スタートページWeb教材目次選択肢試験目次

ad051 初級シスアド午前問題 平成17年度春期


問1

パソコンのCPUのクロック周波数に関する記述のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ア

クロックでCPUは動作するが,周辺装置は無関係→アは○,イ・ウは×
 エは×。「内部時計」があいまいであるが,時刻を示す時計ならば無関係。割り込み間隔は設定によるので無関係。
参照:「CPUとメモリ」(hs-cpu-memory

問2[ad081-01]

問3

一つのファイルは磁気ディスク上の連続した領域に記録されているのが理想であるといわれる。その理由として,適切なものはどれか。
 ア 磁気ディスク上にデータの記録されていない部分がなくなり,全領域が利用できる。
 イ ファイルの管理情報を格納する領域が少なくなり,その分利用者が多く利用できる。
 ウ 分割した領域に記録する場合と比較して,読取りエラーが少なくなる。
 エ 連続してデータを読み取る場合,磁気ヘッドの動きが少なくなるので,読取り時間が短くなる。

【解答】

正解:エ

連続記録⇔断片化→デフラグ
エは○。シーク・サーチが1回だけでよい
イは×。管理情報格納領域は優先的に確保されている
アは×。ファイルは細切れに断片化されて格納できる
ウは×。可能性はありうるが本質的に無関係

参照:「磁気ディスクの断片化とデフラグ」(hs-disk-defrag

問4

磁気ディスクのバックアップを取るために使用されるストリーマ(テープドライブ)の特徴はどれか。

【解答】

正解:エ

磁気テープの特徴→シーケンスアクセス(テープの最初から順に読み書き)→エが○,アは×
   オープンリール型:ブロックごとにスタート/ストップ可能
   ストリーマ型:できない
 ヘッドは一つでよい(読むのと書くので1セット)→ウは×
 テープをコピーして密度変更できるが,あくまでも事前処理→イは×

問5

1画素あたり24ビットのカラー情報をビデオメモリに記憶する場合,横1,024画素,縦768画素の画面表示に必要なメモリ量は,約何Mバイトか。ここで,1Mバイトは10バイトとする。
 ア 0.8   イ 2.4   ウ 6.3   エ 18.9

【解答】

正解:イ

24[ビット/画素]/8[ビット/バイト]×1024×756[画素]
=2,359,296[バイト]≒2.4[MB]

参照:「ディスプレイ」(hs-display

問6

LANを構築する際に,ルータを導入する利点として,適切なものはどれか。
 ア 接続された複数のLANのネットワークアドレスを同一にできる。
 イ 接続されている機器の台数の把握や稼働状況の管理ができる。
 ウ 中継する必要のないデータを識別し,通過を抑止することができる。
 エ ほかの通信に影響を与えることなく,ノードの増設や移設ができる。

【解答】

正解:ウ

ルータ→経路選択→データの割り振り
→参照:「LANの接続機器」(nw-lan-kiki
ウは○。これはブリッジでも可能
     ブリッジ:相隣るセグメント間
     ルータ:セグメントを越えた他のルータ間
アは×。ブリッジにより複数のセグメントを単一データリンクにできる
イは×。SNMP(Simple Network Management Protocol)の機能
→参照:「ネットワークセキュリティ技術」(nw-sec-gijutsu
エは×。CSMA/CDの特徴,10BASE5の利点
→参照:「CSMA/CD」(nw-csma-cd

問7

ターンアラウンドタイムの説明として,適切なものはどれか。
 ア 記憶装置や周辺機器にデータを要求した時点から,データの転送が完了するまでの時間
 イ コンピュータシステムで,一定の仕事量を処理し終えるまでの時間
 ウ ジョブをコンピュータシステムに投入してから,それに対する結果全体が得られるまでの時間
 エ 入力装置からの入力が完了してから,出力装置への出力が開始されるまでの時間

【解答】

正解:ウ

エは×。レスポンスタイム(応答時間)
 ターンアラウンドタイムは,広義には要求を出してから結果がすべて得られるまでの時間→ア,イ,ウも含まれる  しかし,狭義にはウが該当。
参照:「スループット,応答時間」(hs-response-tat

問8

CPUや低速の入出力装置などで構成されるシステムの処理効率の向上を図るために,入出力データを一時的に磁気ディスク装置に蓄える処理方式はどれか。
 ア キャッシング イ スプーリング ウ スラッシング エ ページング

【解答】

正解:イ

キャッシング→参照:「記憶階層とキャッシュメモリ」(hs-kioku-kaisou
ページング,スラッシング→参照:「仮想記憶方式」(hs-kasou-kioku

問9

パソコンの周辺装置を利用可能にするためのソフトウェアであるデバイスドライバに関する記述のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ア

「OS→ドライバ→周辺装置」の流れ
アは○。ドライバを新OSに組み込む必要
イは×。ドライバはハードウェアが対象
ウは×。読み書きが一つのドライバで用意されるのが通常
エは×。機器ごとに必要
参照:「パソコンと周辺装置の接続」(hs-shuhen-interface

問10

図の階層型ファイルシステムにおいて,カレントディレクトリが矢印で示すB1であるとき,ファイルC2を指定するものはどれか。ここで,ファイルの指定は,次の方法によるものとする。

