Web教材一覧ネットワーク

LAN(目次)


本章では、LANとデータリンク層(イーサネット層)について学習します。
 家庭内やオフィス内など構内でのデータ通信網をLAN(Local Area Network:構内回線網)といいます。構内でのパソコン間でデータの送受信をする仕組みです。

OSI基本参照モデルとTCP/IP

LANやインターネットのように、多様な機器やサービスがある環境では、標準化が重要になります。
 代表的な標準にOSI基本参照モデルとTCP/IPがあります。その概要を学習します。

LANのトポロジー

トポロジ―とは接続方法のことです。主なものを掲げます。

スター型、バス型は、ほとんどがイーサネットのプロトコルになっています。イーサネットでは同時送信での衝突が発生するので、それを制御するCSMA/CDが重要になります。

LANケーブル

ここでは、これらの特徴を学習します。特にツイストペアケーブルに関して規格や接続方法などに関して学習します。

LANの接続機器

説明の都合上、まず、バス型イーサネットを対象にして、リピータ、ハブ、ブリッジ、ルータの機能を説明します。それとともに、データリンク層(イーサネット層)の概念を学習します。
 現在では、これらの機器はスイッチングハブに移行してきました。従来の機器との比較でスイッチンハブの機能を理解するとともに、現在の主流であるスター型イーサネットを理解します。
 さらに、スイッチングハブの特徴であるVLANについて理解します。