スタートページWeb教材目次選択肢試験目次

fe111 基本情報処理技術者試験 平成23年度春期(特別試験)


テクノロジ系

[fe111-01][fe091-03]

     ──────────
 論理式(+B)・(A+)と等しいものはどれか。ここで,・は論理積,+は論理和,はXの否定を表す。

 ア A・・C  イ ・B+A・  ウ (A+)・(+C)  エ (+B)・(A+)

【解答】

正解:ア

ド・モルガンの公式
  X×Y
  X+Y×
の応用である。
──────────    ───   ───
+B)・(A+) = +B + A+  = A・ + ・C

参照:「論理演算」

[fe111-02]

三つの実数X~Zとそれぞれの近似値が次の場合,相対誤差の小さい順に並べたものはどれか。
    真の値  近似値
  X 1.01  1
  Y 1.97  2
  Z 5.05  5
 ア X,Y,Z  イ Y,Z,X  ウ Z,X,Y  エ Z,Y,X

【解答】

正解:エ

X |1.02-1|/1.01=0.020
Y |1.97-2|/1.97=0.015
Z |5.05-5|/5.05=0.010

[fe111-03]

表は,文字A~Eを符号化したときのビット表記と,それぞれの文字の出現確率を表したものである。 1文字当たりの平均ビット数はいくらになるか。
  文字 ビット表記 出現確率(%)
  A     0    50
  B    10    30
  C   110    10
  D  1110     5
  E  1111     5

 ア 1.6   イ 1.8   ウ 2.5   エ 2.8

【解答】

正解:イ

1×0.50+2×0.30+3×0.10+4×0.05+4×0.05=1.8(イ)

[fe111-04][fe141-05]

次の表は,文字列を検査するための状態遷移表である。検査では,初期状態をaとし,文字列の検査中に状態がeになれば不合格とする。
 解答群で示される文字列のうち,不合格となるものはどれか。ここで,文字列は左端から検査し,解答群中の△は空白を表す。
               文  字
         空白  数字  符号  小数点 その他
     a   a   b   c   d   e
 現在の b   a   b   e   d   e
 状態  c   e   b   e   d   e
     d   a   e   e   e   e

 ア +0010   イ -1   ウ 12.2   エ 9.△

【解答】

正解:ウ

ア 「+0010」
 現状態 文字 種類 新状態
  a  + 符号  c
  c  0 数字  b
  b  0 数字  b
  b  1 数字  b
  b  0 数字  b 合格
イ 「-1」
 現状態 文字 種類 新状態
  a  - 符号  c
  c  1 数字  b 合格
ウ 「12.2」
 現状態 文字 種類 新状態
  a  1 数字  b
  b  2 数字  b
  b  . 小数点 d
  d  2 数字  e 不合格
エ 「9.△」
 現状態 文字 種類 新状態
  a  1 数字  b
  b  . 小数点 d
  d  △ 空白  a 合格
参照:「オートマトンと状態遷移図」

[fe111-05]

空の2分探索木に,8,12,5,3,10,7,6の順にデータを与えたときにできる2分探索木はどれか。

【解答】

正解:エ


A(8):ルートが8になる。
B(12):8より大→8の右の子
C(5):8より小→8の左の子
D(3):8より小,5より小→5の左の子
E(10):8より大,12より小→12の左の子
F(7):8より小,5より大→5の右の子
G(6):8より小,5より大,7より小→7の左の子
エが○
参照:「木構造」

[fe111-06]

関数f(x,y) が次のように定義されているとき,f(775, 527) の値は幾らか。
 ここで,x mod y はxをyで割った余りを返す。
   f(x,y): if y=0 then return x else return f(y, x mod y)
 ア 0   イ 31   ウ 248   エ 727

【解答】

正解:イ

f(775, 527) = f(527, 775 mod 527) = f(527, 248)
 = f(248, 527 mod 248) = f(248, 31)
 = f(31, 248 mod 31) = f(31, 0)
 = 31
参照:「再帰アルゴリズム」

[fe111-07]

次の流れ図は,1から100までの整数の総和を求め,結果を変数x に代入するアルゴリズムを示したものであるが,一部誤りがある。どのように訂正すればよいか。
 ア [1]の処理を「0 → x」にする。
 イ [2]の条件判定を「i:99」にする。
 ウ [3]の処理を「x + i → i」にする。
 エ [4]の処理を「x + 1 → x」にする。

【解答】

正解:イ

繰返し部分は,iを1から100まで変化させてxに累積している。それならば,この繰り返しに入る前のxの初期値は0でなければならない。すなわち,ア(0 → x)とすべきである。

[fe111-08]

整列アルゴリズムの一つであるクイックソートの記述として,適切なものはどれか。

  • ア 対象集合から基準となる要素を選び,これよりも大きい要素の集合と小さい要素の集合に分割する。この操作を繰り返すことで,整列を行う。
  • イ 対象集合から最も小さい要素を取り出して,整列を行う。
  • ウ 対象集合から要素を順次取り出し,それまでに取り出した要素の集合に順序関係を保つよう挿入して,整列を行う。
  • エ 隣り合う要素を比較し,逆順であれば交換して,整列する。

【解答】

正解:ア

アは○。
イは×。選択ソート
ウは×。挿入ソート
エは×。バブルソート
参照:「ソートの種類」

[fe111-09]

外部割込みが発生するものはどれか。
 ア 仮想記憶管理での,主記憶に存在しないページへのアクセス
 イ システムコール命令の実行
 ウ ゼロによる除算
 エ 入出力動作の終了

【解答】

正解:エ

アは×。ページフォルト=内部割込み
イは×。スーパーバイザコール=内部割込み
ウは×。プログラム割込み=内部割込み
エは○。入出力割込み=外部割込み
参照:「タスク管理」

[fe111-10]

「LOAD GR, B, AD」はADが示す番地にベースレジスタBの内容を加えた値を有効アドレスとして,その有効アドレスが示す主記憶に格納されているデータを汎用レジスタGRにロードする命令である。 図の状態で,次の命令を実行したとき,汎用レジスタGRにロードされるデータはどれか。
  LOAD GR, 1, 200

  ベースレジスタ1  100

       番地
  主記憶  100  1100
       101  1101
        :     :
       200  1200
       201  1201
        :     :
       300  1300
       301  1301
        :     :
      1200  2200
      1201  2201
        :     :
      1300  2300
      1301  2301

ア 1201  イ 1300  ウ 2200  エ 2300

【解答】

正解:イ

「LOAD GR, 1, 200」の意味は,「200番地にベースレジスタ1の内容(100)を加えた値(300)を有効アドレスとして,そのアドレスに格納されているデータ(1300)を汎用レジスタGRにロードする」である。
参照:「アドレス指定方式」

[fe111-11][fe071-20]

主記憶のアクセス時間60 ナノ秒,キャッシュメモリのアクセス時間10ナノ秒のシステムがある。キャッシュメモリを介して主記憶にアクセスする場合の実効アクセス時間が15ナノ秒であるとき,キャッシュメモリのヒット率は幾らか。
ア 0.1   イ 0.17   ウ 0.83   エ 0.9

【解答】

正解:エ

ヒット率をpとすれば、
60(1-p)+10p=15
p=0.9 →エ

[fe111-12]