また,図中の[  ]はディレクトリを表すものとする。

         ┌──┐
         │/ │
         └┬─┘
        ┌─┴──┐
       ┌┴─┐ ┌┴─┐
       │A1│ │A2│
       └┬─┘ └──┘
      ┌─┴──┐
     ┌┴─┐ ┌┴─┐
    ⇒│B1│ │B2│
     └┬─┘ └┬─┘
      C1   C2
 ア ../A1/B2/C2  イ ../B2/C2  ウ A1/B2/C2  エ B1/../B2/C2

【解答】

正解:イ

B1 → A1 → B2 → C2
    ../   B2/  C2

問11[ad081-09]

問12

コンピュータシステムの評価法の一つであるベンチマークに関する記述として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

アは運用テスト,イは並行テスト
→参照:「テストの方法」(kj2-test-kiso
ウはベンチマーク法、エはミックス法
→参照:「コンピュータの性能評価方法」(hs-mips

問13

新しく開発されたシステムの運用テストが,毎週100時間連続して行われている。稼働率に関する合格基準と運用記録のサマリを基に評価するとき,テストの合否判定として適切なものはどれか。
〔稼働率の合格基準〕
 テスト期間中の連続する3週間において,次の条件を同時に満たしているときに合格とする。
 (1) 各週の稼働率は,0.980を下回らないこと
 (2) 3週間の通算の稼働率は,0.995を下回らないこと
〔運用記録のサマリ〕
  テスト期間 システム運転時間 障害と修復の履歴
   第1週    100時間    3時間停止
   第2週    100時間    1時間停止
   第3週    100時間   0.5時間停止
   第4週    100時間    障害なし
   注 システム運転時間には,障害が発生してから回復するまでの時間を含む。

 ア 第3週が終わった時点で合格と判定してよい。
 イ 第4週が終わった時点で合格と判定してよい。
 ウ 第4週が終わった時点で不合格であり,今後1週間は運用テストを続ける必要がある。
 エ 第4週が終わった時点で不合格であり,今後2週間は運用テストを続ける必要がある。

【解答】

正解:イ

テスト期間  稼働率  直近3週間停止時間 通算稼働率
 第1週  0.970
 第2週  0.990
 第3週  0.995 3+1+0.5=4.5 0.987
 第4週  1.000 1+0.5+0=1.5 0.995
第3週末までは第1週の稼働率が0.980を下回るので不合格
第4週末なら,第2週~第4週は0.980以上,通算稼働率も0.995以上なので合格
参照:「RAS,MTBF,MTTR」(hs-mtbf-mttr

問14

東京~福岡を結ぶネットワークシステムがある。このシステムの信頼性を向上させるために,東京~大阪~福岡を結ぶ回線を追加した。新しいネットワークシステムにおける東京~福岡の稼働率はいくらか。ここで,回線の稼働率は,東京~福岡,東京~大阪,大阪~福岡のすべてが0.9とする。

          ┌──┐
      ┌───┤大阪├───┐
      │   └──┘   │
     ┌┴─┐       ┌┴─┐
     │福岡├───────┤東京│
     └──┘       └──┘

ア 0.729   イ 0.810   ウ 0.981   エ 0.999

【解答】

正解:ウ

福岡-大阪-東京は直列→0.9=0.81
全体では並列→1-(1-0.81)×(1-0.9)=0.981
参照:「システムの信頼性」(hs-shinraisei

問15

ハードウェアの使用経過年数を横軸,そのハードウェアに故障が発生する確率を縦軸にとると,一般的にどのようなグラフになるか。

 

【解答】

正解:エ

バスタブ曲線:初期故障→安定→摩耗・劣化故障

問16

コンピュータがPBXなどと連携して,電話やファックスに対して自動応答したり,適切な着信者に振り分けたりする技術はどれか。
 ア CTI   イ VoIP   ウ VPN  エ ゲートキーパ

【解答】

正解:ア

PBX(Private Branch eXchange)構内交換機
CTI(Computer Telephony Integration)電話とコンピュータを統合する技術
VoIP(Voice over IP)TCP/IPを使って音声データを送受信する技術
VPN(Virtual Private Network)公衆回線を専用回線であるかのように利用者を限定
ゲートキーパ:LAN・インターネットにPBX機能を提供するソフトウェア。内線的な接続が可能

問17[ad081-17]

問18

電子メールを送信した後に,エラーを通知するメールがメールサーバの管理者だけに送られた。この原因として考えられるものはどれか。

【解答】

正解:ア

あて先アドレス間違い→送信者へ通知
 送信者アドレス間違い→送信者に通知できない→管理者に通知

問19

ADSLに関する記述として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ア

イは×:TAはデジタル回線。この機能はスプリッタ
ウは×:周波数により分離
エは×:FTTH

参考:「ブロードバンド」(nw-broadband

問20[ad081-19]

問21

HTMLのタグの使用法に関する記述のうち,適切なものはどれか。
 ア Webページの表題を定義するときには,<LABEL>を用いる。
 イ Webページの本文を記述するときには,<BODY>を用いる。
 ウ Webページの文字の大きさ,太さなどを指定するときには,<BIG>を用いる。
 エ Webページを複数の枠に分けるときには,<FORM>を用いる。

