号化アルゴリズムは標準化されており公知→ア・イは×
→参照:「公開鍵暗号方式の原理」
正当な受信者以外は復号できないようにする→復号鍵は秘密→ア・エは×
発信者は,受信者の暗号化鍵(公開鍵)で暗号化して発信者に送り,受信者は,受信者の復号鍵(秘密鍵)で復号する。
→参照:「公開鍵暗号方式」

問42

システム障害を想定した事業継続計画(BCP)を策定する場合,ビジネスインパクト分析での実施事項はどれか。
 ア BCPの有効性を検証するためのテストを実施する。
 イ 情報システム障害時の代替手順と復旧手順について関係者を集めて教育する。
 ウ 情報システムに関する内外の環境の変化を踏まえてBCPの内容を見直す。
 エ 情報システムに許容される最大停止時間を決定する。

【解答】

正解:エ

ビジネスインパクト分析を行うのは,BCPのPDCAサイクルのP(計画)のフェーズ。
アは×。C(チェック)のフェーズ
イは×。D(実施)のフェーズ
ウは×。A(見直し)のフェーズ
エは○。事業継続上のボトルネックを特定して重点分野を決定
参照:「事業継続計画」

問43

図のようなサーバ構成の二重化によって期待する効果はどれか。

 ア 可用性の向上  イ 安全性の向上  ウ 機密性の向上  エ 責任追跡性の向上

【解答】

正解:ア

サーバが二重化(デュープレックス)になった。
アは○。信頼性(可用性)が,Rから(1-(1-R)2)=R(2-R)に向上する。
イは×。安全性(自然災害や不正アクセスなどからの保護の度合)は変わらない。
ウは×。機密性(権限のない者への情報漏洩などからの保護の度合)は変わらない。
エは×。ウと同様
参照:「システム構成」

問44

通信を要求したPCに対し,ARPの仕組みを利用して実現できる通信の可否の判定方法のうち,最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:イ

イは○。ARP( Address Resolution Protocol )は,IPアドレスからMACアドレスを動的に得るプロトコル
ア・ウ・エは×。PCのソフトウェア状況をチェックする機能はない。

問45

ディレクトリトラバーサル攻撃に該当するものはどれか。

【解答】

問46

オブジェクト指向プログラミングの特徴はどれか。

【解答】

正解:ア

アは○。
イは×。カプセル化によりオブジェクトの内容を外部から隠ぺいする。
ウは×。インヘリタンスは上位クラスで未定義のものを下位クラスで定義する。
エは×。その必要はない。
参照:「オブジェクト指向」

問47[fe071-44]

階層構造のモジュール群からなるソフトウェアの結合テストを,上位のモジュールから行う。この場合に使用する,下位モジュールの代替となるテスト用のモジュールはどれか。
 ア エミュレータ  イ シミュレータ  ウ スタブ  エ ドライバ

【解答】

正解:ウ

結合テストのトップダウンテストではスタブ,ボトムアップテストではドライバが必要
→ウが○。エは×
参照:「テストの種類・方法」
シミュレータとエミュレータは,実際に稼働する環境(実機)とは別の環境で,システム開発をするときに使う。シミュレータは,外部から見た振る舞いを再現するのに対して,エミュレータとは,実機の内部ロジックを再現する。→ア・イは×

問48

ソフトウェア開発におけるテスト技法のうち,ブラックボックステストに関する記述として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:イ

アは×。ソースコードをベース→ホワイトボックステスト
イは○。外部仕様書をベース→ブラックボックステスト
ウは×。テストデータ支援ツールによるカバレッジ
エは×。これもホワイトボックステスト
参照:「テストの種類・方法」

問49

サブルーチンへの引数の渡し方のうち,変数を引数として渡しても,サブルーチンの実行後に変数の値が変更されないことが保証されているものはどれか。
 ア 値呼出し   イ 結果呼出し   ウ 参照呼出し   エ 名前呼出し

