スタートページWeb教材目次選択肢試験目次

ck08 中小企業診断士一次試験
経営情報システム 平成20年度


第1問

業務に応じて、パーソナルコンピュータ(パソコン)の周辺機器である外部記憶装置やプリンタなどを適切に選択したり、増設を検討する必要がある。パソコンの周辺機器接続に関する以下の記述について、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

[解答群]  ア aとb   イ aとc   ウ bとd   エ cとd

【解答】

正解:ウ

aは×。ホットプラグ機能のあるコネクタ(USBなど)対応機器
bは○。それらの接続端子がプリンタにあればだが
cは×。プリントサーバなしで共有することができる。
dは○。磁気ディスク、光ディスクも単独でLANに接続して、共有指定できれば共有利用できる。

第2問

事業所におけるパソコンの利用に際しては、業務内容に応じてさまざまな周辺機器を接続して利用する必要がある。周辺機器接続に関する以下のa~dの記述と、その記述に適合するインタフェイス名称の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]
ア a:D4     b:USB     c:SCSI    d:パラレルATA
イ a:DVI    b:IEEE1394  c:パラレルATA d:シリアルATA
ウ a:IEEE1394 b:シリアルATA c:パラレルATA d:SCSI
エ a:VGA    b:セントロニクス c:USB     d:IEEE1394

【解答】

正解:イ

D端子:映像機器のアナログ映像信号伝送のための端子
  従来のコンポーネント端子では、入力側・出力側に3端子が必要であった
  それを一つの端子にまとめたもの
  D4はデジタルハイビジョンテレビ対応
DVI:液晶ディスプレイ接続用コネクタ
  D端子と同じような機能
その他は、参照「パソコンと周辺機器の接続」

第3問

オペレーティングシステムの機能に関する次の記述について、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

[解答群]
 ア aとc    イ aとd    ウ bとc    エ bとd

【解答】

正解:ア

aは○。OSの基本機能である。これを外してはならない。
bは×。ネットワーク監視ソフトウェアの説明。ミドルウェアに属する。
cは△。GUIの説明。OSの一部だともいえる。
dは×。デバイス・ドライバはハードウェア関係。ソフトウェア起動には不要

第4問

表計算ソフトウェアに関する以下の記述について、空欄A~Eに入る最も適切な用語の組み合わせを下記の解答群から選べ。

          表計算のワークシート
     ┌───┬───┬───┬───┬───┐
     │100│120│140│ ① │ ⑤ │
     ├───┼───┼───┼───┼───┤
     │110│130│150│ ② │ ⑥ │
     ├───┼───┼───┼───┼───┤
     │120│140│160│ ③ │ ⑦ │
     ├───┼───┼───┼───┼───┤
     │   │   │   │ ④ │   │
     └───┴───┴───┴───┴───┘
      注:①~⑦はセルの場所を示す。
        それ以外は入力されたデータを示す。
[解答群]
 ア A:関数  B:記号 C:オートフィルタ D:相対参照 E:マクロ
 イ A:関数  B:数値 C:マクロ     D:ソート  E:フォーム
 ウ A:文字列 B:関数 C:自動再計算   D:絶対参照 E:相対参照
 エ A:文字列 B:数値 C:自動再計算   D:相対参照 E:絶対参照

【解答】

正解:エ

AとBについて:セルに入力できるのは値(文字列、数値)、関数、記号などがあるが、2つだとすれば、文字列と数値にするのが妥当であろう。関数や記号も表現としては文字列であるともいえる。これで正解を決定するようりも、C以降を検討するのが適切。

       A   B   C   D   E
     ┌───┬───┬───┬───┬───┐
    1│100│120│140│ ① │ ⑤ │
     ├───┼───┼───┼───┼───┤
    2│110│130│150│ ② │ ⑥ │
     ├───┼───┼───┼───┼───┤
    3│120│140│160│ ③ │ ⑦ │
     ├───┼───┼───┼───┼───┤
    4│   │   │   │ ④ │   │
     └───┴───┴───┴───┴───┘

