スタートページWeb教材目次選択肢試験目次

ck06 中小企業診断士一次試験
経営情報システム 平成18年度


第1問

次の記憶装置に関する記述について,空欄A~Dに入る最も適切な用語の組合せを下記の解答群から選べ。
 コンピュータにはさまざまな記憶装置が使用されている。このうち[ A ]と[ B ]間のデータ交換は最も演算処理速度に影響を与える。この[ B ]には処理速度の速い[ C ]が使用されるが,容量当りの単価が高いので業務に使用するソフトウェアの種類を考慮して,適切な容量を装備する必要がある。
 [ C ]には必要に応じてさまざまなデータが格納されたり消去されることが繰り返されるが,容量が足りなくなることがあり,そのような場合にはハードディスクなどが[ D ]として利用され。処理速度は遅くなる。
[解答群]
 ア A:CPU   B:主記憶装置 C:半導体メモリ   D:仮想記憶
 イ A:CPU   B:入出力装置 C:キャッシュ    D:バッファ
 ウ A:制御装置  B:入出力装置 C:半導体メモリ   D:キャッシュ
 エ A:入出力装置 B:キャッシュ C:フラッシュメモリ D:仮想記憶

【解答】

正解:ア

前半はキャッシュに関する文章だと見抜く必要がある。
  →A=CPU, B=主記憶装置(メモリ)
 参照:「記憶階層とキャッシュメモリ」(hs-kioku-kaisou
後半はC(=B=主記憶装置)とハードディスクとの関係
  →D=仮想記憶
 参照:「仮想記憶方式」(hs-kasou-kioku

第2問

最近のパーソナルコンピュータ(パソコン)で利用される処理速度の高速化技術は「二重化(デュアル)」がキーワードとなっているが,これに関する記述として最も適切なものはどれか

【解答】

正解:イ

アは×。この説明はRAID0(ストライピング)。RAID1はミラーリング。
イは○。設問文の通り。
ウは×。「2つの同じタイプ」である。
エは×。入力側ポートと出力側ポートの2つのポートによる高速化

第3問

次のソフトウェアに関する記述について,空欄A~Dに入る最も適切な用語の組合せを下記の解答群から選べ。
 コンピュータ上ではさまざまなソフトウェアが稼動しているが,[ A ]の管理やその有効利用を図るためのものが[ B ]である。この[ B ]の上でさまざまな用途向けの機能を提供するものが応用プログラムであるが,[ C ]など多目的に利用されるソフトウェアを共通応用ソフト,[ D ]のような特定の用途で利用されるソフトウェアを個別応用ソフトなどと呼ぶ。
[解答群]
 ア A:GUI    B:基本ソフトウェア C:販売管理や財務管理    D:ワープロや表計算
 イ A:入出力    B:ミドルウェア   C:DBMSや通信管理ソフト D:販売管理や財務管理
 ウ A:ネットワーク B:ミドルウェア   C:DBMSや通信管理ソフト D:プログラム言語
 エ A:ハードウェア B:基本ソフトウェア C:ワープロや表計算     D:販売管理や財務管理

【解答】

正解:エ

A:アの「GUIの管理と有効利用」は奇妙。→アは△
  ウの「ネットワーク」に絞るのも全体の文章から奇妙。→ウは△
B:「DBMSや通信管理ソフト」は「ミドルウェア」→イ・ウは×
Cは多目的:「販売管理や財務管理」は不可。→アは×
Dは特定用途:「プログラム言語」は不可。→アは×
消去法により,エが○。

参照:「ソフトウェアとOS」(hs-soft-kiso

第4問

レガシーシステムへの対応が近年大きな課題となっている。そのための基本的知識として,種々のプログラミング言語の特徴を理解しておく必要がある。  次のaからdの記述とその記述に該当する言語の組合せとして,最も適切なものを下記の解答群から選べ。
 a 最も古い科学技術計算向き高水準言語である。
 b インタプリタ型言語として用いられる。
 c UNIXのシステム記述言語である。
 d 最も古い事務処理向き高水準言語である。
[言語]
 1 BASIC  2 C  3 COBOL  4 FORTRAN

[解答群]
 ア a-1  b-4  c-3  d-2
 イ a-2  b-1  c-4  d-3
 ウ a-4  b-1  c-2  d-3
 エ a-4  b-2  c-3  d-2

【解答】

正解:ウ

BASIC:TSS用言語からパソコン用へ。インタプリタ言語
C:オープン系での代表的コンパイラ。UNIXはこれを用いて記述
COBOL:汎用コンピュータで広く用いられている事務処理向き高水準言語
FORTRAN:汎用コンピュータで広く用いられている科学技術計算向き高水準言語

