スタートページWeb教材一覧システム調達

運用外部委託の種類

キーワード

ハウジング、ホスティング、ASP、SaaS、BPO


ITや業務の外部委託には多様な形態があります。それを簡単に区分すると図のようになります。

ハウジング
自社でサーバを設置して運営するためには、管理担当者が必要になります。特にインターネットに接続しているサーバを自社に設置すると、セキュリティ対策のための技術者が必要になります。自社専用のサーバをベンダのセンターに設置して、その運営や監視をベンダに委託する形態をハウジングといいます。
ホスティング
ベンダが所有するサーバの資源を多数のユーザが共同利用する形態です。サーバの利用時間やディスク容量などに応じて課金されます。特に大量データの保管用にディスク容量を貸し出すことをオンラインストレージサービスといい、その場所をデータセンターといいます。特にインターネット接続を前提とて、サーバ運用に支障を来さないように多様な設備や監視体制を整えたものをIDC(Internet Data Center)といいます。
なお、個人や中小企業にWebサーバなどを貸し出すサービスをレンタルサーバといいます。
ASP、SaaS、クラウドコンピューティング
ASP(Application Service Provider)、SaaS(Software as a Service)。単にハードウェアを借りるのではなく、ベンダがもつアプリケーション(ソフトウェア)も共同利用する形態です。これらは、ほぼ同じようなものだといえます(参照:「SaaS/クラウドコンピューティングの概要」)。
BPO
BPO(Business Process Outsourcing)とは、自社の業務の一部を外部の専門業者に企画・設計・運営まで一括して委託することです。人事、営業、物流などのサービス分野での利用が行われるようになってきました。アウトソーシングの一種だともいえますが、企画業務までの一切を委託するようなBPOもあります。

理解度チェック: 正誤問題
過去問題