①:A1+B1+C1=100+120+140=360
ここで、例えばA1を200に書き換えると①=460となる(C)のが「自動計算」であるのは明白。

①を②、③に複写したとき、それらの式は次のようになる。
  ②:A2+B2+C2=110+130+150=390
  ③:A3+B3+C3=120+140+160=420
このように、行が自動的に変化するのは、①で「相対参照」にしていたからである。
  ④:D1+D2+D3=360+390+420=1070

⑤の計算において、
  ⑤:D1/D4=360/1070
として、それを⑥、⑦に複写したのでは、
  ⑥:D1/D5
  ⑦:D1/D6
になってしまう。分母をいつもD4にするためには、
  ⑤D1/D$4
とする必要がある。このような指定方法を「絶対参照」という。

第5問

パソコンにおけるWebブラウザの利用に関する以下の記述について、空欄A~Dに入る最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
・Webブラウザのアドレス指定欄に
   C:\web\mydata\myhistory.html
 のように入力して、画面にその内容が表示された場合は、[ A ]表示している。
  また、この表記の中の 「C:\web\mydata\」 を[ B ]と呼ぶ。
・Webブラウザのアドレス指定欄に
   http://web.myserver.co.jp/web/mydata/myhistory.html
 のように入力して、画面にその内容が表示された場合は、[ C ]表示している。
  また、この表記の中の 「web.myserver.co.jp」 を[ D ]と呼ぶ。
[解答群]
 ア A:Webサーバに格納されていたデータを取得して
   B:ドメイン名
   C:操作しているパソコン内の記憶装置に存在するデータを
   D:パス
 イ A:Webサーバに格納されていたデータを取得して
   B:ホスト名
   C:操作しているパソコン内の記憶装置に存在するデータを
   D:URL
 ウ A:操作しているパソコン内の記憶装置に存在するデータを
   B:URL
   C:Webサーバに格納されていたデータを取得して
   D:プロトコル
 エ A:操作しているパソコン内の記憶装置に存在するデータを
   B:パス
   C:Webサーバに格納されていたデータを取得して
   D:ホスト名

【解答】

正解:エ

参照:「URLの構造」

第6問

インターネットで用いられるプログラム言語の処理形態に関する以下の記述について、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

[解答群]
 ア aとb    イ aとc    ウ bとd    エ cとd

【解答】

正解:ウ

aは×。Webサーバ上で処理するのではなく、クライアントのブラウザで処理される。
bは○。JavaScriptもブラウザで処理される。⇔サーブレット
cは×。機械語ではなく中間言語であるバイトコード。
dは○。このようなHTMLとアプリケーションをつなぐことをCGIという。

第7問

コンピュータのアプリケーションソフトやプログラム言語におけるデータファイルの取り扱いに関する記述として、最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:イ

アは×。CSVは表計算ソフトのデータをテキストデータにしたもの。可変長ファイル。
イは○。桁位置により項目を定義する。
ウは×。インデクスはデータの先頭位置を示すので固定長/可変長には無関係
エは×。これは順(シーケンシャル)アクセスファイルの説明
参照「ファイル編成」

第8問

LANなどのネットワークでは、さまざまなプロトコルが、それぞれの役割ごとに利用されている。以下のa~eの機能と、その機能を利用する場合に使用されるプロトコルの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
 a インターネットにおけるパケット通信
 b Web閲覧
 c ファイルのダウンロードやアップロード
 d メールの送信
 e メールの受信
[解答群]
 ア a:PPP    b:FTP  c:ISP d:DNS  e:SMTP
 イ a:TCP/IP b:HTTP c:FTP d:SMTP e:POP3
 ウ a:TCP/IP b:URL  c:FTP d:DNS  e:WEP
 エ a:UDP    b:URL  c:OSI d:SNTP e:WEP