メモリインタリーブの説明はどれか。

  • ア CPUと磁気ディスク装置との間に半導体メモリによるデータバッファを設けて,磁気ディスクアクセスの高速化を図る。
  • イ 主記憶のデータの一部をキャッシュメモリにコピーすることによって,CPUと主記憶とのアクセス速度のギャップを埋め,メモリアクセスの高速化を図る。
  • ウ 主記憶へのアクセスを高速化するために,アクセス要求,データの読み書き及び後処理が終わってから,次のメモリアクセスの処理に移る。
  • エ 主記憶を複数の独立したグループに分けて,各グループに交互にアクセスすることによって,主記憶へのアクセスの高速化を図る。

【解答】

正解:エ

アは×。ディスクキャッシュ
イは×。キャッシュメモリ
ウは×。キャッシュメモリのライトバック?
エは○。メモリインタリーブ
参照:「記憶階層とキャッシュメモリ」「CPUの高速化技術」

[fe111-13]

RFIDタグの特徴として,適切なものはどれか。
 ア 磁性体に記録された情報を接触によって読み取る。
 イ 赤外線を用いて情報を非接触で読み取る。
 ウ 電磁波を用いて情報を非接触で読み取る。
 エ バーコードで記録された情報を光学的に読み取る。

【解答】

正解:ウ

アは×。通常の磁気カード
イは×。IrDA(Infrared Data Association)
ウは○。Radio Frequency IDentification,非接触ICカード
エは×。バーコードスキャナ
参照:「RFID」

[fe111-14]

アナログ音声信号を,サンプリング周波数44.1kHzのPCM方式でディジタル録音するとき,録音されるデータ量は何によって決まるか。
 ア 音声信号の最高周波数  イ 音声信号の最大振幅
 ウ 音声信号の再生周波数  エ 音声信号の量子化ビット

【解答】

正解:エ

PCM方式=パルス符号変調=標本化・量子化
データ量=標本数×音声信号の量子化ビット
参照:「マルチメディアと拡張子」

[fe111-15]

コンピュータシステムの構成に関する記述のうち,密結合マルチプロセッサシステムを説明したものはどれか。

  • ア 通常は一方のプロセッサは待機しており,本稼動しているプロセッサが故障すると,待機中のプロセッサに切り替えて処理を続行する。
  • イ 複数のプロセッサが磁気ディスクを共有し,それぞれ独立したOSで制御される。ジョブ単位で負荷を分散することで処理能力を向上させる。
  • ウ 複数のプロセッサが主記憶を共用し,単一のOSで制御される。システム内のタスクは,基本的にどのプロセッサでも実行できるので,細かい単位で負荷を分散することで処理能力を向上させる。
  • エ 並列に接続された2台のプロセッサが同時に同じ処理を行い,相互に結果を照合する。1台のプロセッサが故障すると,それを切り離して処理を続行する。

【解答】

正解:ウ

アは×。デュープレックスシステム
イは×。独立OS→疎結合マルチプロセスシステム
ウは○。単一OS→密結合マルチプロセスシステム
エは×。デュアルシステム
参照:「システム構成」

[fe111-16][ad062-14]

装置aとbのMTBFとMTTRが表のとおりであるとき,aとbを直列に接続したシステムの稼働率は幾らか。
       (単位:時間)
     装置  MTBF  MTTR
      a   80    20
      b  180    20

 ア 0.72   イ 0.80   ウ 0.85   エ 0.90

【解答】

正解:ア

稼働率=MTBF/(MTBF+MTTR)
装置aの稼働率:R=80÷(80+20)=80÷100=0.8
装置bの稼働率:R=180÷(180+20)=180÷200=0.9
直列接続したシステムの稼働率=R×Rb
   =0.8×0.9=0.72
参照:「RAS,MTBF,MTTR」(hs-mtbf-mttr

[fe111-17]

システムの信頼性設計のうち,フールプルーフを採用した設計はどれか。
 ア オペレータが不注意による操作誤りを起こさないように,操作の確認などに配慮した設計
 イ システムの一部に異常や故障が発生したとき,その影響が小さくなるような設計
 ウ 障害の発生を予防できるように,機器の定期保守を組み入れた運用システムの設計
 エ 装置を二重化し,一方が故障してもその装置を切り離してシステムの運用を継続できる設計

【解答】

正解:ア

アは○。不注意防止策
イは×。フェールセーフ
ウは×。フォールトアボイダンス
エは×。フォールトトレラント
参照:「フェイルセーフなど」

[fe111-18]

CPUが1台で,入力装置(I/O)が同時動作可能な場合の二つのタスクA,Bのスケジューリングは図のとおりであった。この二つのタスクにおいて,入出力装置がCPUと同様に,一つだけ発生順に処理するように変更した場合,両方のタスクが終了するまでのCPUの使用率はおよそ何%か。

 ア 43   イ 50   ウ 60   エ 75

【解答】

正解:ウ

次のように「待ち」が生じ,全体の処理時間は25になる。
CPU稼働時間合計は15
15/25=0.6→60%(ウ)

[fe111-19]

Webサーバとデータベースサーバ各1台で構成されているシステムがある。次の運用条件の場合,このシステムでは最大何TPS処理できるか。ここで,各サーバのCPUは,1個とする。
[運用条件]

  • (1) トランザクションは,Webサーバを経由し,データベースサーバでSQLが実行される。
  • (2) Webサーバでは,1トランザクション当たり,CPU時間を1ミリ秒使用する。
  • (3) データベースサーバでは,1トランザクション当たり,データベースの10データブロックにアクセスするSQLが実行される。1データブロックのアクセスに必要なデータベースサーバのCPU時間は0.2ミリ秒である。
  • (4) CPU使用率の上限は,Webサーバが70%,データベースサーバが80%である。
  • (5) トランザクション処理は,CPU時間だけに依存し,Webサーバとデータベースサーバは互いに独立して処理を行うものとする。

ア 400   イ 500   ウ 700   エ 1,100

【解答】

正解:ア

Webサーバによる最大処理数
  CPU処理速度は1[トランザクション/ミリ秒]=1000[トランザクション/秒=TPS]
  CPU使用率上限70%
  0.7秒で処理できるトランザクション数=0.7×1000=700
データベースサーバによる最大処理数
  CPU処理速度:1/(10[ブロック/トランザクション]×0.2[ミリ秒/ブロック])
    =0.5[トランザクション/ミリ秒]=500[TPS]
  CPU使用率上限80%
  0.8秒で処理できるトランザクション数=0.8×500=400

[fe111-20]

ページング方式の説明として,適切なものはどれか。
 ア 仮想記憶空間と実記憶空間を,固定長の領域に区切り,対応づけて管理する方式
 イ 主記憶装置の異なった領域で実行できるように,プログラムを再配置する方式
 ウ 主記憶装置を,同時に並行して読み書き可能な複数の領域に分ける方式
 エ 補助記憶装置に,複数のレコードをまとめて読み書きする方式

【解答】

正解:ア

アは○。ページは固定長 →参照:「仮想記憶方式」
イは×。動的リンキング
ウは×。メモリインタリーブ
エは×。ブロック化

[fe111-21]

アルゴリズムで,ページ置換えの判断基準に用いられる項目はどれか。
 ア 最後に参照した時刻     イ 最初に参照した時刻
 ウ 単位時間当たりの参照顔度  エ 累積の参照回数

【解答】

正解:ア

LRU(Least Recentry Used):参照されてからの経過時間が最も長いページをページアウト→ア
FIFO(First In First Out):最も以前にページインされたページをページアウト
参照:「仮想記憶方式」

[fe111-22]

組込みシステムでリアルタイムOSが用いられる理由として,適切なものはどれか。
 ア アプリケーションがハングアップしでも,データが失われない。
 イ 期待される応答時間内にタスクや割込みを処理するための仕組みが提供される。
 ウ グラフイカルなユーザインタフェースを容易に利用できる。
 エ システムのセキュリティが保証される。