【解答】

正解:イ

アは×。LABEL→TITLE
ウは×。BIG→FONT(CSS:スタイルシートによるべき)
エは×。FORM→FRAME
参照:「HTMLの構造」(nw-html-kouzou

問22

表計算ソフトにおいて,次の表をCSV形式で出力した場合の値はどれか。ここで,レコード間の区切りは改行コード「CR」を使用し,セル内の計算式は自動的に再計算されて,計算結果が出力されるものとする。また,行3と列Cには入力された計算式が記述されているが,実際の画面には計算結果が表示されるものとする。

         A      B      C
    1      2      7  A1+B2
    2      6      4  A2+B1
    3  A1+A2  B1+B2  C2+B3

 ア 2,6,8 CR 7,4,11 CR 6,13,24 CR
 イ 2,6,8 CR 7,4,11 CR 9,10,19 CR
 ウ 2,7,6 CR 6,4,13 CR 8,11,24 CR
 エ 2,7,9 CR 6,4,10 CR 8,11,19 CR

【解答】

正解:ウ

計算結果
   A  B  C
1  2  7  6
2  6  4 13
3  8 11 24

問23

「日数(y,m,d)」は,基準日からy年m月d日までの日数を算出する関数である。この関数を用いて,あるプロジェクトの作業日数を表計算ソフトで計算したい。基準日が2000年1月1日で,開始年月日が2000年4月18日,終了年月日が2005年10月25日のときの作業日数を求める計算式として,適切なものはどれか。
 ア 日数(2005,10,25)-日数(2000,4,18)-日数(2000,1,1)
 イ 日数(2005,10,25)-日数(2000,4,18)-1
 ウ 日数(2005,10,25)-日数(2000,4,18)
 エ 日数(2005,10,25)-日数(2000,4,18)+1

【解答】

正解:エ

最初の日と最後の日が必要 → 最後日-最初日+1

問24

表計算ソフトを使って,発生した間接費用を,各課の売上高に応じてそれぞれに比例配分するとき,次の表のセルC3に入力すべき計算式はどれか。ここで,間接費用はセルB1に,各課の売上高はセルB3~B7に入力されており,セルC3の計算式はセルC4~C7に複写されるものとする。

        A       B    C
     1 間接費用   1,000
     2       売上高    配分費用
     3 A課     1,000
     4 B課       500
     5 C課     1,500
     6 D課     1,200
     7 E課       800
 ア B3/合計(B$3~B$7)*B$1
 イ B3/合計($B3~$B7)*$B1
 ウ B$3/合計(B$3~B$7)*$B1
 エ B$3/合計($B3~$B7)*B$1

【解答】

正解:ア

C3=B3/合計(B3~B7)*B1
 C4~C7まで複写→行を絶対参照

問25

グループウェアに関する記述として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

アはオーサリングツールあるいはプレゼンテーションソフト,イはワープロソフト,エは表計算ソフト

参照:「グループウェアの機能」(kj3-groupware-kinou

問26

ERPソフトウェアパッケージに関する記述のうち,最も適切なものはどれか。
 ア 企業のビジネスプロセスの分析が不要なので,比較的容易に導入できる。
 イ 導入後のメンテナンスは,システム部門が担当することが望ましい。
 ウ 導入に当たっては,ビジネスプロセスの検証・標準化が不可欠である。
 エ 日本企業のビジネスプロセスに特化した統合化システムソフトウェアである。

【解答】

正解:ウ

ERPパッケージでもビジネスプロセスの検討が重要。→ウは○,アは×。
エのようなパッケージもあるが,一般的には国際標準。
導入後のメンテナンスは,ベンダが行うのが通常
参照:「ERPパッケージ」( kj2-erp

問27[ad081-27]

問28

プロトタイピング開発手法の特徴として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ア

アは○。試作品=プロトタイプ
イは×。オブジェクト指向アプローチ
ウは×。インクリメンタル開発
エは誤り。ウォータフォール型開発

参照:「システム開発技法」(kj2-kaihatu-gihou

問29

得意先からの注文がオンライン端末から入力されると,注文の記録を取り,在庫を引き当て,倉庫に設置してあるプリンタへ出荷指示書を出力するシステムがある。DFDを使ってこのシステムを記述したとき,a~dに当てはまる語句の組合せとして,適切なものはどれか。

    a   b    c     d
 ア 端末  注文   登録済注文 プリンタ
 イ 端末  登録指示 引当指示  プリンタ
 ウ 得意先 注文   登録済注文 倉庫
 エ 得意先 登録指示 引当指示  倉庫

【解答】

正解:ウ

ハードウェアとしての端末やプリンタではなく,業務の実体である得意先や倉庫としてとらえる。注文が来てから登録になる。
参照:「DFD」(kj2-dfd

問30

E-R図に関する記述として,適切なものはどれか。
 ア オブジェクト指向モデルを表現する図である。
 イ 時間や行動などに応じて,状態が変化する状況を表現する図である。
 ウ 対象世界を実体と関連の二つの概念で表現する図である。
 エ データの流れに着目して,業務を視覚的に分かりやすく表現する図である。

