スタートページWeb教材一覧システム調達

クラウドコンピューティング


クラウドサービスの種類

サービス内容による区分

クラウドコンピューティングは、クラウド(ネットワーク、ベンダ)にあるコンピュータリソースを利用する形態ですが、多様な形態があります。すなわち、SaaSを含む、より広い概念だといえます。

IaaS(Infrastructure as a Service)
HaaS(Hardware as a Service)ともいいます。主にハードウェアの提供で、ベンダのサーバやストレージ(磁気ディスク)を時間借りすることです。
 企業を対象に超大量なストレージ、検索機能、セキュリティ機能をもったサービスへと発展してきました。データセンターがインターネットになったともいえます。また、ホスティングサービスのことだともいえますが、仮想化技術を活用して、資源をダイナミックに変動できることが特徴です。
SaaS(Software as a Service)
 ベンダが用意した業務単位の標準的な情報システム(サービス)をクライアントからインターネットを介して利用する形態です。利用者数や利用頻度で課金されます。SaaSは、クラウドコンピューティングの中心になるもので、狭義のクラウドコンピューティングだともいえます。
PaaS(Platform as a Service)
プラットフォームとは、開発環境のことです。クラウド環境でもユーザが独自のアプリケーションを開発する場合があります。それに必要なツールを一式提供する形態です。
DaaS(Desktop as a Service)
個人用のデスクトップ環境をクラウド上に構築し、ネットワーク越しにその環境を呼び出して利用することを提供するサービスです。表計算ソフトやワープロソフトなどのオフィス業務、営業部員なら受注の入力システムなどのソフトウェアをすべてクラウド側で用意します。PaaSがIT専門家を対象にしているのに対して、DaaSは一般社員を対象にしているような違いです。
 DaaSに似た形態に仮想デスクトップ(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)があります。これは、企業内のサーバに各利用者のパソコン環境をおき、各利用者は単機能のパソコンとサーバを接続することにより、自分専用のパソコンのように使えます。DaaSはVDIをクラウドにしたものだといえます。

運営主体やサービス対象による区分

パブリッククラウド(ホステッド型クラウド)
クラウドコンピューティングのうち、ベンダ側にクラウド用サーバを設置し、多くの企業にサービスする形態です。すべての環境がベンダ側にあります。一般にクラウドサービスというとき、この形態をさすことが多いです。
プライベートクラウド(オンプレミス型クラウド)
企業内にクラウド用のサーバを設置する形態です。自社で「所有」することになり、サービスのシステムも自社で構築することになります。それを構築するためのツールが提供されるようになりました。
パーソナルクラウド
パブリッククラウドのうち、主に個人向けのサービスをするものです。写真や動画を預かる、表計算ソフトやワープロソフトをインターネットで使える(パソコンには持たない)、電子メールの送受信や保管といった多様なサービスが普及しています。これに関しては別章「個人向けクラウドサービス」を参照してください。

クラウドサービスの動向

クラウドコンピューティングの発展

クラウドコンピューティングは急速に発展しつつあります。クラウドコンピューティングの発展を、アプリケーション開発環境の観点を中心にみると、次のようになります。

以前から、Webサービスやマッシュアップという形態がありました。地図や予約のサービスをしているサイトが、それを利用するAPI(Application Program Interface)を公開して、それらのサービスの上に新たなサービスを構築できるという形態です。
 これが発展すると、APIだけでなく、それを簡単に利用できるツールも提供されるようになりました。
 しかしこの段階では、開発したアプリケーションは開発者のWebサーバで稼働することになります。クラウドコンピューティングでは、稼働環境もインターネット側におかれます。それにより、ベンダが提供する多様な機能を自動的に活用することができます。

クラウドアプリケーション間発環境の代表例

企業などが新規のアプリケーションを開発するのを支援する環境のを提供するものです。

Google App Engine
グーグルはGoogle Map(地図)のAPIを公開して、地図上にレストランの位置を組み込み、レストランのWebサイトへリンクするアプリケーションができるようなサービスをしてきました。それらを発展させたのがGoogle App Engine(以下GAEという)です。
GAEでは、データベースをアクセスするDatastore API、メールの送信を行うMail API、画像の回転やリサイズを行うImages APIなど、多様な機能を提供しています。開発者はそれらの機能を組み合わせて、アプリケーションを構築できますし、そのままグーグルの検索エンジンにより、多数の利用者に公開することができます。
Amazon EC2(Elastic Compute Cloud)
アマゾンも従来から図書検索情報のAPIを公開するなどのサービスをしてきましたが、Amazon EC2(以下EC2という)では、特定の分野に限定しないクラウドコンピューティング環境を提供しています。
EC2の特徴は、汎用的な開発環境を提供することにあります。GAEは、独自のフレームワークのなかにOSや開発言語を隠ぺいしており、機能をWebアプリケーション開発に特化しています。それに対してEC2は、仮想化技術により、OSや開発言語を特定しないで開発する環境にしています。
Microsoft Office 365
Microsoft Officeと、サーバ製品であるExchange Server、SharePoint Server、Lync Server) をマイクロソフトがホスティングして提供するクラウド サービスです。自社サーバを設置することなしに、最新のクラウドサーバ環境を得ることができます。

理解度チェック: 正誤問題選択問題
過去問題