【解答】

正解:イ

ここでのリアルタイム性とは,単に処理速度が速いだけでなく,システムが一定時間内に定められた動作をすることをいう。

[fe111-23]

Javaなどのバイトコードプログラムをインタプリタで実行する方法と,コンパイルしてから実行する方法を,次の条件で比較するとき,およそ何行以上のバイトコードであれば,コンパイル方式の方がインタプリ夕方式よりも処理時間(コンパイル時間も含む)が短くなるか。
[条件]

  • (1) 実行時間はプログラムの行数に比例する。
  • (2) 同じ100行のバイトコードのプログラムをインタプリタで実行すると0.2秒掛かり,コンパイルしてから実行すると0.003秒掛かる。
  • (3) コンパイル時間は100行当たり0.1秒掛かる。
  • (4) コンパイル方式の場合は,プログラムの行数に関係なくファイル入出力,コンパイラ起動などのために常に0.15秒のオーバヘッドが掛かる。
  • (5) プログラムファイルのダウンロード時間など,そのほかの時間は無視して考える。

ア 50   イ 75   ウ 125   エ 155

【解答】

正解:エ

x行とする。
インタプリタでの所要時間Ti(秒)
 Ti=0.2x/100(実行時間)
コンパイラでの所要時間Tc(秒)
 Tc=0.003x/100(実行時間)+0.1x/100(コンパイル時間)+0.15(オーバヘッド)
Ti=Tcとなるときは,0.997x/100=0.15 ∴x=154.6→エが○

[fe111-24][≒fe082-17]

4ビットの入力データに対し,1の入力数が0個又は偶数個のとき出力が1に,奇数個のとき出力が0になる回路はどれか。

【解答】

正解:エ

すべてのケースで検討するのは時間がかかる。→代表例で検討すればよい。
第1段階はすべて同じ。→1の個数が偶数ならば00,奇数ならば10
第1段階の出力は,00,10,11のいづれか。
00(偶数)のとき,アとウは0になるので×。
イとエでは中間の素子が異なるが,それによる違いは入力が11のときである。
11(偶数)の場合,イはORで1になり,NOTで0になるので×。
参照:論理演算と論理回路

[fe111-25][fe091-25]

図に示す1けたの2進数xとyを加算し,z(和の1けた目)及びc(けた上げ)を出力する半加算器において,AとBの素子の組合せとして,適切なものはどれか。
   
     A      B
 ア 排他的論理和 論理積
 イ 否定論理積  否定論理和
 ウ 否定論理和  排他的論理和
 エ 論理積    論理和

【解答】

正解:ア

各素子の真理値表
 x y  論理積 論理和 否定論理積 否定論理和 排他的論理和
 1 1   1   1    0     0     0
 1 0   0   1    1     0     1
 0 1   0   1    1     0     1
 0 0   0   0    1     1     0
半加算器の真理値表
 x y  z c
 1 1  0 1
 1 0  1 0
 0 1  1 0
 0 0  0 0
      │ └論理積
      └排他的論理和
参照:「論理演算と論理回路」

[fe111-26]

機械式接点の押しボタンスイッチを1回押すことに対して,押してから数ミリ秒の間,複数回のON,OFFが発生する現象はどれか。
 ア サンプリング  イ シェアリング  ウ チャタリング  エ バッファリング

【解答】

正解:ウ

チャタリング (chattering) :設問文の通り。リレーやスイッチで機械的振動により電気信号が断続を繰り返す現象。電子回路の誤動作の一因となる。信頼性の高い接点素子の使用,回路設計で遅延回路やフィルタ回路などの組込み,ソフトウェアでのON/OFFを一定時間継続により判断するなどの対策を講じる。

[fe111-27][fe091-29][sd02-16]

ある企業では,顧客マスタファイル,商品マスタファイル,担当者マスタファイルおよび当月受注ファイルを基にして、月次で受注実績を把握している。各ファイルの項目が表のとおりであるとき,これら四つのファイルを使用して当月分と直前の3か月分の出力が可能な受注実績はどれか。

  ┌──────┬─────────────────────┬──────────┐
  │ファイル  │      項  目           │   備  考   │
  ├──────┼─────────────────────┼──────────┤
  │顧客マスタ │顧客コード,名称,担当者コード,     │各顧客の担当者は1人│
  │ファイル  │前月受注額,2ヶ月前受注額,3ヶ月前受注額│          │
  ├──────┼─────────────────────┼──────────┤
  │商品マスタ │商品コード,名称,            │   ---    │
  │ファイル  │前月受注額,2ヶ月前受注額,3ヶ月前受注額│          │
  ├──────┼─────────────────────┼──────────┤
  │担当者マスタ│担当者コード,氏名            │   ---    │
  │ファイル  │                     │          │
  ├──────┼─────────────────────┼──────────┤
  │当月受注  │顧客コード,               │当月の合計受注額  │
  │ファイル  │商品コード,受注額            │          │
  └──────┴─────────────────────┴──────────┘

 ア 顧客別の商品別受注実績  イ 商品別の顧客別受注実績
 ウ 商品別の担当者別受注実績 エ 担当者別の顧客別受注実績

【解答】

正解:エ

  • エは○。前3か月分は顧客マスタに担当者コードがあり担当者マスタと結合できる。当月は当月受注ファイルと顧客マスタを顧客コードで結合でき,上と同じ手順で担当者マスタと結合できる。
  • ウは×。エと異なり,商品マスタに担当者コードがないので,当月受注ファイルを担当者マスタに結合できない。
  • ア・イは×。顧客マスタには商品コードがなく,商品マスタには顧客コードがないので,前3か月分の出力ができない。

[fe111-28]

ドローソフトを説明したものはどれか。

  • ア 関連する複数の静止画を入力すると,静止画間の差分を順に変化させながら表示していくことで,簡易な動画のように表現することができる。
  • イ 図形や線などを部品として,始点,方向,長さの要素によって描画していく。また,これらの部品の変形や組合せで効率的に図形を描画していくことができる。
  • ウ マウスを使ってカーソルを筆先のように動かして,画面上に絵を描いていく。出来上がった絵はビットマップ画像として保管することができる。
  • エ 文字や静止画データ,動画データ,音声データなど複数の素材をシナリオに沿って編集,配置し,コンテンツに仕上げることができる。

【解答】

正解:イ

アは×。アニメーション
イは○。ドロー系はベクトル情報,ペイント系はビットマップ情報
ウは×。ペイント(マイクロソフトの商品名だが)?
エは×。オーサリングツール
参照:「マルチメディアと拡張子」

[fe111-29]

UMLを用いて表した図のデータモデルの多重度の説明のうち,適切なものはどれか。
   ┌────┐      ┌────┐
   │ 組織 ├──────┤ 社員 │
   └────┘1    1..*└────┘


 ア 社員が1人も所属しない組織は存在しない。
 イ 社員は必ずしも組織に所属しなくてもよい。
 ウ 社員は複数の組織に所属することができる。
 エ 一つの組織に複数の社員は所属できない。

【解答】

正解:ア

┌────┐      ┌────┐
│ 組織 ├──────┤ 社員 │
└────┘1    1..*└────┘

アは○。社員の多重度「1..*」のは,「1以上」を示す。すべての組織は1名以上の社員をもつ。
イ・ウは×。組織の多重度「1」は,社員は必ず唯一の組織に属することを示す。
エは×。社員の多重度「1..*」の*は,「任意の」を示す。すべての組織は任意の人数の社員をもつ。
参照:「UMLの概要」