【解答】

正解:ウ

アはUML,イは状態遷移図,エはDFD

参照:「ERモデル」(db-ermodel

問31

顧客からの注文を入力し,管理する受注システムがある。注文書に記入漏れなどの不備がなければ,受付順にナンバリング印刷機で連続する注文番号が印刷される。次のような注文データを受注システムに入力するとき,注文データが重複して入力されないようにチェックするために必須となる項目はどれか。
  注文データ
  ┌────┬───┬─────┬──┬─────┐
  │注文番号│注文日│商品コード│数量│顧客コード│
  └────┴───┴─────┴──┴─────┘
 ア 顧客コード  イ 商品コード  ウ 注文番号  エ 注文日

【解答】

正解:ウ

「注文データ」の重複→注文番号でチェック

問32

GUI画面での入力方式として,選択候補一覧から選択する方式を採用した方が適切な場合はどれか。
 ア 項目単位のチェックや修正が必要な場合
 イ 入力データの種類が少なく,データの内容が固定している場合
 ウ 入力データのとり得る値が多数ある場合
 エ 文章のような多量のデータを入力する場合

【解答】

正解:イ

GUI→ラジオボタンやプルダウンメニュー→選択候補数が小

問33

アプリケーションが表示するエラーメッセージを設計するときの留意事項として,適切なものはどれか。
 ア エラーへの対処方法は省略し,エラー内容,事実だけを表示すべきである。
 イ システム開発者がエラーの原因を究明するために必要な情報だけを表示すべきである。
 ウ 短いほど良いので,略号やエラーコードをそのまま使用して表示すべきである。
 エ 利用者が何をすべきかを,簡明かつ正確に表示すべきである。

【解答】

正解:エ

利用者の立場で設計する
・どこがどのような理由でエラーなのか
・修正するにはどうするか

問34

既存のシステムのある機能を修正したところ,今まで正常に動作していた機能を実行するとエラーが発生するようになった。不十分であったと考えられるテストはどれか。

【解答】

正解:イ

アは負荷テスト
イは退行テスト(レグレッションテスト)
ウは運用テスト
エは機能テスト
参照:「テストの方法」(kj2-test-kiso

問35

システムテストを実施するとき,用意しておくべきテストデータはどれか。
 ア 実際に業務で使うデータや,業務上例外として処理されるデータ
 イ モジュール間のインタフェースに関するエラーを検出するデータ
 ウ モジュール内の全分岐を1回以上通るデータ
 エ モジュール内の全命令が1回以上実行されるデータ

【解答】

正解:ア

イは結合テスト,ウ・エは単体テスト
参照:「テストの方法」(kj2-test-kiso

問36

ファンクションポイント法の説明として,適切なものはどれか。
 ア 開発するプログラムのステップ数を基に,開発規模を見積もる方法
 イ 開発プロジェクトで必要な作業をブレークダウンしながら,各作業の工数を見積もる方法
 ウ 外部入出力や内部論理ファイルの数と開発の難易度から,システムの開発規模を見積もる方法
 エ 過去の類似例を探し,その実績を参考に開発規模を見積もる方法

【解答】

正解:ウ

アはLOC法,イは標準タスク法,エは類似法
参照:「システム規模と工数把握技法」(kj2-kousu

問37

システム構築に際して,システム開発を外部に委託することにした。このときに配慮すべき事項として,適切なものはどれか。
 ア 受入検査を簡単に済ませるため,信頼できる委託先に発注する。
 イ 開発の進捗状況を自社でも把握することで,問題点を早期に発見して対処する。
 ウ 業務に精通した委託先に業務仕様の決定も含め一括して任せる。
 エ 信頼できる委託先でも,担当者の作業に至るまで詳細な指示をする。

【解答】

正解:イ

システム開発委託での注意事項
・企画・計画,全体の管理は自社が行う(丸投げはダメ)
  →ITガバナンス,COBIT
・要件を明確にする→RFP
・十分な受入検査を行う→SLA
委託先の選定条件
・委託先の経営安定性
・システム開発の成熟度→CMM/CMMI
・業務への精通度
・要員のスキル→ITSS

問38

ある部署では,サーバのディスクにあるファイルを業務終了時点でバックアップしている。土曜日と日曜日は一切の業務を行わないので毎週金曜日に全バックアップ(すべてのファイルをバックアップする)をしており,そのほかの平日は差分バックアップ(全バックアップ以降に更新されたすべてのファイルをバックアップする)をしている。水曜日の朝にサーバを起動しようとしたところ,ハードディスクが故障していることが判明した。最新状態へ復旧するために必須な最少のバックアップファイルの組合せはどれか。

【解答】

正解:ウ

ディスクの故障→全バックアップファイルが必要
差分バックアップ2(月・火の更新を含む)→差分バックアップ1は不要
参照「データベースの基礎」(db-kiso

問39

ディスク障害時に,バックアップテープからデータをリストアした後,バックアップ時以降のジャーナルを反映させて最新の状況にデータベースを回復する方法はどれか。
 ア チェックポイントリスタート イ リブート
 ウ ロールバック エ ロールフォワード

【解答】

正解:エ

ハード障害→ロールフォワード, 更新中障害→ロールバック
参照:「データベースの基礎」(db-kiso

問40[ad081-38]

