スタートページWeb教材目次選択肢試験目次

ad072 初級シスアド午前問題 平成19年度秋期


問1

キャッシュメモリの効果として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ア

キャッシュメモリは、イ~エのような命令実行には無関係
参照:「記憶階層とキャッシュメモリ」(hs-kioku-kaisou

問2

1セクタが512バイトの磁気ディスクを,28ビットで表すセクタ番号で管理するとき,最大何Gバイトの容量まで管理できることになるか。ここで,512×221を1Gバイトとする。
 ア 32    イ 64    ウ 128    エ 256

【解答】

正解:ウ

28ビットで表現できるセクタ数=228
その容量は、512×228バイト
=512×221×2=2Gバイト=128Gバイト
参照:数値単位と物理単位(hs-tani)

問3

周辺機器との接続インタフェースであるIEEE1394とUSBの両方に共通する特徴はどれか。
 ア コンピュータや機器の電源を入れたままでも,機器の着脱が可能である。
 イ 最大転送速度が,100Mビット/秒である。
 ウ 接続する機器ごとに,重複しないIDを設定する必要がある。
 エ 複数のデータ線をもち,転送方式がパラレル転送である。

【解答】

正解:ア

IEEE1394とUSBの共通特徴
  ホットプラグ
  シリアルポート
  ツリー分岐接続
参照:「パソコンと周辺装置の接続」(hs-shuhen-interface

問4

多くの周辺機器を,ハブを使ってツリー状に接続できるインタフェース規格はどれか。
 ア IDE    イ RS-232C    ウ SCSI    エ USB

【解答】

正解:エ

IDE(Integrated Drive Electronics)内蔵磁気ディスクの接続方式
RS-232C:プリンタ、モデム、スキャナなどにシリアル接続。周辺機器は一つ
SCSI:周辺機器をチェーン状に接続
参照:「パソコンと周辺装置の接続」(hs-shuhen-interface

問5

電圧を加えると自ら発光するのでバックライトが不要であり,低電圧駆動,低消費電力を特徴とするものはどれか。
 ア CRT    イ PDP    ウ TFT液晶    エ 有機EL

【解答】

正解:エ

自ら発光→CRT、PDP(Plasma Display Panel)、有機EL
低電圧駆動,低消費電力→TFT液晶、有機EL
参照:「ディスプレイ」(hs-display

問6[ad061-05]

問7

仮想記憶方式によって得られる効果はどれか。
 ア 主記憶の実効アクセス速度が速くなる。
 イ 主記憶の見かけの容量が拡大する。
 ウ 消費電力が少なくなる。
 エ 電源を切っても主記憶の情報が消えなくなる。

【解答】

正解:イ

アはキャッシュメモリ
参照:「仮想記憶方式」(hs-kasou-kioku

問8

三つのジョブA~Cのプリンタ出力をスプーラ経由で行う。各ジョブは,同時に処理を開始し,Aは10秒後,Bは70秒後,Cは80秒後に処理を終了し,プリンタ出力要求を発行する。スプーラは,処理要求を受け付けた後,プリンタ出力が終われば次のプリンタ出力を開始する。プリンタへの出力時間はどのジョブも30秒である。すべてのプリンタ出力が完了するのは,ジョブが開始してから何秒後か。
 ア 100    イ 110    ウ 120    エ 130

【解答】

正解:エ

問9

A,Bというディレクトリ名をもつ複数個のディレクトリが図の構造で管理されている。

 

カレントディレクトリを ¥A¥B → .. → ..¥B → .¥A の順に移動させた場合,最終的なカレントディレクトリはどこか。ここで,ディレクトリの指定方法は次のとおりとする。
〔ディレクトリの指定方法〕

ア ¥A   イ ¥A¥A   ウ ¥A¥B¥A   エ ¥B¥A

【解答】

正解:エ

問10

データ管理ユーティリティの一つである,アーカイバの機能を説明したものはどれか。

【解答】

正解:イ

アはパーティション
イはアーカイブ。まとめるときに圧縮することもある
ウはプロテクト
エはデフラグ

問11

クライアントサーバシステムを構築する。ブラウザによってクライアント処理を行う場合,専用のアプリケーションによって行う場合と比較して,最も軽減される作業はどれか。
 ア クライアント環境の保守  イ サーバが故障したときの復旧
 ウ データベースの構築    エ ログインアカウントの作成と削除