[fe111-30]

次の表は,営業担当者のある年度の販売実績である。この表の第1期から第4期の販売金額の平均が4,000万円以上で,どの期でも3,000万円以上販売している営業担当者の名前を求めるSQL文として,適切なものはどれか。ここで,金額の単位は千円とする。
  販売実績
    番号  名前  第1期 第2期 第3期 第4期
    123 山田一郎 29,600 31,900 36,600 41,500
    594 鈴木太郎 43,500 45,300 30,400 46,400
    612 佐藤花子 49,600 39,400 42,300 51,100
    :   :    :   :   :   :
 ア SELECT 名前 FROM 販売実績
     WHERE (第1期 + 第2期 + 第3期 + 第4期) / 4 >= 40000 OR
        第1期 >= 30000 OR 第2期 >= 30000 OR
        第3期 >= 30000 OR 第4期 >= 30000
 イ SELECT 名前 FROM 販売実績
     WHERE (第1期 + 第2期 + 第3期 + 第4期) >= 40000 AND
        第1期 >= 30000 AND 第2期 >= 30000 AND
        第3期 >= 30000 AND 第4期 >= 30000
 ウ SELECT 名前 FROM 販売実績
     WHERE 第1期 > 40000 OR 第2期 > 40000 OR
        第3期 > 40000 OR 第4期 > 40000 AND
        第1期 >= 30000 OR 第3期 >= 30000 OR
        第3期 >= 30000 OR 第4期 >= 30000
 エ SELECT 名前 FROM 販売実績
     WHERE (第1期 + 第2期 + 第3期 + 第4期) >= 160000 AND
        第1期 >= 30000 AND 第2期 >= 30000 AND
        第3期 >= 30000 AND 第4期 >= 30000

【解答】

正解:エ

「販売金額の平均が4,000万円以上」
  (第1期 + ~+ 第4期) / 4 >= 40000
  (第1期 + ~ + 第4期) >= 160000
  が成立していること→イ・ウは×
「どの期でも3,000万円以上」
  第1期 >= 30000 AND 第2期 >= 30000 ~
  アは×。「少なくとも1つの期は3,000万円以上」となる。
  エは○

[fe111-31][fe072-61]

「商品」表のデータが次の状態のとき,〔ビュー定義〕で示すビュー「収益商品」表に現れる行数が減少する更新処理はどれか。
   商品
    商品コード 品名 型式   売値   仕入値
     S001   T  T2003  150,000 100,000
     S003   S  S2003  200,000 170,000
     S005   R  R2003  140,000  80,000
  〔ビュー定義〕
   CREATE VIEW 収益商品
    AS SELECT * FROM 商品
      WHERE 売値 - 仕入値 >= 40000


 ア 商品コードが S001 の行の売値を 130,000 に更新する。
 イ 商品コードが S003 の行の仕入値を 150,000 に更新する。
 ウ 商品コードが S005 の行の売値を 130,000 に更新する。
 エ 商品コードが S005 の行の仕入値を 90,000 に更新する。

【解答】

正解:ア

現状では、売値-仕入値≧40000 の商品なので、S001とS005の2行になっている。
アは○。S001:130,000-100,000=30,000<40000 →選択されない→1行
イは×。S003:200,000-150,000=50,000≧40000 →この行も選択→3行
ウは×。S005:130,000- 80,000=50,000≧40000 →選択(不変)→2行
エは×。S005:140,000- 90,000=50,000≧40000 →選択(不変)→2行

[fe111-32]

Javaのアプリケーションプログラムがデータベースにアクセスするための標準的なAPI (Application Prograrn Interface)はどれか。
 ア HTML   イ JavaVM   ウ JDBC   エ SQL

【解答】

正解:ウ

JDBCは,JavaプログラムからSQL命令を発行してRDBにアクセスするためのAPI。
参照:「プログラミング言語の発展」

[fe111-33]

データベースの更新前や更新後の値を書き出して,データベースの更新記録として保存するファイルはどれか。
 ア ダンプファイル     イ チェックポイントファイル
 ウ バックアップファイル  エ ログファイル

【解答】

正解:エ

アは×。データベース全体あるいは実行中のメモリ状態などを記録したファイル
  システムのエラー分析などに利用
イは×。チェックポイント時点で,データベースに対してコミットされたトランザクションとそうでないトランザクションを記録を記録したファイル
ウは×。データベースそのもの全体をバックアップしたファイル。 データベースが破壊されていなければ,ジャーナルファイルを参照してリカバリする。データベースが破壊されたときは,バックアップファイルから故障時の状況に戻す。
エは○。ジャーナルファイルともいう。
参照:「バックアップとリカバリー」

[fe111-34]

関係データベースにおいて,外部キ一定義を行う目的として,適切なものはどれか。
 ア 関係する相互のテーブルにおいて,レコード間の参照一貫性が維持される制約をもたせる。
 イ 関係する相互のテーブルの格納場所を近くに配置することによって,検索,更新を高速に行う。
 ウ 障害によって破壊されたレコードを,テーブル間の相互の関係から可能な限り復旧させる。
 エ レコードの削除,追加の繰返しによる,レコード格納エリアの虫食い状態を防止する。

【解答】

正解:ア

受注表{伝票番号,顧客コード,受注日]と,顧客表{顧客コード,顧客名}があるとき,受注表の顧客コードのことを外部キーという。複数の表があったとき,その1つの表のある項目(列)が,他の表のある項目を参照する関係にある場合には,必ず参照する側に外部キーを設定する。顧客表からある顧客コードのレコードに削除や更新を行うと,受注表を使うシステムに影響が及ぶことがある。

[fe111-35]

DBMSが管理するデータ,利用者,プログラムに関する情報,及びそれらの間の関係を保持するデータの集合体はどれか。
 ア データウェアハウス  イ データディクショナリ
 ウ データマート     エ データマイニング

【解答】

正解:イ

ア・エは×。データを利用者に使いやすい形式に整理したデータベースの集合体。全社的なデータ保管庫をデータウェアハウス,部門的なデータ保管庫をデータマートと区別することもある。
参照:「データウェアハウスの定義」「データウェアハウスとデータマート」
イは○。
ウは×。大量に蓄積されたデータから,ビジネスに有効な情報を統計学的手法などを用いて新たに見つけ出すプロセス
参照:「データマイニング」

[fe111-36]

TCP及びUDPのプロトコル処理において,通信相手のアプリケーションを識別するために使用されるものはどれか。
 ア MACアドレス  イ シーケンス番号
 ウ プロトコル番号  エ ポート番号

【解答】

正解:エ

アは×。データリンク層での機器識別番号 →参照:「MACアドレス」
イは×。パケット通信での電文の送信順序 →参照:「トランスポート層とTCP/UDP」
ウは×。上位層のプロトコルを識別するための番号のこと。一般にはIPヘッダのTCP=6,UDP=17などを指す。 →参照:「ネットワーク層とIP」
エは○。HTTP=80,SMTP=25などのこと
→参照:「トランスポート層とTCP/UDP」

[fe111-37]

CSMA/CD方式のLANに接続されたノードの送信動作に関する記述として,適切なものはどれか。

  • ア 各ノードに論理的な順位付けを行い,送信権を順次受け渡し,これを受け取ったノードだけが送信を行う。
  • イ 各ノードは伝送媒体が使用中かどうかを調べ,使用中でなければ送信を行う。衝突を検出したらランダムな時間経過後に再度送信を行う。
  • ウ 各ノードを環状に接続して,送信権を制御するための特殊なフレームを巡回させ,これを受け取ったノードだけが送信を行う。
  • エ タイムスロットを割り当てられたノードだけが送信を行う。