【解答】

正解:イ

ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)
PPP →参照:「インターネットへの接続」
TCP/IP、OSI(通信プロトコル) →参照:「OSI参照モデルの7階層」「TCP/IPの概要」
HTTP、FTP →参照:「ウエルノーン・ポート番号」
URL、DNS →参照:「DNSの概念」
SMTP、POP3 →参照:「電子メールが届く仕組み」
UDP →参照:「トランスポート層とTCP/UDP」
SNTP(Simple Network Time Protocol):TCP/IPにより時刻を同期させるプロトコル
WEP(Wired Equivalent Privacy):無線通信における暗号化技術

第9問

パソコンを利用して各種業務処理を行う場合、複数の処理を同時並行して行ったり、大容量のファイルを読み込んで処理したりする場合が多くなった。このような状況に対応するために、オペレーティングシステムやハードウェアの機能が充実してきている。そのような機能に関する記述として、最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:イ

アは×。キャッシュメモリではなく磁気ディスク →参照:「仮想記憶方式」
イは○。 →参照:「ジョブとプロセス」
ウは×。ロードシェアリング方式の説明 →参照:「システム構成」
エは×。多重プログラミング=マルチタスク →参照:「ジョブとプロセス」

第10問(設問1)

勤務実態を把握するため、部署ごとに4月の平均残業時間を調査することになった。そこで、以下のようなSQL文でデータベースに問い合わせをすることにした。データテーブルは、以下の2つである。
 テーブル名:4月の残業時間
     従業員ID  氏名   所属ID  残業時間
     A01002 鈴木英子  101    4
     A01079 佐藤浩司  102   10
     A02014 髙木有一  101    4
     A02043 田中真一  103    3
     A04081 赤城和郎  102   11
     A05047 本田まり  103    2
     A05051 藤田二郎  102   12
 テーブル名:部署
     所属ID  部署名
     101   個人営業部
     102   法人営業部
     103   経理部
 SQL文
    SELECT [ ① ], [ ② ], AVG(残業時間)
     FROM [ ③ ], [ ④ ]
     WHERE [ ③ ].所属ID = [ ④ ].部署ID
     GROUP BY [ ⑤ ], [ ⑥ ]

 SQL文の空欄①~④に入る最も適切なものの組み合わせはどれか。
 ア ①:4月の残業時間 ②:所属ID ③:部署ID    ④:部署名
 イ ①:4月の残業時間 ②:部署ID ③:氏 名     ④:所属ID
 ウ ①:所属ID    ②:部署ID ③:部署名     ④:従業員ID
 エ ①:部署ID    ②:部署名  ③:4月の残業時間 ④:部 署

【解答】

正解:エ

SELECT 出力テーブルの項目の並び
 FROM 入力テーブルの列挙
 WHERE 結合条件
である。
複数のテーブルに同名の項目名があるときは、「テーブル名.項目名」とする。
参照:「SELECT文の演習」

第10問(設問2)

勤務実態を把握するため、部署ごとに4月の平均残業時間を調査することになった。そこで、以下のようなSQL文でデータベースに問い合わせをすることにした。データテーブルは、以下の2つである。
 テーブル名:4月の残業時間
     従業員ID  氏名   所属ID  残業時間
     A01002 鈴木英子  101    4
     A01079 佐藤浩司  102   10
     A02014 髙木有一  101    4
     A02043 田中真一  103    3
     A04081 赤城和郎  102   11
     A05047 本田まり  103    2
     A05051 藤田二郎  102   12
 テーブル名:部署
     所属ID  部署名
     101   個人営業部
     102   法人営業部
     103   経理部
 SQL文
    SELECT [ ① ], [ ② ], AVG(残業時間)
     FROM [ ③ ], [ ④ ]
     WHERE [ ③ ].所属ID = [ ④ ].部署ID
     GROUP BY [ ⑤ ], [ ⑥ ]

 SQL文の空欄⑤、⑥に入る最も適切なものの組み合わせはどれか。
 ア ⑤:4月の残業時間 ⑥:残業時間
 イ ⑤:従業員ID   ⑥:4月の残業時間
 ウ ⑤:所属ID    ⑥:部署ID
 エ ⑤:部署ID    ⑥:部署名

