Web教材一覧法規・基準

EAの体系

キーワード

EA、政策・業務体系,データ体系,適用処理体系,技術体系


EAは政策・業務体系,データ体系,適用処理体系,技術体系の4つの体系で構成されています。

(拡大図)
政策・業務体系(BA:Business Architecture)
政策・業務の内容,実施主体,業務フロー等について,共通化・合理化など実現すべき姿を体系的に示したもの。
データ体系(DA:Data Architecture)
各業務・システムにおいて利用される情報(システム上のデータ)の内容,各情報(データ)間の関連性を体系的に示したもの。
適用処理体系(AA:Application Architecture)
業務処理に最適な情報システムの形態(集中型か分散型か,汎用パッケージソフトを活用するか個別に開発するか等)を体系的に示したもの。
技術体系(TA:Technology Architecture)
実際にシステムを構築する際に利用する諸々の技術的構成要素(ハード,ソフト,ネットワーク等)を体系的に示したもの。

上記の体系で分析することにより,業務・システムの現状(AsIs)モデルを認識し,理想と考えられる目標(ToBe)モデルを策定します。一挙に理想を実現できればよいのですが,その間のギャップは大きいので困難です。それを円滑に行うためには,現状と理想目標とを比較しながら,理想目標に至るまでの移行計画を立てることと,業務・システム開発に当たっての組織内共通のルール・標準を策定することが必要です。それが「次期モデル」です。


本シリーズの目次へ