【解答】

正解:ア

  • アは○。call by value。引数の値を渡す。関数内で引数変数の値を変更しても,呼出し元の変数の値は変化しない。
  • イは×。call by result。引数は,局所変数として振舞うので,その時点では呼び出し元の変数は変わらないが,戻るときに,その最終値が呼び出し元に入る。
  • ウは×。call by reference。引数のアドレスを渡すので,関数内で引数の値を変えると,呼出し元の変数の値も変わる。
  • エは×。call by name。引数の個数が不定であり,関数内で必要な引数だけを渡す。渡される引数は参照呼出しとなる。

問50

ソフトウェアのリバースエンジニアリングの説明はどれか。
 ア CASEツールなどを用いて,設計情報からソースコードを自動生成する。
 イ 外部から見たときの振る舞いを変えずに,ソフトウェアの内部構造を変える。
 ウ 既存のソフトウェアを解析し,その仕様や構造を明らかにする。
 エ 既存のソフトウェアを分析し理解した上で,ソフトウェア全体を新しく構築し直す。

【解答】

正解:ウ

リバースエンジニアリング=ロードモジュール→ソースプログラム→フローチャートやE-R図など
というようにソフトウェア開発の逆(リバース)の工程を行うこと
アは×。下流CASE。UMLからJavaソースを生成するなど
イは×。リファクタリング。エクストリーム・プログラミングで重視
ウは○。
エは×。一般に行われている分析であり特に用語はない。

マネジメント系

問51

ソフトウェア開発プロジェクトで行う構成管理の対象項目として,適切なものはどれか。
 ア 開発作業の進捗状況    イ 成果物に対するレビューの実施結果
 ウ プログラムのバージョン  エ プロジェクト組織の編成

【解答】

正解:ウ

PMBOKの「統合変更管理」は,「すべての変更要求をレビューし,変更を承認し,さらに要素成果物,組織のプロセス資産,プロジェクト文書,プロジェクトマネジメント計画書等への変更をマネジメントするプロセス」と定義されている。 統合変更管理のツールと技法の1つに構成管理(Configuration Management)があり,「変更管理システムを包含し,変更提案の提出,変更提案のレビューや承認を行う追跡システム,変更を認可する承認レベルの規定,承認済み変更を確定する方法の提供等のプロセスを含む」とされている。
ソフトウェア開発での構成管理としては,構築中あるいは参考とすべき既存のプログラムに関する記録の文書化やその一元管理である。「バージョン管理」や「変更管理」などが相当する。

問52[ad081-34]

プロジェクトのタイムマネジメントのために次のアローダイアグラムを作成した。クリティカルパスはどれか。

 ア A → C → E → F  イ A → D → G  ウ B → E → F  エ B → E → G

【解答】

正解:ウ


参照:「PERTの解法」

問53

設計書の作成状況が表のとおりであるとき,3種類の設計書全ての作成を完了させるために必要な今後の工数(人時)は幾らか。
     設計書   作成枚数 1枚当たりの所要 現在までの作成
           (枚)   工数(人時)  済み枚数(枚)
    基本設計書    80      5        80
    概要設計書   300      2       200
    詳細設計書   500      2        50

 ア 550   イ 900   ウ 1100   エ 2000

【解答】

正解:ウ

       作成枚数-作成済枚数=残りの枚数 ×1枚当たりの工数=必要工数
基本設計書   80    80     0      5        0
概要設計書  300   200   100      2      200
詳細設計書  500    50   450      2      900
--------------------------------------
合計                                1100・・・ウ

問54

システム開発プロジェクトにおける,ソフトウェア品質の管理指標の一つとして,最も適切なものはどれか。
 ア WBSを構成するワークパッケージの完了数
 イ 個人別のプログラミングの生産性
 ウ 成果物ごとのレビュー時間
 エ プログラムのバージョン

