Web教材一覧ハードウェアとソフトウェア

フェイルセーフなど

キーワード

フールプルーフ、フォールトトレラント、フェールセーフ、フォールバック


システムにトラブルが発生しないようにすること、発生したときに安全が保たれるようにすることなどの工夫が求められます。

フールプルーフ
文字通りには「バカ防止」です。入力方法や指示方法を工夫して、不特定多数の人が操作しても,誤動作が起こりにくいように設計することです。
フォールトトレラント
システムを構成する要素のうち,信頼性に大きく影響するものを複数備え,システムの信頼性を高めることです。以下の手段の総称ともいえます。
フェールセーフ
列車にトラブルが起こったときは停止するというように、機器が故障したり人間が操作の間違いを犯したりしても,安全だけは確保することです。
フォールバック
障害発生装置を切り離して機能低下しても重要機能を存続させて稼動すること(縮退運転)。あるいは、代替となる機能に切り替えることです。回線の状態が悪い場合には、モデムは最高速から通信速度を落として、通信自体は続行できるようにするのがこれに当たります。システム構成では、故障しても機能を低下させないデュアルシステムがこれに当たります。
フェールソフト
故障個所を切り離して,性能低下しても縮退運用して、必要な機能を維持しシステム全体停止を回避する機能。デュープレックスがこれに当たります。
フェールオーバー
デュープレックスシステムにおいて、待機系への切替を自動的に行うこと。これに対して、人間が切り替えることをスイッチオーバーといいます。
フォールトアボイダンス
失敗や障害の要素を完璧な精度にしたり十分に訓練したりして、失敗や障害を発生させないようにすることです。高品質の部品を用いること、故障の生じにくい設計をすること、運用で定期保守の配慮をすることなどがあります。