【解答】

正解:エ

GROUP BY ソートする項目名
で、順位の高い順に記述する。
参照:「SELECT文の演習」

第11問

ある企業A社では、インターネットによって社員間の情報共有を推進するために、自宅パソコンからのアクセス、携帯電話からのアクセス、カフェなどでの無線LANによるアクセスなど、多様なネットワーク接続で自社システムを利用できる環境を実現している。これに関する記述として、最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:イ

アは×。HTTPSはSSL等で暗号化
イは○。VPN(仮想閉域ネットワーク) →参照:「閉域インターネット」
ウは×。そのWebページが携帯電話用HTMLで記述されていればよい
エは×。IPアドレスが必要だが、一般にはプロバイダが一時的に割り付けるので、パソコン自体でもっている必要はない

第12問

顧客へのWebサーバによる各種サービスを中断しないようにするためには、サーバコンピュータの信頼性を向上させることが課題である。一般の廉価なパソコンをサーバとして用いる中小企業が多いが、その信頼性が問題となる。万が一に備えて、メインのサーバと同機能のサブのサーバを並列化して利用することを検討している。メインのサーバの信頼性が90%、サブとするサーバの信頼性が70%とするならば、並列化したシステムの信頼性として、最も適切なものはどれか。
 ア 63%   イ 80%   ウ 97%   エ 99.5%

【解答】

正解:ウ

信頼性Ra=0.9とRb=0.7の機器が並列
全体の信頼性R=1-(1-Ra)×(1-Rb)=1-0.1×0.3=0.97
参照:「システムの信頼性」

第13問

情報システムの設計に関する記述として、最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

アは×。「時間的情報」があいまい。要件定義以外でも利用 →参照:「DFD」
イは×。「記憶領域の配置」など実装レベルではない →参照:「ERモデル」
ウは○。「画面設計」より「画面の遷移の設計」のほうが適切だが →参照:「オートマトンと状態遷移図」
エは×。開発モデルには無関係。オブジェクト指向アプローチ →参照:「UMLの概要」

第14問

ある事業所で、受発注処理や商品管理に関わる業務の基幹となるシステムが古くなってきたので、事業所の業務をよく知るソフトウェアハウスが主体となって、ウォータフォール型システム開発方法論によって新規のシステムを開発することにした。システムの移行を円滑に行うためにはシステムテストが必要になる。これに関する記述として、最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:イ

事業所=発注者・利用者、ソフトウェアハウス=開発者
アは×。モジュールテスト=単体テスト→開発者が実施
イは○。負荷テスト→実際の状況→利用者環境で実施
ウは×。単体テスト→結合テスト→システムテストの順
エは×。当然通常データも必要
参照:「テストの種類・方法」

第15問

ある企業B社では、役員の確定申告に際して電子申告を奨励することになった。電子申告を始めるためには、最初に開始手続を行うが、その手続きの1つとして認証機関から電子証明書を発行してもらう必要がある。この電子証明書についての説明として、最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

アは×。電子署名の復号は私有鍵(秘密鍵?)ではなく発信者の公開鍵を使用 →参照:「電子署名と公開鍵暗号方式」
イは×。認証機関は民間機関でもよい →参照:「ルート認証局とブリッジ認証局」
ウは×。受信者のリクエスト(パソコン操作)により発行・表示
エは○。 →参照:「電子署名の認証」

第16問

情報システムは、日常的経営活動だけでなく、競争戦略的にも役割期待が高まっている。しかしその一方で、情報システムへの不正アクセスや情報漏洩(ろうえい)などにより、ともすると企業の存続さえ脅かす問題を発生させる危険性もはらんでいる。そのため、ITガバナンスの重要性が叫ばれ、ITに対する強力な内部統制プ ログラム構築への意識が高まっている。このようなプログラムの特徴として、最も不適切なものはどれか。