【解答】

正解:ウ

アは×。進捗管理の指標で品質には無関係
イは×。開発工数の推定や能力評価に利用できるが質には無関係
ウは○。レビューを十分に行えはエラー発見・修正が行われ品質がよくなる。
エは×。プログラムの変更回数で品質評価はできない。

問55

ITサービスマネジメントの管理プロセスはどれか。
 ア サービスレベル管理  イ スケジュール管理  ウ 品質管理  エ リスク管理

【解答】

正解:ア

アは○。ITサービス≒保守運用,サービスレベルはSLA。SLAはITILの一分野
参照:「ITサービスマネジメントとITIL」「SLA/SLM」
イ・ウは×。主にプロジェクトマネジメントの分野
エは×。主にISMSの分野

問56[fe081-51]

複数の業務システムがある場合のアクセス管理の方法として,最も適切なものはどれか。
 ア 業務の担当変更に迅速に対応するために,業務グループごとに共通の利用者IDを使用する。
 イ 人事異動が頻繁に発生する場合には,年初にまとめてアクセス権限の変更を行う。
 ウ 新入社員の名簿に基づいて,あらかじめ全業務システムに全員の利用者登録を実施しておく。
 エ 利用者の職位権限にかかわらず,業務システムごとに適切なアクセス権限の設定を行う。

【解答】

正解:エ

アは×。利用者IDは個人を特定できる必要がある
イは×。面倒でも人事異動のたびに変更を行う
ウは×。配属が決定してから利用者登録を行う
エは○。
参照:「パスワードの管理」

問57

チェックディジットを利用する目的として,適切なものはどれか。
 ア 数値項目へ入力したデータに,英字や記号が混入した誤りを検出する。
 イ 入力したコードの値の誤りを検出する。
 ウ 入力したコードのけた数の誤りを検出する。
 エ 入力したデータ値が,定められた範囲内に収まっていない誤りを検出する。

【解答】

正解:イ

アは×。型チェック
イは○。参照:「JANコード」 「誤り制御」
ウは×。フォーマットチェック
エは×。リミットチェック(限界値チェック)
イ以外はデータ入力チェックの種類
参照:「テストの種類・方法」

問58[fe101-58]

システム監査人の独立性が保たれている状況はどれか。

【解答】

正解:イ

アは×。監査人と被監査部門が同じ
イは○。実質的に第三者。採用していても内部監査
ウは×。現在の所属云々ではなく,利害関係の有無が問題
エは×。ベンダの監査部門はベンダの利益関係者
参照:「システム監査基準の概要」

問59

システム開発を外部委託している部門が,委託先に対する進捗管理についてシステム監査を受ける場合,提出すべき資料はどれか。
 ア 委託先から定期的に受領している業務報告及びその検証結果を示している資料
 イ 成果物の検収方法を明確にしている資料
 ウ ソフトウェアの第三者への預託を行っていることを示している資料
 エ データや資料などの回収と廃業の方法を明確にしている資料

【解答】

正解:ア

「外部委託」「進捗管理」に限定する必要がある。イ~エは「外部委託」全般での監査証跡になるが,「進捗管理」に限定されない。

問60

システム監査において,監査証拠となるものはどれか。
 ア システム監査チームが監査意見を取りまとめるためのミーティングの議事録
 イ システム監査チームが監査報告書に記載した指摘事項
 ウ システム監査チームが作成した個別監査計画書
 エ システム監査チームが被監査部門から入手したシステム運用記録

【解答】

正解:エ

監査証拠とは監査証跡ともいう。監査の実施段階で評価の証拠になるもの(文書やヒアリングの内容など)
アは×。チーム以外の者とのミーティングの議事録は監査証拠になるが,チーム内では監査証拠にならない。
イは×。監査実施完了の段階
ウは×。監査実施以前の段階
エは○。

ストラテジ系

問61

リスクや投資価値の類似性で分けたカテゴリごとの情報化投資について,最適な資源配分を行う手法はどれか。
 ア 3C分析  イ ITポートフォリオ ウ エンタープライズアーキテクチャ エ ベンチマーキング