【解答】

正解:ア

シンクライアントの特徴
クライアントにはブラウザ以外のソフトを持たない
→ソフトの管理が不要
参照:「インターネットによるTCOの削減」( kj1-inet-tco

問12[ad061-12]

問13

スループットに関する記述のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

スループットとは,単位時間当たりに処理される仕事量
参照:「スループット,応答時間」(hs-response-tat

問14[fe121-18]

ベンチマークテストの説明として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:イ

アは×。性能監視プログラムによるモニタリング
イは○。SPEC,TPCなどが代表的
ウは×。シミュレーション
エは×。ギプソンミックス・コマーシャルミックスなど
参照:「コンピュータの性能評価方法」

問15

PCと2台の装置A,Bで構成されるシステムを考えるとき,そのシステム全体の稼働率を表す式が,
 1-(1-装置Aの稼働率)×(1-装置Bの稼働率))
となるものはどれか。ここで,PCの故障は考慮しないものとする。

【解答】

正解:ウ

並列接続の稼働率を表す式。
A・Bのうちどちらか一方が稼働していれば,全体として稼働している構成。
一方が故障したら全体が使えないのは直列接続
参照:「システムの信頼性」(hs-shinraisei

問16

DHCPを説明したものはどれか。
 ア IPアドレスからMACアドレスを取得するためのプロトコルである。
 イ IPアドレスからホスト名を取得するためのプロトコルである。
 ウ IP通信においてエラー通知や通信状態の診断に使用されるプロトコルである。
 エ LANに接続する端末に,アドレスプールからIPアドレスを割り振るためのプロトコルである。

【解答】

正解:エ

アはARP(Address Resolution Protocol)
イはDNS(Domain Name System)
ウはping
エはDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)
参照:「ネットワーク層とIP」(nw-ip)

問17[ad061-17]

問18[ad042-17]

問19[sd05-07]

問20

データマイニングの説明として,適切なものはどれか。
 ア 大量のデータを高速に検索するための並行的アクセス手法
 イ 大量のデータを統計的,数学的手法で分析し,法則や因果関係を見つけ出す技術
 ウ 販売実績や製造実績などの時系列データを大量に蓄積するデータベースの保存手法
 エ ユーザの利用目的に合わせて,部門別のデータベースを作成する技術

【解答】

正解:イ

イがデータマイニング
インモンのデータウェアハウスの定義
  目的別(エ)、統合化、時系列(ウ)、非更新
アはデータマイニングやデータウェアハウスが実用化した技術
参照:「データマイニング」(kj3-datamining)

問21

2007年10月21日という日付データを,20071021のように8けたの10進数として,データベースに格納してある。この数値(D)を読み込んで月の部分を取り出すには,どの計算式を用いればよいか。ここで,x/yはxをyで割った商(小数部分は切捨て)を,x%yはxをyで割った余りを表すものとする。
 ア (D%10000)%100  イ (D%10000)/100
 ウ (D/10000)%100  エ (D/10000)/100

【解答】

正解:イ

(D%10000)=1021 月の部分がある
(D/10000)=2007 月の部分がない→×
ア=1021%100=21→日 ×
イ=1021%100=10→月 ○

問22

Javaのプログラムにおいて,よく使われる機能などを部品化し,再利用できるようにコンポーネント化するための仕様はどれか。
 ア Java Beans イ Java Script ウ Javaアプリケーション エ Javaアプレット

【解答】

正解:ア

ウ Javaアプリケーション:Java言語で作成されたプログラム
ア Java Beans:部品化されたコンポーネント
エ Javaアプレット:小さなプログラムでクライアントで実行
イ Java Script:HTML内に記述したスクリプト言語
参照:「プログラミング言語の発展」(hs-prog-language

問23

文書中にタグを挿入することによって,文書の構造を記述できる言語はどれか。
 ア スキーマ言語 イ スクリプト言語 ウ スタイル指定言語 エ マークアップ言語

【解答】

正解:エ

タグによる文書構造=マークアップ言語=HTML、SGML、XMLなど
ア スキーマ言語:データベースの記述
イ スクリプト言語:HTMLに組み込まれたJava Scriptなど
ウ スタイル指定言語:HTMLの体裁を記述するCSSなど
参照:「マークアップ言語」( nw-markup-language

問24[ad031-27]