【解答】

正解:ア

アは×。最大目的は信頼性、経営への貢献性の向上。
  無駄をなくして効率性の改善にも役立つ。
イ~エは○。
参照:「日本版SOX法の概要」

第17問

インターネットによるサービス提供の主要技術となったWebサービスは、4つの主要技術から構成されている。以下のa~dの説明と、その説明に適する用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
 a プログラムからWebサービスを呼び出すためのインターフェイス情報
 b Webサービスを登録・検索するための仕組み
 c Webサービスの文書をHTTPで交換する通信規約
 d コンピュータが文書のデータ構造と内容を解析できるようにした表現形式
[解答群]
 ア a:SOAP  b:UDDI  c:WSDL  d:XML
 イ a:UDDI  b:WSDL  c:XML   d:SOAP
 ウ a:WSDL  b:UDDI  c:SOAP  d:XML
 エ a:XML   b:SOAP  c:UDDI  d:WSDL

【解答】

正解:ウ

「Webサービス」とは、一つのWebページから複数のサイトで構築しているサービスをまとめてサービスできるようにする仕組み。
参照:「SOA、SaaSを支える技術」

第18問

近年注目されているアーキテクチャであるSOA(Service Oriented Architecture)の説明として、最も適切なものはどれか。

【解答】

第19問

システム開発における設計フェーズには、次のような作業が含まれる。これらの作業順序として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
 a 各設計フェーズに基づいて、開発工程別に作業単位を積み上げた工数の算出
 b 開発所要期間の見積結果と本番運用開始時期との整合性確認
 c 要員単価表による開発コストの算出
 d ファンクションポイント法などの生産性指標や類推法に基づいた工数の算定
[解答群]
 ア a → b → c → d
 イ a → d → c → b
 ウ d → a → b → c
 エ d → c → b → a

【解答】

正解:ウ

開発プロセスのどの段階で、工数や時間が明確になるかを考える。
当初は、開発する機能から推定する→類似の過去システム(類推法)、画面やファイルの個数(ファンクションポイント法)=d
要件が明確になると、外部設計やプログラミングなどプロセス別に工数や時間が推定できる。作業を分割することにより(WBS法)、より詳しい見積もりができる。=a
ここまでで工数把握ができたので、それから標準的な費用を算出する=b
プロジェクトは、本番開始時期が先に決定されることが多い。早期着手、短期間開発が必要ならば、要員引当などで費用に変化が生じる=c

第20問

当社は、アセスメントモデルによる評価を踏まえて情報システムの評価を行おうとしている。経済産業省の「アセスメントモデル活用ガイド」(平成18年12月)では、組織やプロジェクトのプロセス改善活動のアセスメントについての指針を提示している。この指針について、最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

同ガイドは「 http://sec.ipa.go.jp/download/dl.php?filename=report/200612/sec-spiwg1-AMUG-20061218-v0.pdf」にある。 アセスメントモデルとは、評価をするときのモノサシになるもので、国際規格に ISO/IEC15504 がある。また、プロセス改善とは、プロジェクトの運営を改善することで、それに関しては、別冊に「プロセス改善ナビゲーションガイド」がある。
ガイドを知らなくても、CMMやシステム監査などから類推できる。
アは×。自己アセスメントとは対象組織の人が自分で行ない、独立アセスメントとは対象組織から独立した人が行うアセスメントである。設問文での「自己アセスメント」を「アセスメント」にする必要がある。一般の監査や認定からも類推できよう。
イは×。一般の監査や認定と同様に、情報を提供して協力することが必要。
ウは×。CMMなどと同様のレベル0(不完全なプロセス)~レベル5(最適化されたプロセス)の尺度を用いる。本ガイドにABCという用語は出てこない。
エは○。SWOT分析とほぼ同じ。現状を把握するのに必要。最初の段階で行う。
参照:「ソフトウェアプロセスのアセスメント」

第21問

システム開発プロジェクト管理の方法として、EVM(Earned Value Management)が使われる。これについて、最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:イ

