CMM/CMMI<法規・基準<Web教材<木暮

Web教材一覧法規・基準

CMM/CMMI

キーワード

成熟度モデル、CMM、CMMI


1993年にカーネギメロン大学のソフトウェア工学研究所(SEI)は,国防総省が情報システムを発注する際にベンダのソフトウェア開発能力のレベルをアセスメントする基準の研究を行い,それを「ソフトウェアプロセス成熟度モデル(CMM:Capability Maturity Model)」として発表しました。

成熟度モデル

成熟度モデルは次の5レベル(0を加えて6レベル)を設定しており、このレベルをプロセスと呼んでいます。(詳細説明)
   レベル0  Non-Existent(存在しない)
   レベル1  Initial(初歩的)
   レベル2  Repeatable(繰り返し可能)
   レベル3  Defined(定義されている)
   レベル4  Managed(管理されている)
   レベル5  Optimized(最適化)
 このようなプロセスを段階型といいますが、CMMIでは、これを連続的にした連続型モデルも定められています。

CMMの構造

CMMは、プロセス改善を行うための手順を次のように示しています。

キープロセスエリア
それを含む成熟度レベルに到達するための主要な活動を特定するものです。たとえば、成熟度レベルに達成するには、要件管理、ソフトウェアのプロジェクト計画、進捗管理、外注管理、品質保証、構成管理の6つのキープロセスエリアがあります。
そして「ソフトウェア品質保証」では、次のようになっています。
<目的>
・使用しているプロセスや構築している製品の状況が管理者から見えるようにすること
<活動の概要>
・ソフトウェア製品や活動が、適用可能な手順や標準にしたがっていることを保証するために、製品や活動のレビューや監査を行う。
・このレビューや監査の結果をソフトウェアプロジェクトや他の適切な管理者に提供する。
ゴール
ゴールは、キープロセスが実践されているかをアセスメントするための視点です。
コモンフィーチャ
コモンフィーチャは、キープラクティスを設定するための切り口です。「実施される活動」「実施のコミットメント」「実施能力」「計測と分析」「履行検証」の5つの切り口があります。
キープラクティス
プロセス活動を効果的かつ効率的に推進するうえで何をしなければならないかを示したものです。このキープラクティスを実施することにより、ゴールが達成されます。

CMMの発展

このCMMは,その後,
  CMM-SW:ソフトウェアエンジニアリング(従来のCMM)
  CMM-SE:システムエンジニアリング
  CMM-IPD:統合プロダクトおよびプロセス開発
  CMM-SA:ソフトウェア調達能力
  CMM-PSP:個人のソフトウェアプロセス
  CMM-TSP:チームソフトウェアプロセス
など、多くの分野に拡大されました。
 そして,現在では、これらをを統合したCMMI(CMM Integration)に発展しています。


本シリーズの目次へ