問25

グループウェアに適している処理はどれか。
 ア 期末試験の得点集計処理  イ 月末の売上集計処理
 ウ 航空管制処理       エ 社内の会議室の予約処理

【解答】

正解:エ

グループウェアの特徴
  計算処理を目的としていない
  利用はグループに任される
用途:電子メール、電子掲示板、カレンダー(エ)など
参照:「グループウェアの機能」(kj3-groupware-kinou)、 「コミュニケーションシステムの特徴」(kj3-tokucho-groupware

問26[ad051-28]

問27[sd02-13]

問28

E-R図が示すものはどれか。
 ア エンティティ間の関連
 イ エンティティの型とインスタンスの関連
 ウ データとプロセスの関連
 エ プロセス間の関連

【解答】

正解:ア

E:実体(エンティティ)
R:関連(リレーションシップ)
参照:「ERモデル」(db-ermodel

問29[ad052-33]

問30

システム開発における設計作業のうち,外部設計工程で行うものはどれか。
 ア サブシステムをプログラム単位まで分割したときのプログラム間のデータの流れの設計
 イ システムで使用するデータの識別や分類・配列を容易にするためのコードの設計
 ウ ハードウェアの特性を生かしたファイルやデータベースの物理的な設計
 エ プログラムのテスト計画やテストケースの設計

【解答】

正解:イ

アは内部設計(プログラムの観点)
イは外部設計(業務の観点)
ウは内部設計
エはテスト
参照:「システム開発のライフサイクル」(kj2-life-cycle

問31[ad041-37]

問32

ある販売会社では,本社に設置したサーバのデータを自社ネットワークを介して,全国の事業所に提供するアプリケーションを開発している。システムテストを本社内のLAN環境で行うとき,この環境下のテストでは検証することが困難な項目はどれか。ここで,自社ネットワークは,本社及び各事業所内のLANと,本社と各事業所とを接続する通信回線とから構成されている。
 ア アプリケーションプログラムの処理時間
 イ 応答時間
 ウ サーバが過負荷時の画面の動作
 エ サーバの処理能力

【解答】

正解:イ

全国事業所とLANの違い=本社と各事業所とを接続する通信回線
これの影響=ネットワークの混雑度=応答時間

問33

プログラムテストの管理図において,図のようにすべての線が横ばい状態になった。この状況から推測できることとして,適切なものはどれか。

 ア 解決困難なバグに直面しており,その後のテストが進んでいない。
 イ テスト項目の消化実績が上がっており,バグの発生がなくなった。
 ウ バグが多発し,テスト項目の消化実績が上がらなくなった。
 エ バグ発生とテスト項目消化の比率が一致し,未解決バグがなくなった。

【解答】

正解:ア

アは○。
 未消化テスト項目数が0に近づかず横ばい→テストが進んでいない
 未解決バグ数はやや増加したままで横ばい→バグの解決が進んでいない
イは×。未消化テスト項目数が右下がりになっていない
ウは×。検出バグ数が増加していない
エは×。未解決バグが0になっていない
参照:「テストの方法」( kj2-test-kiso

問34

次のアローダイアグラムで表される作業A~Hを見直したところ,作業Dだけが短縮可能であり,その所要日数を6日間にできることが分かった。業務全体の所要日数は何日間短縮できるか。ここで,矢印に示す数字は各作業の標準日数を表す。

ア 1    イ 2    ウ 3    エ 4

【解答】

正解:ウ

クリティカルパスはA→C→D→E→H(31日)
Dを3日短縮すると、
A→C→D→E→H(28日)
A→C→F→H(28日)
がクリティカルになる。
これ以上Dを短縮してもA→C→F→Hは短縮できない。

参照:CPM(or-pt-cpm)

問35

工程管理図表に関する記述のうち,ガントチャートの特徴はどれか。
 ア 工程管理上の重要ポイントの把握に適しており,個人の進捗管理などに用いられる。
 イ 個々の作業の順序関係,所要日数,余裕日数などが把握できる。
 ウ 作業開始と作業終了の予定と実績や,作業中の項目などが把握できる。
 エ 作業の出来高の時間的な推移を表現するのに適しており,費用管理と進捗管理が同時に行える。

【解答】

正解:ウ

アは作業管理表
イはPERT
ウはガントチャート→参照:「グラフ」(kj-graph-kiso)
エはEVM→参照:「EVMの概要」(std-evm-gaiyou)

問36

あるシステムを開発するために工数を見積もったところ150人月であった。現在までの投入工数は60人月で,完了率はシステム全体の3割となっており,進捗に遅れが出ている。今後とも同じ生産性が続くとすると.このシステム開発を完了させるには,見積り工数を何人月分超過するか。
 ア 50   イ 90   ウ 105   エ 140