【解答】

正解:イ

アは×。トークンパッシング方式
イは○。Carrier Sense Multiple Access with Collision(衝突) Detection(検出) →参照:「CSMA/CD」
ウは×。トークンリング方式
エは×。TDMA(Time Division Multiple Access:時分割多重アクセス)

[fe111-38][fe082-54]

LANにおいて,伝送距離を延長するために伝送路の途中でデータの信号波形を増幅・整形して,物理層での中継を行う装置はどれか。
ア スイッチングハブ(レイヤ2スイッチ) イ ブリッジ ウ リピータ エ ルータ

【解答】

正解:ウ


参照:LANの接続機器

[fe111-39]

DHCPの説明として,適切なものはどれか。
 ア IPアドレスの設定を自動化するためのプロトコルである。
 イ ディレクトリサービスにアクセスするためのプロトコルである。
 ウ 電子メールを転送するためのプロトコルである。
 エ プライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換するためのプロトコルである。

【解答】

正解:ア

アは○。DHCP(Dynamic Host Configration Protocol) →参照:「ネットワーク層とIP」
イは×。LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)
ウは×。SMTP →参照:「電子メールが届く仕組み」
エは×。NAT,マスカレート →参照:「グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス」

[fe111-40]

NTP (Network Time Protocol) の用途に関する記述として,最も適切なものはどれか。
 ア クライアントサーバシステムでの業務プログラムの応答時間を正確に測定する。
 イ タイムサーバを利用して,ネットワーク上の各PCの時刻を合わせる。
 ウ ファイルサーバに格納されている共用ファイルの更新時刻によって,最新かどうかを判断する。
 エ メールサーバで電子メールを受信した時刻を比較して,未読の電子メールを転送する。

【解答】

正解:イ

[fe111-41]

TCP/IPネットワークで利用されるプロトコルのうち,ホストにリモートログインし,遠隔操作ができる仮想端末機能を提供するものはどれか。
 ア FTP   イ HTTP   ウ SMTP   エ TELNET

【解答】

正解:エ

アは×。ファイルのアップロード/ダウンロード
イは×。Webページ閲覧
ウは×。電子メール送信・転送
エは○。
参照:「ウエルノーン・ポート番号」

[fe111-42][ad041-51]

非常に大きな数の素因数分解が困難なことを利用した公開かぎ暗号方式はどれか。
 ア AES  イ DSA  ウ IDEA  エ RSA

【解答】

正解:エ

AES(Advanced Encryption Standard)DESに代わる次世代共通鍵暗号方式
DSA(Digital Signature Algorithm)米国の政府関係における電子署名の標準方式
IDEA(International Data Encryption Algorithm)共通鍵暗号方式。強度に優れている
RSA(Rivest Shamir Adleman)公開鍵暗号方式の代表的方式
→参照:「KPI:暗号・電子署名・認証」(sec-pki

[fe111-43]

認証デバイスに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • ア IEEE802.1Xでは,ディジタル証明書や利用者ID,パスワードを格納するUSBキーは,200kバイト以上のメモリを内蔵することを規定している。
  • イ 安定した大容量の電力を必要とする高度な処理には,接触型ICカードよりも非接触型ICカードの方が適している。
  • ウ 虹(こう)彩認証では,成人には虹彩の経年変化がないので,認証デバイスでのパターン更新がほとんど不要である。
  • エ 静電容量方式の指紋認証デバイスでは, LED照明を設置した室内において正常に認証できなくなる可能性がある。

【解答】

正解:ウ

アは×。LAN接続時に使用する認証規格。LANスイッチや無線LANのアクセス・ポイントで,あらかじめ決められた端末機器だけからのアクセスを許可する。
イは×。非接触型は内部アンテナを用いて電力供給を行うため,電源に影響を与える。
ウは○。
エは×。静電容量方式では,指紋の凹凸とセンサ表面の間に発生する静電容量を測定するので照明には無関係。

[fe111-44]

社内ネットワークとインターネットの接続にパケットフィルタリング型ファイアウォールを設置して,社内ネットワーク上のPCからインターネット上のWebサーバ(ポート番号80)にアクセスできるようにするとき,フィルタリングで許可するルールの適切な組み合わせはどれか。
       送信元    あて先    送信元    あて先
                     ポート番号  ポート番号
 ア 発信  Webサーバ PC     80     1024以上
   受信  PC     Webサーバ 80     1024以上
 イ 発信  Webサーバ PC     80     1024以上
   受信  PC     Webサーバ 1024以上 80
 ウ 発信  PC     Webサーバ 1024以上 80
   受信  Webサーバ PC     80     1024以上
 エ 発信  PC     Webサーバ 1024以上 80
   受信  Webサーバ PC     1024以上 80

【解答】

正解:ウ

社内ネットワーク上のPCからインターネット上のWebサーバにアクセス
→発信=PC,受信=Webサーバ・・・ア・イは×
Webサーバのポート番号が80→発信でのあて先ポート番号80・・・エは×
フィルタリング→そのための通常使わないポート番号の設定・・・ウは○

[fe111-45]

画像などのディジタルコンテンツが,不正にコピーされて転売されたものであるかを判別できる対策はどれか。
 ア タイムスタンプ  イ 電子透かし  ウ 電子保存  エ 配達証明

【解答】

正解:イ

電子透かしとは,画像データに肉眼では見えない符号を埋め込んでおき,検出ソフトでその符号を検出する。
領収書などの法的に保存が決められている文書をPDFなどにディジタル化して保存することが認められている。そのときディジタル化した日時を記入することをタイムスタンプという。 →参照:「e-文書法」
配達証明とは郵便を必ず相手に届け,しかも元の文章であることを郵便局が証明する。ディジタル文書では電子署名とハッシュにより改ざんされていないことは証明されるが,正しく送受信できた保証はない。 →参照:「ハイブリッド暗号方式」

[fe111-46][ad072-28]

E-R図が示すものはどれか。
 ア エンティティ間の関連
 イ エンティティの型とインスタンスの関連
 ウ データとプロセスの関連
 エ プロセス間の関連

【解答】

正解:ア

E:実体(エンティティ)
R:関連(リレーションシップ)
参照:「ERモデル」(db-ermodel

[fe111-47]

設計上の誤りを早期に発見することを目的として,作成者と複数の関係者が設計書をレビューする方法はどれか。
 ア ウォークスルー  イ 机上デバッグ  ウ トップダウンテスト  エ 並行シミュレーション

【解答】

正解:ア

アは○。
イは×。プログラムのリストを目視で調べる
ウは×。結合テストの一つ。上位プログラムからテストする。
エは×。本番データをテストプログラムで並行処理をして結果を比較する

[fe111-48][fe072-44]

オブジェクト指向の特徴はどれか。

  • ア オブジェクト指向モデルでは,抽象化の対象となるオブジェクトに対する操作をあらかじめ指定しなければならない。
  • イ カプセル化によって,オブジェクト間の相互依存性を高めることができる。
  • ウ クラスの変更を行う場合には,そのクラスの上位にあるすべてのクラスの変更が必要となる。
  • エ 継承という概念によって,モデルの拡張や変更の際に変更部分を局所化できる。

【解答】

正解:エ

アは×。操作から独立して設計
イは×。相互依存性を低める
ウは×。下位のクラス以外には影響を与えない
エは○。

[fe111-49][ad082-34]