問41

入力データの管理に関する記述として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

アは×。ユーザ部門との相談が必要
イは×。ユーザ部門が結果をチェックするべき
ウは○。磁気媒体の管理は運用管理部門
エは×。データ内容は第三者には秘密にする

問42

X社の新システムは,顧客管理システム,受発注管理システム及びコールセンタシステムをそれぞれ別の拠点で稼働させ,これらをネットワークで接続し,障害時には相互に補完することにしている。また,運用はそれぞれの拠点で実施している。このシステムの最も大きなメリットはどれか。
 ア 運用を統合でき,運用要員を削減できる。
 イ 災害などに対する危険分散を図ることができる。
 ウ ソフトウェアのバージョン管理を容易にすることができる。
 エ バックアップファイルを一元管理できる。

【解答】

正解:イ

集中よりも分散のほうが優れている点→イが○。それ以外は集中の利点

問43

システムのハードウェア保守に関する記述として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

ア・ウは×。定期保守には予防保守の効果がある
イは×。同一機種のほうが安全(互換性保証の確認)

参照:「システム調達の基礎」( kj2-choutatu-kiso

問44

プロジェクトを達成するのに必要な作業を矢線で,作業の結合点を○印で表し,所要日数やコストを示して日程計画を立てるのに効果的な図はどれか。
 ア PDPC イ アローダイアグラム ウ ガントチャート エ 管理図

【解答】

正解:イ

PDPC(Process Decision Program Chart:過程決定計画図)事前に考えられるさまざまな事象(結果,状況,処置など)をプロセスの進行に従い図化し,状況変化に応じて軌道修正する。
参照:「グラフ」(kj-graph-kiso

問45

暗号技術には,共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式がある。この両者を組み合わせたセション鍵方式の特徴はどれか。

【解答】

正解:エ

セション鍵方式=SSLなどで用いられている方法
公開鍵暗号方式→暗号化や復号に時間がかかる→長い本文は秘密鍵暗号方式で
通信ごとに秘密鍵暗号方式の共通鍵を,公開鍵を使って暗号化して送付
参照:「ハイブリッド暗号方式」(sec-angou-hybrid

問46

盗聴を防ぐためにデータの暗号化を行う公開鍵暗号方式の鍵の関係はどれか。
   暗号化鍵と復号鍵の関係 暗号化鍵 復号鍵
 ア  暗号化鍵≠復号鍵    公開  秘密
 イ  暗号化鍵≠復号鍵    秘密  公開
 ウ  暗号化鍵=復号鍵    公開  公開
 エ  暗号化鍵=復号鍵    秘密  秘密

【解答】

正解:ア

受信者公開鍵で暗号化,受信者秘密鍵で復号
参照:「公開鍵暗号方式」(sec-angou-koukai

問47

デジタル署名を利用する主な目的は二つある。一つは,メッセージの発信者を受信者が確認することである。もう一つの目的はどれか。
 ア 署名が行われた後でメッセージに変更が加えられていないかどうかを,受信者が確認すること
 イ 送信の途中でメッセージが不当に解読されていないことを,受信者が確認すること
 ウ 発信者のIDを受信者が確認すること
 エ 秘密鍵を返送してよいかどうかを受信者が確認すること

【解答】

正解:ア

電子署名の意義
   ・暗号:第三者に秘密
   ・ハッシュ:改ざんの発覚
アは○。改ざんするとハッシュ値と合致しなくなる。
イは×。盗聴はできる。その解読はオフラインなので不明
ウは×。このIDが不明だが・・・
     メールアドレスだとすれば,暗号とは無関係
     認証でのIDならば,受信者の勝手
エは×。どちらの秘密鍵なのか,何のために返送するのか
参照:「ハイブリッド暗号方式」(sec-angou-hybrid

問48

バイオメトリクス認証に使われるもので,小型光学式センサや薄型静電式センサから入力した画像を,特徴点抽出方式やパターンマッチングによって照合するものはどれか。
 ア 虹彩   イ 指紋   ウ 声紋   エ 網膜

【解答】

正解:イ

虹彩:カメラで虹彩のパターンを読み取る
  (虹彩は黒目の内側で、瞳を取り巻くドーナツ状の部分)
声紋:音声データの周波数成分比較。
網膜:近赤外線センサーを網膜に照射。

問49

コンピュータウイルスの感染に関する記述のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

アは×。フロッピーなどにウイルスが入っていれば感染
イは×。ブーストラップウイルス
ウは×。本文がテキストデータなら感染しない
   HTMLでのスクリプトウイルス,Wordなどのマクロウイルスの危険
エは○。マクロが実行されることにより感染
参照:「ウイルスの種類」(sec-virus-shurui

問50

コンピュータウイルスの防御策に関する利用者への指針のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

アは×。取扱説明ファイルにウイルスが潜んでいる危険
イは×。ブーストラップウイルスの危険
ウは○。プレビューだけで感染する危険
エは×。無関係。ファイル種類がわからなくなるので逆効果
参照:「ウイルスの種類」(sec-virus-shurui

問51

サーバへの不正侵入を試みた痕跡を発見するための手段として,有効なものはどれか。
 ア LANアナライザで取得したログデータの検査
 イ サーバのシステム日付が変更されているかどうかの検査
 ウ パスワードの変更記録の検査
 エ ログインの成功及び不成功記録の検査