【解答】

正解:イ

アは×。3C=Customer(市場)+Competitor(競合)+Company(自社)
 外部環境と自社の状況を分析してマーケティング戦略を策定する技法
イは○。ポートフォリオとは投資対象の組み合わせの一覧表。それにより資源の最適分配を検討する。
ウは×。EA(業務・システム最適化計画)
エは×。ベンチマーキングとは,競合他社,優れた他社と自社の状況を比較して,達成すべき目標を設定すること

問62

情報戦略の立案時に,必ず整合性をとるべき対象はどれか。
 ア 新しく登場した情報技術     イ 基幹システムの改修計画
 ウ 情報システム部門の年度計画   エ 中長期の経営計画

【解答】

正解:エ

情報戦略は経営戦略(中長期の経営計画)と整合したものでなければならない→エが○
参照:「情報化戦略の位置づけ」
アは×。重要な検討事項ではあるが,最重要項目ではないし,必ずしも新技術を採用するのが最適とはいえない。
イは×。情報戦略の結果として改修計画が出てくる。
ウは×。短期計画(単年度計画)は,戦略(基本方針)をブレークダウンした位置づけになる。

問63[fe092-63]

ASPとは,どのようなサービスを提供する事業者か。

【解答】

正解:エ

アは×。ハウジング
イは×。BPO(Business Process Outsourcing)
ウは×。ホスティング
エは○。
参照:「運用外部委託の種類」

問64

企業が保有する顧客や市場などの膨大なデータから,有効な情報や関係を見つけ出す手法はどれか。
 ア データウェアハウス     イ データディクショナリ
 ウ データフローダイアグラム  エ データマイニング

【解答】

正解:エ

アは×。データウェアハウスは、分析するために社内のデータを整理した保管庫。手法というよりハードウェアやデータベース管理システム。データの規模は問われない。
イは×。データディクショナリは、データベース辞書のこと。データベース管理システムの機能。
ウは×。データフローダイアグラム(DFD)は、データの流れに着目したシステム設計のための図法。問題文とは直接の関係はない。
エは○。データマイニングは問題文の通り。金脈の探鉱(マイニング)になぞらえられる。

問65

サプライチェーンマネジメントの改善指標となるものはどれか。
 ア 残業時間の減少   イ 販売単価下落の防止率
 ウ 不良在庫の減少率  エ 優良顧客数の増加率

【解答】

正解:ウ

SCMの主目的:調達の迅速化,流通在庫の圧縮→顧客満足
参照:「SCM」

問66

図に示す手順で情報システムを調達する場合,bに入るものはどれか。

 ア RFI  イ RFP  ウ 供給者の選定  エ 契約の締結

【解答】

正解:イ

a=ア:Request For Information。情報提供依頼。要件を検討の参考にする。
b=イ:Request For Proposal。提案依頼書
c=ウ:RFPへの回答が提案書。これをベースに調達先を絞り込む
d=エ
参照:「システム外注の手順」

問67

プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)における「花形」を説明したものはどれか。

【解答】

正解:ア

アは○。
イは×。負け犬
ウは×。問題児
エは×。金のなる木
参照:「PPM」

問68[ad061-62]

コアコンピタンス経営を説明したものはどれか。

【解答】

問69

バランススコアカードの顧客の視点における戦略目標と業績評価指標の例はどれか。
 ア 持続的成長が目標であるので,受注残を指標とする。
 イ 主要顧客との継続的な関係構築が目標であるので,クレーム件数を指標とする。
 ウ 製品開発力の向上が目標であるので,製品開発領域の研修受講時間を指標とする。
 エ 製品の納期遵守が目標であるので,製造期間短縮日数を指標とする。