ホワイトボックステストの説明として,適切なものはどれか。
 ア 外部仕様に基づいてテストデータを作成する。
 イ 同値分割の技法を使用してテストデータを作成する。
 ウ 内部構造に基づいてテストデータを作成する。
 エ 入力と出力の関係からテストデータを作成する。

【解答】

正解:ウ

ホワイトボックステスト=プログラム内部にそったテスト→ウ
他はブラックボックステスト
同値分割法は、正しい値と誤りの値の代表値を使いテストする方法
参照:「テストの種類・方法」(kj2-test-kiso

[fe111-50][fe092-50]

ソフトウェア開発において,構成管理に起因しない問題はどれか。

  • ア 開発者が定められた改版手続に従わずにプログラムを修正したので,今まで動作していたプログラムが不正な動作をする。
  • イ システムテストにおいて,単体テストレベルのバグが多発して,開発が予定どおり進捗しない。
  • ウ 仕様書,設計書及びプログラムの版数が対応付けられていないので,プログラム修正時にソースプログラムを解析しないと,修正すべきプログラムが特定できない。
  • エ 一つのプログラムから多数の派生プログラムが作られているが,派生元のプログラム修正がすべての派生プログラムに反映されない。

【解答】

正解:イ

構成管理の役割:開発から運用までの一連の流れにおいて,作業成果物(プログラムや文書など)について,修正の記録,一貫性の確保,最新状況の維持,周知徹底を行うこと。
アは×。周知徹底不十分,規程外での修正よる一貫性の確保欠如→構成管理に起因
イは○。成果物品質保証の問題→構成管理の対象外
ウは×。修正記録不十分,一貫性欠如→構成管理に起因
エは×。プログラム間の一貫性の欠如→構成管理に起因

マネジメント系

[fe111-51]

ファストトラッキング技法を用いてスケジュールの短縮を行う。当初の計画は図1のとおりである。作業Eを作業E1,E2,E3に分けて,図2のように計画を変更すると,スケジュールは全体で何日短縮できるか。

 ア 1  イ 2   ウ 3   エ 4

【解答】

正解:ア


図1のクリティカルパスは赤線のようになり,最短日数は28日となる。
図2において,E1,E2,E3の内部の作業日数は6になる。そして,図2のクリティカルパスは赤線のようになり,最短日数は28日となる。
短縮日数=29日-28日=1日(ア)
参照:「PERTの解法」

[fe111-52]

ファンクションポイント法の説明はどれか。
 ア 開発するプログラムごとのステップ数を積算し,開発規模を見積もる。
 イ 開発プロジェクトで必要な作業のWBSを作成し,各作業の工数を見積もる。
 ウ 外部入出力や内部論理ファイル,照会,インタフェースなどの個数や特性などから開発規模を見積もる。
 エ 過去の類似例を探し,その実績と差異などを分析評価して開発規模を見積もる。

【解答】

正解:ウ

アは×。LOC法
イは×。標準タスク法
ウは○。
エは×。類似法
参照:「システム規模と工数把握技法」

[fe111-53]

ウォータフォール型のソフトウェア開発において,運用テストで発見された誤りの修復に要するコストに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • ア 外部設計の誤りは,プログラムだけでなく,マニュアルなどにも影響を与えるので,コーディングの誤りに比べて修復コストは高い。
  • イ コーディングの誤りは,修復のための作業範囲がその後の全工程に及ぶので,要求定義の誤りに比べて修復コストは高い。
  • ウ テストケースの誤りは,テストケースの修正とテストのやり直しだけでは済まないので,外部設計の誤りに比べて修復コストは高い。
  • エ 内部設計の誤りは,設計レビューによってほとんど除去できるので,もし発見されでも,コーディングの誤りに比べて修復コストは安い。

【解答】

正解:ア

ウォータフォール型では,要求定義→外部設計→内部設計→コーディングの順で行われる。上流工程での誤りが下流工程で発見されると,上流工程まで手戻りが発生する。すなわち,上流工程ほど誤りの修復コストが高い。
参照:「システム開発技法」

[fe111-54]

品質問題を解決するために図を作成して原因の傾向を分析したところ,全体の80%以上が少数の原因で占められていることが判明した。作成した図はどれか。
 ア 管理図   イ 散布図   ウ 特性要因図   エ パレート図

【解答】

正解:エ

参照:「グラフ」

[fe111-55][ad091-37]

データのバックアップに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • ア バックアップからの復旧時間を最短にするために,差分バックアップ方式を採用する。
  • イ バックアップからの復旧処理でランダムアクセスを可能にするために,磁気テープにバックアップする。
  • ウ バックアップしたデータの整合性を保証するために,バックアップ処理と業務処理が重ならないようにスケジューリングする。
  • エ バックアップ処理の時間を最短にするために,同一記憶媒体内にバックアップする。

【解答】

正解:ウ

アは×。差分バックアップはバックアップ時間最短化,保管容量少量化が目的。復旧時間は長くなる。
イは×。磁気テープはランダムアクセスはできない。
ウは○。同時に行ったのでは,トラブル発生時の整合性がとれない。
  (しかし,他の業務処理ならば重なることが多い)
エは×。媒体にトラブルが発生したとき,バックアップ情報も使えなくなる。

[fe111-56]

ITサービスマネジメントの活動のうち,インシデント管理として行うものはどれか。
 ア サービスデスクに対する顧客満足度が,サービスレベルの要求を満たしているかどうかを評価する。
 イ ディスクの空き容量がしきい値に近づいたので,対策を検討する。
 ウ プログラム変更を行った場合の影響度を調査する。
 エ 利用者からの障害報告に対し,既知のエラーに該当するかどうかを照合する。

【解答】

正解:エ

アは×。サービス設計でのサービスレベル管理
イは×。キャパシティ管理
ウは×。変更管理
エは○。インシデント管理
参照:「ITIL」

[fe111-57][ad081-42]

コンピュータシステムの利用料金を逓減課金方式にしたときのグラフはどれか。ここで,横軸を使用量,縦軸を利用料金とする。

【解答】

正解:ウ

使用料が増大すれば、料金の絶対額は増大する→アは×
しかし、逓減課金方式なので、その増加率は小さくなる→エは×
「それ以上は定額」というのではない→イは×

[fe111-58]

「システム管理基準」にいうシステムライフサイクルはどれか。
 ア 企画,開発,運用,保守  イ 計画,実行,点検,改善
 ウ 構築,運用,評価,監査  エ 設計,開発,製造,試験

【解答】

正解:ア

前文(部分)
組織体が主体的に経営戦略に沿って効果的な情報システム戦略を立案し,
その戦略に基づき情報システムの企画・開発・運用・保守というライフサイクルの中で
効果的な情報システム投資のための,またリスクを低減するためのコントロールを
適切に整備・運用するための実践規範である。
参照:「システム監査基準の概要」

[fe111-59]

システム監査の実施体制に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • ア 監査依頼者が監査報告に基づく改善指示を行えるように,システム監査人は監査結果を監査依頼者に報告する。
  • イ 業務監査の一部として情報システムの監査を行う場合には,利用部門のメンバによる監査チームを編成して行う。
  • ウ システム監査人がほかの専門家の支援を受ける場合には,支援の範囲,方法,監査結果の判断などは,ほかの専門家の責任において行う。
  • エ 情報システム部門における開発の状況の監査を行う場合は,開発内容を熟知した情報システム部門員による監査チームを編成して行う。

【解答】

正解:ア

アは○。
イ・エは×。システム監査人は被監査組織から独立
ウは×。システム監査人の責任
参照:「システム監査基準の概要」

[fe111-60]