【解答】

正解:エ

エは○。不正侵入は,まずログインを試みることから開始。正規の利用者であれば,1回で成功するが,不正者は試行錯誤で探す。
アは△。LANアナライザはLANを流れるパケットの分析ができるので,怪しいパケットが集中して流れていれば不正侵入されていることがわかる。しかし,「痕跡=事後調査」に用いるには,あまりにも膨大な量になる。エのほうが適切。
イ・ウは直接の関係がない。

問52[ad081-53]

問53問

情報セキュリティポリシに関する記述のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

セキュリティポリシ=セキュリティ対策への基本方針
アは×。製品に左右されるものではない。
イは×。取組姿勢や方向性そのものである。
ウは×。欠点を公表するものではない。これはかえって危険。
参照:「セキュリティポリシー」(sec-isms-policy

問54

個別契約による購買取引の手続について,職務の分離上,A,B,Cに入れるべき担当者の組合せはどれか。

     A     B     C
 ア 購買要求者 検収担当者 発注担当者
 イ 購買要求者 発注担当者 検収担当者
 ウ 発注担当者 検収担当者 購買要求者
 エ 発注担当者 購買要求者 検収担当者

【解答】

正解:イ

A:稟議書を提出する人,B:注文書を発行する人,C:納品書は何に使うのか

問55[ad081-55]

問56

オブジェクト指向技術の標準化団体OMGが制定した,オブジェクト指向による分散処理環境を実現するためのオブジェクト管理プラットフォームの参照モデルはどれか。
 ア COM   イ CORBA   ウ DCOM   エ OLE

【解答】

正解:イ

CORBA(Common Object Request Broker Architecture)
以下はマイクロソフト社が提唱する仕様で,Windows以外にも広く利用。
OLE(Object Linking and Embedding)アプリケーションソフト間でデータを転送・共有するための仕組み。代表例ActiveX
COM(Component Object Model)部品化されたプログラムを作成・利用するための基盤となる技術仕様。COMコンポーネントを組み合わせてアプリケーションソフト開発をする。
DCOM(Distributed COM)ネットワークを通じて分散環境にあるCOMコンポーネントを利用する技術。

問57

文字コードに関する記述のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

アは×。前半は正しい。日本語は2バイトコードだが,基本は1バイトコードであり,1バイト/2バイトの切換えに制御符号を挿入する。
イは×。EUC-JPでは最大3バイト。
ウは○。
エは×。制御符号を使わない。
参照:「データの内部表現(文字列)」(hs-naibu-moji

問58[ad081-57]

問59

PDF(Portable Document Format)の特徴として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

PDFはアドビ社による文書方式。
・OS別に表示/印刷できるAdobe Readerが無償で配布→OSによらず同一表示できる
・拡大/縮小しても文字や画像が崩れない
・改ざんがしにくい
→広く利用→「e-文書法」でも標準仕様に。

問60

ISOで規格化されたデジタル動画データの音声部分の圧縮規格の一つであり,インターネット上での音楽データ配信やポータブルプレーヤでも利用されているものはどれか。
 ア ATRAC3  イ MIDI  ウ MP3  エ SDMI

【解答】

正解:ウ

ATRAC3:メモリースティックウォークマンなどに使われている,ソニーが開発した音声圧縮技術
MIDI:シンセサイザや音源とパソコンを接続して楽曲データをやりとりするための規格
MP3:映像データ圧縮方式のMPEG-1で利用される音声圧縮方式
SDMI:インターネットを通じて安全に音楽を配布・販売できるフォーマットの確立に向けたプロジェクト
参照:「マルチメディアと拡張子」(hs-multi)、「マルチメディアの取り込み・編集」(hs-multi-tool

問61

コアコンピタンスの説明として,適切なものはどれか。
 ア 経営活動における基本精神や行動指針
 イ 事業戦略の遂行によって達成すべき到達目標
 ウ 自社を取り巻く環境に関するビジネス上の機会と脅威
 エ 他社との差別化の源泉となる経営資源

【解答】

正解:エ

コアコンピタンス=他社が追従できない優れた製品・ノウハウ・販売網・・・などの経営資源
アは経営理念,イは経営目標(KGI),ウは外部環境(SWOT分析)
参照:「コア・コンピタンスとアウトソーシング」(kj1-core-competance

問62

事業を図のa~dに分類した場合,cに該当するものはどれか。

       高 ┌─────┬─────┐
       ↑ │     │     │
     市 │ │  a  │  b  │
     場 │ │     │     │
     成 │ ├─────┼─────┤
     長 │ │     │     │
     率 │ │  c  │  d  │
       ↓ │     │     │
       低 └─────┴─────┘
         小←─────────→大
             市場占有率

【解答】

正解:ウ

a(問題児)=エ,b(花形)=ア,c(負け犬)=ウ,d(金のなる木)=イ
参照:「PPM」(kj1-ppm

問63

社内情報システム運営に関してサービスレベルアグリーメント(SLA)という考え方がある。SLAに関する記述のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

