Web教材一覧ネットワーク

OSI参照モデル

キーワード

OSI参照モデル、7つのレイヤーの説明


OSI参照モデルとは、ISOが異機種間接続を円滑にするために策定したプロトコルで、7階層(レイヤーという)になっています。 (参考図)

第1層:物理層
物理的に、機器や回線をつないだり切断するための電気的仕様や機械的仕様を決めます。具体的には、ケーブルの仕様、コネクタの形状、最大転送速度、最大転送距離などの規約です。
第2層:データリンク層
物理層で直接接続されたノード(パソコンやルータなど)の間、例えば一つのイーサーネットで接続されている2つのパソコンの間で通信をします。 (物理層~ネットワーク層の関係図)
第3層:ネットワーク層
データリンク層が同一のネットワーク内の隣接ノードでの通信であるのに対して、ネットワーク層では複数のネットワークがルータでつながった先のノードとの通信を実現します。
第4層:トランスポート層
2つの機能があります。ネットワーク層で接続したノード間で、正しくデータの受発信ができるようにする機能と、受け取ったデータを目的のアプリケーションに渡す機能です。
第5層:セッション層
第4層までの管理をして、どのように通信するかを決めます。通信ではWebページ閲覧や電子メール送受信など多様なアプリケーションがりますが、それらのアプリケーションの仕様に基づいて、通信の方法(セッション)を確立します。アプリケーション独自のエラー対策もここで行います。
第6層:プレゼンテーション層
電文で用いている文字コードはASCIIコードやシフトJISコードなど多様です。また、転送効率を上げるために圧縮していることもありますし、秘密保護のために暗号化していることもあります。これらの変換・解凍・復号化などを行います。
第7層:アプリケーション層
Webページ閲覧(HTTP)、電子メール(SMTP、POP)、ファイル転送(FTP)など、アプリケーションサービスを提供します。

本シリーズの目次へ