【解答】

正解:ア

現在の進捗=150[人月]×3割=45[人月]
現在の工数=60[人月]
完成までの工数=150[人月]×(60/45)=200[人月]
超過=200-150=50[人月]

問37

ソフトウェアの開発規模をファンクションポイント法で見積もる場合の要素の一つはどれか。
 ア 開発者の能力レベル      イ 開発ソフトウェアの総ステップ数
 ウ 開発ソフトウェアの入出力数  エ 開発で使用する言語

【解答】

正解:ウ

ア・エはCOCOMO法
イはLOC法
ウはファンクションポイント法
  外部入力、外部出力、内部論理ファイル、外部インタフェース、外部照会
参照:「システム規模と工数把握技法」(kj2-kousu

問38[sd05-20][ad032-43]

問39

システムのコストを表すTCOの意味として,適切なものはどれか。
 ア 業務システムの開発にかかわる総コスト
 イ システム導入から運用及び維持・管理までを含めた総コスト
 ウ システム導入時の総コスト
 エ 通信・ネットワークシステムの総コスト

【解答】

正解:イ

TCO(Total Cost of Ownership)
ハードウェアやソフトウェアの導入から運用管理までを含んだ総コスト
参照:「TCO」(kj1-tco

問40[su03-14]

問41

ハードウェア保守作業の実施に対する考え方として,適切なものはどれか。
 ア 異常が発生したときにだけ,保守作業を行う。
 イ 異常が発生していなくても,計画的に保守点検を行う。
 ウ “いつもより動作音が大きく感じる”などの感覚的な変化があっても,定期点検まで待つ。
 エ 機械的動作を伴う,プリンタやストレージだけに必要である。

【解答】

正解:イ

イの定期保守が重要。従ってアは×
ウは×。何らかの故障の前兆
エは×。電子的故障もある

問42[sd05-24]

問43[ad041-49]

問44[ad031-50]

問45

HTMLによるハイパテキストの特徴として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

アは×。任意のファイルにリンク可能
イは×。相対指定
ウは×。リンクは一方向
エは○。
参照:「HTMLの構造」( nw-html-kouzou)、 「ディレクトリとリンク」( nw-html-link

問46[ad042-52]

問47[sd02-28]

問48

外部からの給電の瞬断対策はどれか。
 ア UPSの設置 イ 自家発電装置の設置 ウ 分電盤の二重化 エ 変圧器の二重化

【解答】

正解:ア

UPS(Uninterruptible Power Supply)バッテリーにより瞬断の影響を回避
自家発電装置は長時間対策

問49[ad031-57]

問50[su05-26]

問51

SSL/TLSを利用することによって実現できるものはどれか。
 ア クライアントサーバ間の通信の処理時間を短縮する。
 イ クライアントサーバ間の通信を暗号化する。
 ウ ブラウザとWebサーバの通信の証跡を確保する。
 エ メールソフトからWebサーバへのSMTP接続を可能にする。

【解答】

正解:イ

SSL(Secure Sockets Layer):認証機能と暗号化通信機能
TLS(Transport Layer Security)は,SSLの発展バージョン
参照:「SSL」(sec-ssl

問52[sd03-30]

問53

セキュリティ状況の把握,リスク分析,セキュリティ対策の計画,セキュリティ対策の実施のプロセスにおいて,リスク分析で得られる結果はどれか。
 ア 洗い出した脆弱性
 イ 組み込まれたセキュリティコントロール
 ウ セキュリティ仕様
 エ 損失の大きさ

【解答】

正解:エ

アはセキュリティ状況の把握
イはセキュリティ対策の実施
ウはセキュリティ対策の計画
エはリスク分析
参照:「リスク分析の手順」( sec-risk-bunseki

問54[su07-36]

機密データの漏えいを検知することを目的とした対策はどれか。
 ア 機密データにアクセスできる利用者を限定し,パスワード管理を徹底させる。
 イ 機密データに対する利用者のアクセスログを取り,定期的にチェックする。
 ウ 機密データの取扱マニュアルを作成し,利用者に対して教育を行う。
 エ 機密データのバックアップを取得し,その媒体を安全性の高い場所に保管する。

【解答】

正解:イ

漏洩検知:アクセスログの分析。不審データを発見

問55

JIS Q9001(ISO 9001)に基づく品質マネジメントシステムの運用に関する記述のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