アは×。セキュリティ対策も項目になりうるが,それが中心ではない。
イは×。KGI(主要達成目標)
ウは×。労働協約や就業規則などに該当
エは○。ユーザ企業とベンダ企業との間でも同様
参照:「SLA/SLMの概要」(std-sla-gaiyou

問64

A社の貸借対照表の構成比は図のとおりであった。A社の自己資本に占める資本金の割合は何%か。

ア 12.0  イ 12.5  ウ 13.3  エ 15.9

【解答】

正解:イ

自己資本=資本金+法定準備金+任意積立金+当期未処分利益
        (資本剰余金)
    =10%+7%   +47%  +16%
    =80%
自己資本比率=10%/80%=12.5%
参照:「財務・会計の基礎」(kj-kaikei-kiso

問65

新製品の価格を設定したい。最大利益が見込める設定価格はどれか。ここで,いずれの場合にも,次の費用が発生するものとする。
  固定費:1,000,000円
  変動費:600円/個
  価格設定  設定価格(円) 予測需要(個)
   P1  1,000     80,000
   P2  1,200     70,000
   P3  1,400     60,000
   P4  1,600     50,000

 ア P1   イ P2   ウ P3   エ P4

【解答】

正解:エ

予想利益=(設定価格-変動費)×予測需要-固定費
であるが,固定費はどのケースも共通なので,考えなくてよい。
価格設定  設定価格 変動費 利益[円/個] 需要[千個] 予想利益[千円]
 P1  1,000 600  400    80    32,000
 P2  1,200 600  600    70    42,000
 P3  1,400 600  800    60    48,000
 P4  1,600 600 1000    50    50,000 最大
参照:「財務・会計の基礎」(kj-kaikei-kiso

問66

売上高が100百万円のとき,変動費が60百万円,固定費が30百万円かかる。目標利益18百万円を達成するのに必要な売上高は何百万円か。
 ア 80   イ 108   ウ 120   エ 180

【解答】

正解:ウ

売上高=変動費+固定費+利益, 変動費=変動比率×売上高
→売上高(1-変動比率)=固定費+利益
→売上高=(固定費+利益)/(1-変動比率)
変動比率=60/100=0.6
売上高=(30+18)/(1-0.6)=120[百万円]
参照:「財務・会計の基礎」(kj-kaikei-kiso

問67

損益分析において,固定費として扱われるものはどれか。
 ア 商品の配送費用
 イ 直接作業員の時間外手当
 ウ 販売数に応じた販売店へのリベート
 エ マスコミ媒体広告費

【解答】

正解:エ

固定費=個数に関係しない→エが○

問68

ある販売会社では,顧客からのクレームをクレーム台帳に記載している。クレームの発生件数を減らすために,最初に作成する分析資料として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:ア

クレーム件数減少のため→クレーム件数の大きいものを優先→パレート図
その結果,曜日や地域が大きな要因になるのならばイ・ウを行う
さらに実施対策を考えるときにエを行う

問69

データの相関を見るために作成した散布図のうち,「負の相関」を示すものはどれか。

【解答】

正解:イ

負の相関=右下がり
参照:「グラフ」(kj-graph-kiso

問70

連関図法に関する説明として,適切なものはどれか。

【解答】

正解:イ

参照:「グラフ」(kj-graph-kiso

問71

X社では,生産の方策をどのようにすべきかを考えている。想定した各経済状況下で各方策を実施した場合に得られる利益を見積もって,利益表にまとめた。
 経済状況の見通しの割合が好転30%,変化なし60%,悪化10%であると想定される場合,最も利益の期待できる方策はどれか。
        経済状況(単位:百万円)
    方策  好 転 変化なし 悪 化
    A1  800  300 200
    A2  800  400 100
    A3  700  300 300
    A4  700  400 200

 ア A1  イ A2  ウ A3  エ A4

【解答】

正解:イ

期待値の問題
A1:0.3×800+0.6×300+0.1×200=440
A2:0.3×800+0.6×400+0.1×100=490・・・最大
A3:0.3×700+0.6×300+0.1×300=420
A4:0.3×700+0.6×400+0.1×200=470

参照:「期待値」(or-dm-kitaichi

問72

ある商品のセールスキャンペーンで,A誌,B誌,C誌の三つの雑誌に,全ページ広告を合計で3回載せる。各誌での全ページ広告を0~3回掲載する場合のそれぞれの効果が表のとおりであるとき,最も大きい効果が期待できる掲載方法でのA誌への広告回数は何回か。ここで,各誌の広告効果は互いに独立しており,複数の雑誌での効果は単純に加えればよいものとする。
                全ページ広告回数
          0回実施 1回実施 2回実施 3回実施
    A誌の効果   0    2    7    7
    B誌の効果   0    1    6   10
    C誌の効果   0    5    8    9

 ア 0   イ 1   ウ 2   エ 3

【解答】

正解:ウ

例えば,A誌2回,B誌1回,C誌0回のときは,
  A誌による効果=7
  B誌による効果=1
  C誌による効果=
   合計の効果  8
となる。すべての組み合わせを表にする。
   回 数    効 果
  A B C  A B C 合計
  3      7      7
  2 1    7 1    8
  2   1  7   5 12 最大
  1 2    2 6    8
  1 1 1  2 1 5  8
  1   2  2   8 10
    3     10   10
    2 1    6 5 11
    1 2    1 8  9
      3      9  9