アは×。短期間プロジェクトでは管理する効果が小さい。
イは○。誤った情報、不適切な情報からは正しい予測ができないのは当然
ウは×。できるという人もいるが状況次第。10%では今後の状況変化に不確定要素が多い。
エは×。アと同様。牛刀を振り回す必要はない。
参照:「プロジェクトの見積りとEVM」

第22問

「ITセキュリティ評価及び認証制度」において「認証機関が公開する評価基準」の規格として公開している Common Criteria の説明として、最も適切なものはどれか。
 ア 運用時の脆弱姓や誤使用に対する抵抗力も評価される。
 イ 企業などで業務処理に利用する個別情報システムのセキュリティ能力を評価する。
 ウ 基準を適用する際に使用すべき評価方法について規定している。
 エ 認定における評価結果を用いるための手続きについても規定している。

【解答】

正解:ア

「ITセキュリティ評価及び認証制度」に関しては、http://www.ipa.go.jp/security/jisec/index.html を参照
CC (Common Criteria) とは、情報技術セキュリティの観点から、情報技術に関連した製品及びシステムが適切に設計され、その設計が正しく実装されていることを評価するための国際標準規格 (ISO/IEC15408)。 http://www.ipa.go.jp/security/jisec/cc/index.html
アは○。これらはセキュリティでの重要な原因
イは×。個別システムを対象とする意義がない。企業全体の体制が対象なのは他の認証制度と同じ
ウは×。「認証機関が公開する評価基準」なのだから、「何を評価するか」だけ。手段方法などは含まない。
エは×。これも「評価基準」には含まない。

第23問

立地の異なる当社の2店舗で、それぞれ1カ月間の日次売上高データを集めた。平均日次売上高に差がないという帰無仮説を統計的に検定したい。それぞれの母集団の標準偏差は分からない。しかし、データを調べたら両標本の分散が異なっていた。分析方法として、最も適切なものはどれか。
 ア ウェルチ(Welch)検定を行う。
 イ カイ二乗(χ2 )検定を行う。
 ウ 二元配置分散分析を行う。
 エ 二標本による平均のZ検定を行う。

【解答】

正解:ア

  • ウェルチ(Welch)検定:t検定のこと。分散が等しくないと仮定した2標本の平均値の差の検定に用いる。
  • χ2検定は、分散の差の検定に用いる。
  • 二元配置分散分析:2つ要因に複数のレベルがあるとき、特性に与える影響に有意差があるかをF検定する。
     複数の生産工程、複数の原料で収率に差があるかどうかを調べるときに用いる。
     レベルが2つのとき(工程が2つ、あるいは、原料が2つ)の場合は、χ2検定を用いる。
  • Z検定:母集団が正規分布に従い、その平均と標準偏差が既知のとき、標本の平均が母集団の平均に有意差があるかを検定する。
     ある成人男子の運動チームの選手の平均身長は、成人男子全体と比較して大きいといえるかどうかなどに用いる。
参照:「推測統計学の基礎」「t分布と推定・検定」

第24問

当社の1カ月間の日次売上高データを集めた。このデータの統計的分析方法を検討するために、まず正規確率プロット図を作成する。この場合、最も適切なものはどれか。
 ア S字形になったので、売上高データは正規分布している。
 イ 正規確率プロット図は、正規分布をするデータでなければ作成できない。
 ウ データの順番に対応する標準化値を求める。
 エ 山形の正規確率プロット図になったので、売上高データは正規分布している。

【解答】

正解:ウ

「正規確率プロット図」とは、確率統計用方眼紙の一つで、データをプロットすると、正規分布のときは直線になり、平均や標準偏差を読み取ることができる。
アは×。正規分布のときは直線になる。
イは×。正規分布になっているかどうかの確認に用いるのだから、データの分布は任意。
ウは○。正規分布になるかどうかを調べるのであれば順番は関係ない。プロットした点の変動係数がわかるので、点の名称をデータ順番で特定すれば、そのデータのズレがわかる。他が明らかに×なのでこれを○とする。
エは×。アと同じ理由。
参照:「正規確率紙」