システム監査で実施するヒアリングに関する記述のうち,適切なものはどれか。
 ア 監査対象業務に精通した被監査部門の管理者の中からヒアリングの対象者を選ぶ。
 イ ヒアリングで被監査部門から得た情報を裏付けるための文書や記録を入手するよう努める。
 ウ ヒアリングの中で気が付いた不備事項について,その場で被監査部門に改善を指示する。
 エ 複数人でヒアリングを行うと記録内容に相違が出ることがあるので,1人のシステム監査人が行う。

【解答】

正解:イ

アは×。管理者だけでなく広い層を対象
イは○。客観的証拠が必要
ウは×。改善助言は依頼者に
エは×。個性や先入観を防ぐために複数者

ストラテジ系

[fe111-61]

エンタープライズアーキテクチャの"四つの分類体系"に含まれるアーキテクチャは,ビジネスアーキテクチャ,テクノロジアーキテクチャ,アプリケーションアーキテクチャともう一つはどれか。
 ア システムアーキテクチャ  イ ソフトウェアアーキテクチャ
 ウ データアーキテクチャ   エ バスアーキテクチャ

【解答】

正解:ウ

BA,TA,AA以外のもの=DA(データアーキテクチャ)→ウが○
参照:「EAの体系」

[fe111-62]

BPMの目的はどれか。
 ア 企業の業務プロセスの継続的な改善
 イ 企業の経営資源の有効活用
 ウ 企業の顧客情報の管理,分析
 エ 企業の情報資源の分析,有効活用

【解答】

[fe111-63]

共通フレーム2007によれば,企画プロセスで実施することはどれか。
(旧版の共通フレームを対象にしていますが、本問は新版でも有効です。解説は新版をベースにしています。)
 ア 運用テスト      イ システム化計画の立案
 ウ システム要件定義   エ 利害関係者要件の定義

【解答】

正解:イ

アは×。運用サービスプロセス→運用サービスプロセス→運用テストの実施
イは○。企画プロセス→システム化計画の立案プロセス→システム化計画の立案
ウは×。システム開発プロセス→システム要件定義プロセス→システム要件の定義
エは×。要件定義プロセス→利害関係者の識別、要件の評価
参照:「共通フレーム」

[fe111-64]

情報システムの調達の際に作成されるRFIの説明はどれか。
 ア システム化の目的や業務内容などを示し,ベンダに情報の提供を依頼すること
 イ 調達対象システムや調達条件などを示し,ベンダに提案書の提出を依頼すること
 ウ 発注元から調達先に対して,契約内容で取り決めた内容の変更を依頼すること
 エ 発注元と調達先の役割分担などを確認し,契約の締結を依頼すること

【解答】

正解:ア

アは○。RFI(Request For Information)
イは×。RFP(Request For Proposal:提案依頼書)
参照:「システム外注の手順」

[fe111-65]

事業を図のa~dに分類した場合,bに該当するものはどれか。

       高 ┌─────┬─────┐
       ↑ │     │     │
     市 │ │  a  │  b  │
     場 │ │     │     │
     成 │ ├─────┼─────┤
     長 │ │     │     │
     率 │ │  c  │  d  │
       ↓ │     │     │
       低 └─────┴─────┘
         小←─────────→大
             市場占有率

  • ア 現在は大きな資金の流入をもたらしているが,同時に将来にわたって資金の投下も必要である。
  • イ 現在は資金の主たる供給者の機能を果たしており,新たに資金を投下すべきではない。
  • ウ 現在は資金の流入が小さいが,資金投下を行えば,将来の資金供給源になる可能性がある。
  • エ 事業を継続させていくための資金投下の必要性は低く,将来的には撤退を考えざるを得ない。

【解答】

正解:ア

a(問題児)=ウ,b(花形)=ア,c(負け犬)=エ,d(金のなる木)=イ
参照:「PPM」(kj1-ppm

[fe111-66]

SWOT分析を説明したものはどれか。
 ア 企業の財務諸表を基に,収益性及び安全性を分析する手法である.
 イ 経営戦略を立てるために,自社の強みと弱み,機会と脅威を分析する手法である。
 ウ 自社製品・サービスの市場での位置付けや評価を明らかにする手法である。
 エ 自社製品の価格設定のために,市場での競争力を分析する手法である。

【解答】

正解:イ

アは×。財務比率 →参照:「財務・会計の基礎」
イは○。参照:「SWOT分析」
ウは×。PPM
エは×。4Pの価格戦略

[fe111-67][fe092-69]

ある製品の設定価格と期待需要の関係が1次式で表せるとき、aに入る適切な数値はどれか。
   (1)設定価格を3,000円にすると、需要は0になる。
   (2)設定価格を1,000円にすると、需要は60,000個になる。
   (3)設定価格を1,500円にすると、需要は[ a ]個になる。
 ア 30,000  イ 35,000  ウ 40,000  エ 45,000

【解答】

正解:エ

設定価格X、需要Yとすると、その直線が2点(3000,0)、(1000、60000)を通る。
Y=(60,000-0)/(3,000-1,000)×(X-3,000)+0
 =-30X+90,000
X=1,500のときは、
Y=-30×1,500+90,000=45,000

[fe111-68][ad042-74]

SFA(SalesForceAutomation)の基本機能の一つである,コンタクト管理について説明しているものはどれか。

  • ア 営業担当者からの問合せに対して迅速に回答することによって,営業効率を高める。
  • イ 顧客への対応を営業担当者が単独で行うのではなく,営業組織全体で行うことによって受注率を向上させる。
  • ウ 顧客訪問日,営業結果などの履歴を管理し,見込客や既存客に対して効果的な営業活動を行う。
  • エ 個人レベルで蓄積している営業テクニックを洗い出して共有化し,営業部門全体のレベル向上を図る。

【解答】

正解:ウ

SFA:営業活動をITにより支援。 コンタクト:顧客への接触
 →顧客訪問に役立つIT活用とは?
アは×。社内体制。ナレッジ・マネジメント,データウェアハウスなど
イは×。CRMである。
ウは○。
エは×。ナレッジ・マネジメント
参照:「SFAとCRM」(kj3-sfa-x)、 「ナレッジ・マネジメント」(kj3-km-x

[fe111-69]

小売業におけるフランチャイズチェーンを説明したものはどれか。

  • ア 卸売業者が主導し,多数の小売業者が自発的に参加して,それぞれの独立性を保ちながら共同化の利点を生かす運営を行う組織形態である。
  • イ 多数の小売業者が主宰して設立する共同仕入や共同在庫管理,共同商品開発などを行う運営組織形態である。
  • ウ 地域開発事業によって計画的に形成された商業集積地域内に,集中して出店する組織形態である。
  • エ 本部が加盟店に対し,一定の対価を徴収して商標や標識の使用権を与え,経営指導や援助をして,販売活動をさせる組織形態である。

【解答】

正解:エ

アは×。ボランタリーチェーン
イは×。コーペラティブチェーン
ウは×。まちづくり事業のドミナント政策
エは○。

[fe111-70][ad081-76]

電子自治体において,GtoBに該当するものはどれか。
 ア 自治体の電子決裁や電子公文書管理などを行う。
 イ 自治体の利用する物品や資材の電子調達,電子入札を行う。
 ウ 住民基本台帳ネットワークによって,自治体間で住民票データを送受信する。
 エ 住民票や戸籍謄本,婚姻届,パスポートなどを電子申請する。

【解答】

正解:イ

アは×。行政内部の電子化
イは○。GtoB
 G=Government(行政)、B=Business(企業)
 →行政と企業の間でのオンライン
ウは×。GtoG
 行政間→エ
エは×。GtoC
 C=Citizen(住民)