参照:「プログラミング言語の発展」(hs-prog-language

第5問

ある事業所で販売管理を行いたいと考え,「顧客名,商品名,販売数量,販売価格,販売日」をデータ項目とする売上表と,「納入業者名,商品名,仕入数量,仕入価格,納入日」をデータ項目とする仕入表をデータファイルとして作成した。データは販売あるいは納入日順に入力されている。
 これらのデータ処理に関する次の記述の空欄A~Dに入る最も適切な用語の組合せを下記の解答群から選べ。

[解答群]
 ア A:ソート(整列)   B:連結リスト   C:先入先出リスト D:正規化
 イ A:ポインタによる連結 B:先入先出リスト C:後入先出リスト D:索引順編成ファイル作成
 ウ A:ポインタによる連結 B:連結リスト   C:先入先出リスト D:ソート(整列)
 エ A:連結リスト作成   B:リレーション  C:コードリスト  D:索引順編成ファイル作成

【解答】

正解:ア

D:リレーショナルデータベース(RDB)にする→正規化。アが○
C:「先に仕入れた順番に販売」→先入先出。イとエは×。
A:「販売あるいは納入日順に入力」「元の入力した順番に戻せなくなる」→ソート。アが○

第6問

次の1~3の業務において利用するコンピュータ処理形態として,最も適切な組合せを下記の解答群から選べ。

  1. 各店舗から在庫データを記憶媒体に入れて持ち寄り,商品別日次在庫一覧表を作成するコンピュータ処理
  2. 工場内で利用される,センサなどの工程監視機能がついたスタンドアロン型ロボットの自動運転時のコンピュータ処理
  3. 全国に配置された窓口の端末による,列車や航空機の座席予約や乗車・航空券発券のコンピュータ処理

 ア 1:オンライントランザクション処理 2:タイムシェアリング処理     3:リアルタイム制御処理
 イ 1:タイムシェアリング処理     2:オンライントランザクション処理 3:リモートバッチ処理
 ウ 1:バッチ処理           2:リアルタイム制御処理      3:オンライントランザクション処理
 エ 1:リモートバッチ処理       2:バッチ処理           3:リアルタイム制御処理

【解答】

正解:ウ

バッチ処理(一括処理)
データをコンピュータ室に持ち込み,コンピュータに読取らせる。
処理の間,人間は介入しない。
定例的定型的処理に適する。→1
リモートバッチ処理
遠隔地からデータをセンターへファイル転送→センターでバッチ処理→結果を遠隔地へファイル転送。
リアルタイム処理
即時処理(バッチ処理の対語)。
機械・装置・設備の制御に用いる場合がリアルタイム制御処理。→2
オンライントランザクション処理
端末からデータを入力→中央コンピュータで即時処理→結果を端末表示。→3
タイムシェアリング処理
多数の端末から1台のコンピュータを時分割で共同利用。
通常のサーバを用いるEUCはこの形式

第7問

eビジネスを行うためのWebコンテンツ作成では,次の記述のような点に注意する必要がある。空欄A~Cに入る最も適切な用語の組合せを下記の解答群から選べ。

[解答群]
 ア A:CGI  B:シングルサインオン C:RAD
 イ A:CGI  B:ログオン      C:DBMS
 ウ A:クッキー B:シングルサインオン C:DBMS
 エ A:クッキー B:ログオン      C:RAD

【解答】

正解:ウ

  • A:クッキーはサーバからのメッセージをクライアントに保存し,サーバがそれを読むことにより,画面間の情報を渡す機能。
    CGIはWebページからプログラムを実行するためのインタフェース。
  • B:これはシングルサインオン
  • C:DBMSはデータベースの管理システム
    データが多い→データベースを利用
    RAD(Rapid Application Development)はソフトウェアの短期間開発技法

第8問

次のデータベースに関する記述について,空欄A~Eに入る最も適切な用語の組合せを下記の解答群から選べ。
 商品管理のため,以下の表1,表2のようなデータがリレーショナルデータベース内に格納されている。これらをもとにして,画面上に表3のような表示を行った。

表1 商品表                表2 売上表
 商品コード 商品名 メーカ   単価      日付  商品コード 売上数量
  A001   テレビ M電気  10,000    2月 3日  C001     2
  A002   炊飯器 M電気  10,000    2月 8日  B001     5
  B001   洗濯機 N製作所 15,000    2月10日  A002     1
  C001   冷蔵庫 P電器  20,000    2月10日  C001     6
                       2月14日  A001     3
                       2月17日  A002     4
表3 画面表示
  日付  商品名 売上数量 売上金額
 2月 3日 冷蔵庫  2    40,000
 2月 8日 洗濯機  5    75,000
 2月10日 炊飯器  1    10,000
 2月10日 冷蔵庫  6   120,000
 2月14日 テレビ  3    30,000
 2月17日 炊飯器  4    40,000