問73

表は,あるイベントの準備作業A~Eと標準担当者人数及び所要日数の関係を示している。この表に従って準備作業を35日前に開始したが,ほかの作業との関係で,最初の20日間は,1人しか担当させられない事態となった。イベントの開催に間に合うように残りの準備作業を行うためには,1日あたり最低何人の担当者を確保する必要があるか。ここで,準備作業に前後関係はなく,どの作業をだれが担当しても生産性は同じであり,何人でも同時に並行して作業ができるものとする。
      準備作業 標準担当者人数(人) 所要日数(日)
       A      2         5
       B      2         5
       C      3        10
       D      2         5
       E      5        10

 ア 4   イ 5   ウ 6   エ 7

【解答】

正解:ウ

全体では
 所要日数合計=5+5+10+5+10=35[日]
 標準担当者人数合計=2×5+2×5+・・・+5×10=110[人・日]
最初の20日では1人=20人日
残り
 所要日数=35-20=15[日]
 人数合計=110-20=90[人・日]
必要人数=90[人・日]/15[日]=6[人]

問74

〔1〕~〔3〕の手順に従って処理を行うものはどれか。

ア CIM   イ CRP   ウ JIT   エ MRP

【解答】

正解:エ

MRP(Material Requirements Planning)資材所要量計画
CRP(Capacity Requirements Planning)MRPに生産能力計画も加えたもの
JIT(Just In Time)トヨタの「かんばん方式」に代表される,必要なときに必要な個数の部品を提供する生産方式
CIM(Computer Integrated Manufacturing)生産部門全体(あるいは企業の全業務プロセス)をコンピュータにより最適化を図ること
参考:「MRP:所要資材計画」(kj3-seizogyo-mrp

問75

図はあるプロジェクトの作業工程(a~g)を示したものである。クリティカルパス上にある作業のうち,最長の作業に要する日数を半分に短縮した場合,短縮後のプロジェクトの所要日数は,何日になるか。ここで,矢線に示す数字は各作業の所要日数を表す。

ア 34   イ 38   ウ 39   エ 44

【解答】

正解:イ

当初のクリティカルパス=⑥までの最長日数
 ④までの日数は,acは30日,bdは24日→acが長い
 ⑤までの日数は,acfは30+8=38日,beは28日→acfが長い
 ⑥までは,acfg=38+6=44が最長(クリティカルパス)
このなかで最長作業はc→これが10になる。
短縮後のクリティカルパス
 ④まではbd=24のほうが長くなった。
 ⑤まではbdf=32,beは28日→bdfが長い
 ⑥まではbdfg=38が最長(正解はイ)
参考:「CPM」(or-pt-cpm

問76

企業間ネットワークで利用されているEDIに関する記述のうち,最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:ア

EDI(Electronic Data Interchange)
・電子商取引のこと
・そのための標準プロトコルのこと
アは○。
イは×。通常はファックスはEDIには含まない
ウは×。日本情報処理開発協会(JIPDEC)電子商取引推進センター(ECOM)
エは×。発注済データの修正云々は無関係
参照:「EDI(標準プロトコル)」(kj3-edi

問77

開発されたプログラムの著作権の帰属に関する規定が契約に定められていないとき,著作権の原始的な帰属はどのようになるか。
 ア 請負の場合は発注先に,派遣の場合は派遣先に帰属する。
 イ 請負の場合は発注先に,派遣の場合は派遣された社員に帰属する。
 ウ 請負の場合は発注元に,派遣の場合は派遣先に帰属する。
 エ 請負の場合は発注元に,派遣の場合は派遣元に帰属する。

【解答】

正解:ア

請負の場合は発注先の企業,派遣の場合は派遣先の企業に帰属
参照:「著作権の帰属」(std-chosakuken-kizoku

問78

購入したソフトウェアの取扱いに関する記述のうち,著作権法上適切なものはどれか。

【解答】

正解:イ

アは×。ソフトウェアにそのような規定はない。
エジュケーションライセンスとして格安なライセンス制度を持っているソフトもある。
イは○。
ウは×。利用権を売ったのだから売主は利用できなくなる。
エは×。特定のコンピュータで利用できるようにするため,またはより効果的に利用し得るようにするために必要な改変は認められる。
参照:「購入ソフトウェアと著作権」(std-chosakuken-kounyu-soft

問79[ad081-78]

問80

無償で試用することができるが,試用期間後も引き続き使用する場合には,使用料を支払わなければならないソフトウェアはどれか。
 ア グループウェア  イ シェアウェア  ウ パブリックドメインソフトウェア  エ フリーウェア

【解答】

正解:イ

グループウェアとは,電子メールや電子掲示板などグループ作業を円滑に行うのを支援するソフトウェア
フリーウェアのフリーとは,「利用が自由(著作権フリー)」と「無料」の意味があるが,多くは「無料」の意味で使われている。
パブリックドメインとは,制作者の著作権に配慮することなく,社会の共有財産として自由に利用できるもの。
参照:「購入ソフトウェアと著作権」(std-chosakuken-kounyu-soft


本シリーズの目次へ