[fe111-71]

四つの工程A,B.C,Dを経て生産される製品を,1か月で1,000個作る必要がある。各工程の,製品1個当たりの製造時間,保有機械台数,機械1台当たりの生産能力が表のとおりであるとき,能力不足となる工程はどれか。
   工程 1個製造時間 保有機械台数 生産能力
       (時間)   (台)  (時間)
   A    0.4    3    150
   B    0.3    2    160
   C    0.7    4    170
   D    1.2    7    180

 ア A   イ B   ウ C   エ D

【解答】

正解:ウ

           必要生産能力        生産可能個数   結果
   時間/個×個/月 = 時間/月  台×時間/月・台=時間/月
A:  0.4 1000  400  3  150   450   余裕
B:  0.3 1000  300  1  160   320   余裕
C:  0.7 1000  700  4  170   680   不足(ウ)
D:  1.2 1000 1200  7  180  1260   余裕

[fe111-72][ad091-75]

EDIを説明したものはどれか。

  • ア OSI基本参照モデルに基づく電子メールサービスの国際規格であり,メッセージの生成・転送・処理に関する総合的なサービスである。
  • イ ネットワーク内で伝送されるデータを蓄積したり,データのフォーマットを変換したりするサービスなど,付加価値を加えた通信サービスである。
  • ウ ネットワークを介して,商取引のためのデータをコンピュータ(端末を含む)間で標準的な規約に基づいて交換することである。
  • エ 発注情報をデータエントリ端末から入力することによって,本部又は仕入先に送信し,発注を行うシステムである。

【解答】

正解:ウ

EDIは商取引のビジネスプロトコル →参考:「EDI(標準プロトコル)」 (kj3-edi)
アは×。OSI基本参照モデルは技術的なプロトコルであり,これはMHS(Message Handling System)
イは×。これはVAN(Value Added Network:付加価値通信網)サービス
エは×。EOS(Electronic Ordering System:オンライン発注システム) →参考:「EOS」 (kj3-kouri-eos)

[fe111-73][ad031-62]

図のような構造をもつ企業組織はどれか。
            ┌─────┐
            │ 経営者 │
            └──┬──┘
    ┌──────┬───┴──┬──────┬──────┐
  ┌─┴──┐ ┌─┴──┐ ┌─┴──┐ ┌─┴──┐ ┌─┴──┐
  │ 生産 │ │ 販売 │ │研究開発│ │ 経理 │ │ 人事 │
  └────┘ └────┘ └────┘ └────┘ └────┘

 ア 事業部制組織  イ 職能別組織  ウ プロジェクト組織  エ マトリックス組織

【解答】

正解:イ

参照:「組織管理原則と情報システム」(kj4-soshiki-kanri

[fe111-74][fe072-74]

ABC分析を適用する事例はどれか。
 ア 顧客が買物をしたときの購入商品の組合せを把握したい。
 イ 商品ごとの販売金額や粗利益額から,売れ筋商品を把握したい。
 ウ 商品の品切れを起こさないように,きめ細かな販売見込数量を把握したい。
 エ 地域ごとのオピニオンリーダにアンケート調査を行い,市場ニーズを把握したい。

【解答】

正解:イ

アは×。データマイニングのバスケット分析
イは○。20%の商品が売上や利益の80%を占める。パレート分析
ウは×。需要予測
エは×。モニタ制度など

[fe111-75][ad091-72][ad072-71]

良品である確率が0.9,不良品である確率が0.1の外注部品について,受入検査を行いたい。受入検査には四つの案があり,それぞれの良品と不良品1個に掛かる諸費用は表のとおりである。期待費用が最も低い案はどれか。
        案 良品に掛かる費用 不良品に掛かる費用
      A     0       1500
      B    40       1000
      C    80        500
      D   120        200

 ア A    イ B    ウ C    エ D

【解答】

正解:ウ

A案:  0×0.9+1500×0.1=150
B案: 40×0.9+1000×0.1=136
C案: 80×0.9+ 500×0.1=122 ←最低
D案:120×0.9+ 200×0.1=128
参照:「期待値」( or-dm-kitaichi

[fe111-76]

商品Aを先入先出法で評価した場合,当月末の在庫の評価額は何円か。
    日付   適用   受払個数 単価
              受入 払出(円)
     1  前月繰越  10    100
     4  仕入    40    120
     5  売上       30
     7  仕入    30    130
    10  仕入    10    110
    30  売上       30

 ア 3,300  イ 3,600  ウ 3,660  エ 3,700

【解答】

正解:エ

繰越・仕入合計=90, 売上合計=60
在庫=90-60=30→7日仕入分20個+10仕入分10個
   7日仕入分:20個×130円=2,600円
  10日仕入分:10個×110円=1,100円
            ────────────
               合計 3,700円→エ
参照:「財務・会計の基礎」(kj-kaikei-kiso

[fe111-77]

売上総利益の計算式はどれか。
 ア 売上高-売上原価
 イ 売上高-売上原価-販売費及び一般管理費
 ウ 売上高-売上原価-販売費及び一般管理費+営業外損益
 エ 売上高-売上原価-販売費及び一般管理費+営業外損益+特別損益

【解答】

正解:ア

アは○。
イは×。営業利益
ウは×。経常利益
エは×。当期純利益
参照:「財務・会計の基礎」

[fe111-78]

著作権法に照らして適法な行為はどれか。

  • ア ある自社製品のパンフレットで使用しているスポーツ選手の写真を,撮影者に無断で,ほかの自社製品のパンフレットに使用する。
  • イ 経済白書の記載内容を説明の材料として,出所を明示してWebページに転載する。
  • ウ 新聞の写真をスキャナで取り込んで,提案書に記載する。
  • エ ユーザ団体の研究会のように限られた対象者に対し,雑誌の記事をコピーして配布する。

【解答】

正解:イ

アは×。他の媒体で使うのだから著作権者の承認が必要
イは○。国や行政機関が作成した資料は説明の材料として転載可能
ウは×。事実報道そのものは著作権の対象外だが表現としての写真は対象になる
イは×。学校での授業用ではないので不可
参照:「著作権の対象外」

[fe111-79]

特許法による保護の対象となるものはどれか。
 ア 自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度なもの
 イ 思想又は感情を創作的に表現したもの
 ウ 物品の形状,構造又は組合せに係る考案
 エ 物品の形状,模様又は色彩など,視覚を通じて美感を起こさせるもの

【解答】

正解:ア

アは○。特許法
イは×。著作権
ウは×。実用新案権
エは×。意匠権
参照:「知的財産権の体系」

[fe111-80]

不正アクセス禁止法において,不正アクセス行為に該当するものはどれか。

  • ア 会社の重要情報にアクセスし得る者が株式発行の決定を知り,情報の公表前に当該会社の株を売買した。
  • イ コンピュータウイルスを作成し,他人のコンピュータの画面表示をでたらめにする被害をもたらした。
  • ウ 自分自身で管理運営するホームページに,昨日の新聞に載った報道写真を新聞社に無断で掲載した。
  • エ 他人の利用者ID,パスワードを許可なく利用して,アクセス制御機能によって制限されているWebサイトにアクセスした。

【解答】

正解:エ

アは×,インサイダー取引(金融商品取引法)
イは×。実行したら不正アクセス禁止法
2011年の刑法改正により,コンピュータウイルスの作成・保管・提供行為などを罪に問う「ウイルス作成罪」(正式名称は「不正指令電磁的記録作成罪」)が新設された。
ウは×。著作権の侵害
エは○。参照:「不正アクセス禁止法」