【解答】

正解:イ

アは×。受注残が顧客に迷惑をかけることとすれば→顧客の視点
   受注残=生産改善とすれば→業務プロセスの視点
   「持続的成長が目標」と異なるが一般に受注残は短期の財務事項→財務の視点
  イが明らかに○なので,アは×とする。
イは○。顧客との継続的な関係→顧客の視点
ウは×。研修受講→学習と成長の視点
エは×。製造期間短縮→業務プロセスの視点
参照:「バランススコアカード」

問70

ワンチップマイコンの内蔵メモリとしてフラッシュメモリが採用されている理由として,適切なものはどれか。
 ア ソフトウェアのコードサイズを小さくできる。
 イ マイコンの出荷後もソフトウェアの書換えが可能である。
 ウ マイコンの処理性能が向上する。
 エ マスクROMよりも信頼性が向上する。

【解答】

正解:イ

アは×。記憶素子の種類がプログラムサイズに影響することはない。
イは○。機能追加などのバージョンアップが容易になる。
ウは×。フラッシュメモリはHDDよりも高速であるが,通常のメモリより高速ではない。処理性能が向上するとはいえない。
エは×。マスクROMなら工場出荷後は書換ができないので,マスクROMのほうが信頼性が高い。
参照:「半導体素子」

問71[fe101-73][ad081-74]

(1)~(3)の手順に従って処理を行うものはどれか。

ア CAD   イ CRP   ウ JIT   エ MRP

【解答】

正解:エ

アは×。CAD(Computer Aided Design)コンピュータを利用した設計
イは×。CRP(Continuous Replenish Program,連続的補充計画)自動補充発注システム
 または,(Capacity Requirements Planning,能力所要量計画)MRPに生産能力計画も加えたもの
ウは×。JIT(Just In Time)トヨタの「かんばん方式」に代表される,必要なときに必要な個数の部品を提供する生産方式
エは○。MRP(Material Requirements Planning)資材所要量計画

問72

個別生産,プロセス生産,連続生産,ロット生産の各生産方式の特徴を比較した表の a に当てはまるものはどれか。
   生産方式     a      b     c      d
   生産量      少      中     多      多
   主な生産形態  受注生産 受注・見込生産 見込生産 受注・見込生産
   生産品種     多      中     少      少
   段取り頻度    多      中     少      極少
   処理(例)   組立て    組立て   組立て    化学的

 ア 個別生産  イ プロセス生産  ウ 連続生産  エ ロット生産

【解答】

正解:ア

a=個別生産(一つずつ生産。個別仕様の受注生産に多い)
b=ロット生産(いくつかの個数をまとめて生産)
c=連続生産(一つの製品を多数連続して生産)
d=プロセス生産(石油精製などの装置産業)
参照:「見込生産と受注生産」

問73

ICタグ(RFID)の特徴はどれか。
 ア GPSを利用し,受信地の位置情報や属性情報を表示する。
 イ 専用の磁気読取り装置に挿入して使用する。
 ウ 大量の情報を扱うので,情報の記憶には外部記憶装置を使用する。
 エ 汚れに強く,記録された情報を梱(こん)包の外から読むことができる。

【解答】

正解:エ

アは×。位置情報システム。カーナビげーション,スマートフォンの地図情報など
 衛星等からの無線電波受信装置なのでRFIDは不要
イは×。「磁気」「装置に挿入」→磁気カード
ウは×。RFIDでは少量データが対象になる
エは○。梱包の外→非接触読取→RFID
参照:「RFID」

問74[fe072-75][sd07-48][sd03-41]

パレート図を説明したものはどれか。

【解答】

正解:エ

アは特性要因図,イは管理図,ウはヒストグラム
参照:「グラフ」

問75[ad082-71][ad041-73]