一般にマネジメントシステムでは、状況に合致した基準を作成すること、状況変化に伴いPDCAにより逐次改善することが必要
参照:「ISO 9001(JIS Q 9001)」(std-iso9001)、「ISO/JISの解説」(std-iso-jis-kaisetu

問56[ad061-57]

問57

ソフトウェア開発工程を評価・改善するに当たって使用できる成熟度モデルはどれか。
 ア CMMI   イ MBNQA   ウ SLA   エ SLCP

【解答】

正解:ア

CMMI(Capability Maturity Model Integration)ソフトウェア開発の成熟度
→参照「CMM/CMMI」( std-cmm
MBNQA(The Malcolm Baldrige National Quality Award)
  マルコム・ボルドリッジ全米品質賞(経営品質)
  日本ではJQA(Japan Quality Award)日本経営品質賞
SLA(Service Level Agreement)システム提供者と発注者のサービスレベル合意
→参照「SLA/SLM」( std-sla
SLCP(Software Life Cycle Process )共通フレーム2007
→参照「共通フレーム2007」( std-kyotu-frame

問58[su07-39]

コンピュータで使われている文字コードの説明のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ア

アは○
イは×。漢字の規定あり EUC-JP
ウは×。EDCDICの説明
エは×。EUCの説明
参照:「データの内部表現(文字列)」(hs-naibu-moji

問59[su05-39]

問60

QRコードの特徴はどれか。
 ア 3個の検出用シンボルで,回転角度と読取り方向が認識できる。
 イ 最大で英数字なら128文字,漢字なら64文字を表すことができる。
 ウ バイナリ形式を除いた文字をコードで表現することができる。
 エ プログラム言語であり,携帯電話で実行できる。

【解答】

正解:ア

アは○。3隅に目立つシンボルがある
イは×。最大7,089文字程度
ウは×。バイナリデータも取り扱える
エは×。データの表示形式
参照:「QRコード」(kj3-code-qr

問61[su07-41]

企業経営で用いられるベンチマーキングを説明したものはどれか。

【解答】

正解:ウ

ア・イは×:BPR→参照:「BPR」(kj1-bpr
エは×:コア・コンピタンス→参照:「コア・コンピタンスとアウトソーシング」(kj1-core-competance
ウは○

問62

図に示すマトリックス表を用いたポートフォリオ類型によって,事業計画や競争優位性の分析を行う目的はどれか。

【解答】

正解:イ

この図はPPM。各分野に対応した戦略
参照:「PPM」(kj1-ppm)

問63

CRMの目的はどれか。
 ア 顧客ロイヤルティの獲得と顧客生涯価値の最大化
 イ 在庫不足による販売機会損失の削減
 ウ 製造に必要な資材の発注量と発注時期の決定
 エ 販売時点での商品ごとの販売情報の把握

【解答】

正解:ア

CRM(Customer Relationship Management)顧客満足度を高める営業支援
顧客生涯価値(LTV:life time value)向上もその一つ。
→参照:「SFAとCRM」(kj3-sfa-x)
イは在庫管理の最適化、需要予測など
ウはMRP(所要資材計画)
→参照:「MRP:所要資材計画」(kj3-seizogyo-mrp)
エはPOS

問64

損益計算書を説明したものはどれか。
 ア 一会計期間内の資金の変動を,営業・投資・財務の3領域の活動で示したもの
 イ 一会計期間に属するすべての収益と費用を記載し,算出した利益を示したもの
 ウ 一定期間における,現金・預金の収入・支出を示したもの
 エ 会計期間末日時点でのすべての資産,負債,株主資本などを記載したもの

【解答】

正解:イ

アは×。
イは○。
ウは×。収益・費用と収入・支出は異なる
エは×。貸借対照表
参照:「財務・会計の基礎」(kj-kaikei-kiso

問65

損益計算資料から求められる損益分岐点売上高は,何百万円か。
                  百万円
      売上高       500
      材料費(変動費)  200
      外注費(変動費)  100
      製造固定費     100
      総利益       100
      販売固定費      80
      利益         20

 ア 225   イ 300   ウ 450   エ 480

【解答】

正解:ウ

売上高=500[百万円]
変動費=材料費+外注費=200+100=300[百万円]
固定費=製造固定費+販売固定費=100+80=180[百万円]
損益分岐点=固定費÷(1-変動費÷売上高)
  =180÷(1-300÷500)=450[百万円]
参照:「財務・会計の基礎」(kj-kaikei-kiso)

