Web教材一覧システムの活用会計

損益分岐点

キーワード

損益分岐点,売上高,変動費,固定費,利益、変動費率


損益分岐点

費用には,原料や加工費のように,販売数量すなわち売上高に関係する変動費と,一般管理費や固定資産のように,売上高とは無関係に発生する固定費があります。
 会計上の区分がそのまま変動費/固定費の区分にすることはできませんし,変動費が必ずしも売上高に比例するとは限りませんが,話を簡単にするために
   変動費=売上高に比例
   固定費=売上高に関係なく一定
であると仮定します。

売上高と変動費,固定費,利益の間には
   売上高=利益+変動費+固定費    ・・・ ①
の関係があり,下図のようになります。

損益分岐点図

この図からもわかるように,固定費により,売上高が小さいと損失になり,利益を得るためには売上高を大きくする必要があります。そして,損益が0になる点を損益分岐点といい,そのときの売上高を損益分岐点売上高といいます。

変動費率=変動費/売上高  → 変動費=変動費率×売上高  ・・・ ② と定義します,変動費は売上高に比例すると仮定しましたが,その比例係数が変動費率です。
 ①と②から,
   売上高=(利益+固定費)/(1-変動費率)   ・・・ ③
となり,損益分岐点では利益=0なので,
   損益分岐点売上高=固定費/(1-変動費率)   ・・・ ④
となります。