ある工場で製品A,Bを生産している。製品Aを1トン生産するのに,原料P,Qをそれぞれ4トン,9トン必要とし,製品Bについてもそれぞれ8トン,6トン必要とする。また,製品A,Bの1トン当たりの利益は,それぞれ2万円,3万円である。
 原料Pが40トン,Qが54トンしかないとき,製品A,Bの合計の利益が最大となる生産量を求めるための線形計画問題として,定式化したものはどれか。ここで,製品A,Bの生産量をそれぞれxトン,yトンとする。
 ア 条件 4x+8y≧40       イ 条件 4x+8y≦40
      9x+6y≧54            9x+6y≦54
      x≧0,y≧0            x≧0,y≧0
   目的関数 2x+3y → 最大化    目的関数 2x+3y → 最大化

 ウ 条件 4x+9y≧40       エ 条件 4x+9y≦40
      8x+6y≧54            8x+6y≦54
      x≧0,y≧0            x≧0,y≧0
   目的関数 2x+3y → 最大化    目的関数 2x+3y → 最大化

【解答】

正解:イ

原料Pの制約式
  Aをx個生産するにはPは4x必要
  Bをy個生産するにはPは8y必要
  Pの使用可能量は40
 → 4x+8y≦40 ・・・イが○
参照:「線形計画法の定式化と図式解法」

問76

図の損益計算書における経常利益は何百万円か。ここで,枠内の数値は明示していない。
                 単位 百万円
           損益計算書
           ─────
     1.売上高          1,585
     2.売上原価          951
                   ─────
                   [   ]
     3.販売費及び一般管理費    160
                   ─────
                   [   ]
     4.営業外収益          80
     5.営業外費用         120
                   ─────
                   [   ]
     6.特別利益           5
     7.特別損失           15
                   ─────
                   [   ]

 ア 424  イ 434  ウ 474  エ 634

【解答】

正解:イ

売上高          1,585
売上原価          951
            ─────
            [ 634 ] 売上総利益
販売費及び一般管理費    160
            ─────
            [ 474 ] 営業利益
営業外収益          80
営業外費用         120
            ─────
            [ 434 ] 経常利益・・・イが○
特別利益           5
特別損失           15
            ─────
            [ 424 ] 税引前利益
参照:「財務・会計の基礎」

問77[ad081-65]

図は二つの会社の損益分岐点を示したものである。A社とB社の損益分析に関する記述のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:イ


ア・エは×。イは○。図は両社の売上高を同じにしたときを示す。その利益の大小からわかる。
ウは×。図の利益が同じにするには,B社の売上高をさらに大きくする必要がある。
参照:「財務・会計の基礎」(kj-kaikei-kiso

問78[ad061-78]

著作権法によるソフトウェアの保護範囲に関する記述のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

アは×:基本プログラムも保護対象。権利は使用権だけで著作権の移転は伴わない。
イは×:解法やプログラム言語は保護対象外
ウは×:プログラムそのものは保護対象
エは○:
参照:「プログラムと著作権」(std-chosakuken-program

問79

事業者の取り扱う商品やサービスを,他者の商品やサービスと区別するための文字,図形,記号など(識別標識)を保護する法律はどれか。
 ア 意匠法   イ 商標法   ウ 特許法   エ 著作権法

【解答】

正解:イ

アは×。商品のデザイン等
イは○。図形(マーク)や記号(屋号や紋章)は意匠法ではなく商標法
ウは×。参照「特許法」
エは×。著作権は産業財産権には入らない。
参照:「知的財産権の体系」

問80

製造物責任法の対象となる制御用ソフトウェアの不具合はどれか。ここで,制御用ソフトウェアはエレベータの制御装置に組み込まれているものとする。
 ア エレベータの待ち時間が長くなる原因となった不具合
 イ エレベータの可動部分の交換を早める原因となった不具合
 ウ エレベータメーカの出荷作業の遅延の原因となった不具合
 エ 人的被害が出たエレベータ事故の原因となった不具合

【解答】

正解:エ

製造物責任法(PL法,product liability):製造物の欠陥によって,人の生命,身体又は財産に係る被害が生じた場合は,過失の有無にかかわらず,製造業者に賠償責任があることを定めた法律
ア・イ・ウは×。この程度では,人の生命,身体又は財産に係る被害とはいえない。
エは○。