問66[ad061-68]

 

問67

ある商品の前月繰越と受払いが,表のとおりであるとき,総平均法によって算出した売上原価は何円か。
                 個数(個)  単価(円/個)
   10月 1日  前月繰越   100    200
   10月 5日  仕入      50    250
   10月15日  売上      70
   10月20日  仕入     100    300
   10月25日  売上      60

   ア 27,500   イ 30,000   ウ 32,500   エ 34,500

【解答】

正解:ウ

仕入総額=(100×200)+(50×250)+(100×300)=62,500[円]
仕入単価=仕入総額/仕入個数=62,500/250=250[円/個]
売上原価=仕入単価×売上個数=250×130=32,500[円]
参照:「財務・会計の基礎」(kj-kaikei-kiso)

問68

ABC分析を説明したものはどれか。

【解答】

正解:エ

アはデータマイニングのバスケット分析
イ・ウは市場分析の一
エはABC分析
参照:「ABC分析と発注方式の選択」(or-zk-abc)

問69[ad042-71]

問70

昨年度と今年度の入社試験問題を比較するために,多数の社員に両年度の問題を解答させた。昨年度の問題の得点をx軸に,今年度の問題の得点をy軸にとって,相関係数と回帰直線を求めた。〔結果〕から分かることはどれか。
〔結果〕
 相関係数は,0.8であった。
 回帰直線の傾きは,1.1であった。
 回帰直線のy切片の値は,10であった。

【解答】

正解:ウ

アは×。回答者の関係はとられていない
イは×。1.1x+10になる
ウは○
エは×。質には無関係
参照:「最小自乗法」(stat-saisyo-jijoho

問71

良品である確率が0.9,不良品である確率が0.1の外注部品について,受入検査を行いたい。受入検査には四つの案があり,それぞれの良品と不良品1個に掛かる諸費用は表のとおりである。期待費用が最も低い案はどれか。
        案 良品に掛かる費用 不良品に掛かる費用
      A     0       1500
      B    40       1000
      C    80        500
      D   120        200

 ア A    イ B    ウ C    エ D

【解答】

正解:ウ

A案:  0×0.9+1500×0.1=150
B案: 40×0.9+1000×0.1=136
C案: 80×0.9+ 500×0.1=122 ←最低
D案:120×0.9+ 200×0.1=128
参照:「期待値」( or-dm-kitaichi

問72[ad031-73]

問73

“1次式で表現される制約条件の下にある資源を,どのように配分したら最大の効果が得られるか”という問題を解く手法はどれか。
 ア 因子分析法  イ 回帰分析法  ウ 実験計画法  エ 線形計画法

【解答】

正解:エ

参照:「線形計画法の概要」( or-lp-intro

問74[ad041-74]

問75

“カンバン方式”を説明したものはどれか。

【解答】

正解:ウ

カンバン方式、トヨタ生産方式、JIT(Just In Time)
参照:「トヨタのかんばん方式」( kj3-toyota-kanban

問76

電子商取引に使用される,企業間でデータ交換を行う仕組みはどれか。
 ア CA   イ EDI   ウ SSL   エ XBRL

【解答】

正解:イ

ア CA:電子署名の認証局
イ EDI:オンラインデータ交換、その標準プロトコル
ウ SSL:セキュリティ通信
エ XBRL:企業の財務諸表などを記述するためのXML
   eXtensible Business Reporting Language

問77

A社は顧客管理システムの開発を,情報システム子会社であるB社に委託し,B社は要件定義を行った上で,設計・プログラミング・テストまでを協力会社であるC社に委託した。C社では優秀なD社員にその作業を担当させた。このとき,開発したプログラムの著作権はどこに帰属するか。ここで,関係者の間には,著作権の帰属に関する特段の取決めはないものとする。
 ア A社   イ B社   ウ C社   エ D社員

【解答】

正解:ウ

著作権は実際に作成した者に帰属→D社員
職務上作成する著作物の著作権は法人に帰属→C社
参照:「著作権の帰属」(std-chosakuken-kizoku)

問78[su02-44][su07-47]

問79[su03-44][su07-48]

問80

個人情報保護法の目的はどれか。

【解答】

正解:エ

第一条(目的),「この法律は(中略)個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的とする。」
参照:「個人情報保護法」(std-kojinjouhouhogo)


本シリーズの目次へ