Web教材一覧ネットワーク

ブロードバンド

キーワード

ADSL、CATV、FTTH、FWA、モバイル通信


ブロードバンドとは、高速な通信回線のことですが、一般には高速通信回線を用いたインターネットサービスを指します。このサービスでは、通常は固定料金制になっているので、常時接続状態でインターネットと接続します。

有線でのブロードバンドサービスの主なものを掲げます。

ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line)
公衆電話回線を用います。音声とデータを周波数の違いにより分離します。上りと下りの通信速度が異なります。
ADSLでの接続
CATV(Community Antenna Television)
ケーブルテレビでの放送用帯域のすき間をデータ通信に用います。幹線までは光ファイバケーブルですが、引込線からは同軸ケーブルになります。
CATVでの接続
FTTH(Fiber To The Home)
家庭への引込線まですべて光ファイバケーブルを用います。非常に高速な通信ができます。このときの光回線終端装置のことをONU(Optical Network Unit)といいます。
FTTHでの接続

無線でのブロードバンドサービスの主なものを掲げます。

FWA(Fixed Wireless Access)
家庭や空港・駅・ホテル・レストランなど固定した場所(ホットスポット)に、無線のアクセスポイントを設置して用います。大規模なものでは、WiMAXがあります。都市部や特定地域のLANなどを無線で接続します。FWAを対象とした規格にIEEE802.16があります。
モバイル通信
携帯電話でのインターネット利用が普及しているのに対応して、モバイル環境での高速化が進んでいます。IEEE802.16eでは、時速129kmの移動中で15Mbpsの高速通信ができます。
Wi-Fi
Wi-Fi Allianceによって認定された、無線LANの規格です。認定された情報機器(パソコンやテレビ、スマホ、タブレット、プリンタなど。これらはWi-Fi子機になる)は無線LANルータ(WiFiルータ)を介して無線LANに接続できます。室内用途では、Wi-Fi認定機器同士での接続が容易にできますし、屋外ではWi-Fiルータが接続されている駅や公共施設、喫茶店などでインターネットが利用できます。

本シリーズの目次へ