[解答群]
 ア A:実体  B:インスタンス C:実装     D:参照ファイル E:トランザクションファイル
 イ A:実体  B:外部キー   C:概念スキーマ D:トランザクションファイル E:マスタファイル
 ウ A:主キー B:インスタンス C:外部スキーマ D:マスタファイル E:参照ファイル
 エ A:主キー B:外部キー   C:仮想表    D:マスタファイル E:トランザクションファイル

【解答】

正解:エ

  • E:表2のように,取引などのイベントが発生するたびに更新されるファイルをトランザクションファイルという。ウは×
  • D:表1のような台帳をファイルにしたものをマスタファイルという。イは×
    (参照ファイルというかも知れない→アは△)
  • A・B:「商品」「メーカ」などを実体(エンティティ)といい,[テレビ][炊飯器][M電気]などをインスタンスという。→アとウは×。
    主キーとは,その値が決まればレコード全体が決まる項目のこと
    一般にマスタファイルでは,そのエンティティのコードが主キーになる(ユニークキー)。
    外部キーとは,外部の表を参照するためのキー。→エが○
  • C:表1や表2のように実際に存在する表を実表,表3のように一時的に作られた表を仮想表という。

参照:「ファイルの概念」(db-file

第9問

以下の従業員表から,次のSQL文で所属と氏名のデータを取り出した。抽出されたデータのうち氏名の項目について,最も適切な組合せを下記の解答群から選べ。
[SQL文]
 SELECT 所属, 氏名 FROM 従業員表 WHERE 年齢 BETWEEN 20 AND 30
[従業員表]
  ID 氏名 所属  年齢
  1001  A  経理部 23
  1002  B  営業部 20
  1003  C  営業部 28
  1004  D  人事部 26
  1005  E  経理部 30

[解答群]
 ア AとBとC イ AとBとCとD ウ AとC エ  AとCとE

【解答】

正解:イ

「年齢 BETWEEN 20 AND 30」から明白
参照:「SQL:SELECT文の演習」(db-access-select

第10問

次のLANに関する記述について,空欄A~Dに入る最も適切な組合せを下記の解答群から選べ。
 イーサーネットを利用する事業所内LANでは,[ A ]方式の通信方法が用いられているが,この通信方法では衝突が発生する可能性があり,その割合に応じて通信速度の低下が起こる。
 端末の増設数が多くなれば,通信の衝突回数が増えて通信速度の低下も顕著となる可能性があるので,「 B ]を導入することは衝突回避に有効である。
 イーサーネットを施設する場合は,最近はツイストペアケーブルが多く用いられるが,100Mbpsの伝送速度が必要な場合は[ C ]のケーブルを使用する必要がある。
 このLAN上でインターネットを利用する際に用いられる標準のプロトコルが[ D ]である。
[解答群]
 ア A:CSMA/CD B:スイッチングハブ   C:100BASE-TX D:TCP/IP
 イ A:CSMA/CD B:ブロードバンドルータ C:100BASE-FX D:ISDN
 ウ A:トークンパッシング B:ブロードバンドルータ C:100BASE-TX D:TCP/IP
 エ A:パラレル B:ターミナルアダプタ  C:100BASE-FX D:HDLC

【解答】

正解:ア

  • A:「イーサーネット」「衝突」よりCSMA/CD
    トークンパッシングはリング型。→ウとエは×
    参照:「LANの基礎」( nw-lan-kiso
  • B:スイッチングハブが○,接続機器以外には通信しないのでトラフィック減少。
    ブロードバンドルータは,複数のパソコンをADSLなどのブロードバンドによるインターネット接続に用いるルータ。衝突回数には無関係
    ターミナルアダプタは,ISDNなどのデジタル回線とパソコンを接続する機器
    →アは○。それ以外は×
  • C:「-TX」はツイストペアケーブル
    「-FX」は光ファイバーケーブル→イとエは×
  • D:LANでのプロトコルは(広義の)TCP/IP
  • HDLCは高速通信回線で伝送プロトコル

第11問

情報システムは,もはや企業経営に欠くことのできないものである。特に近年のeビジネスの進展により情報システムが利益を生み出す重要な源泉のひとつになっている。そのような中,情報システムの運用や情報流出のリスク対策は重要な課題となる。次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

エが不適切。一般に無停電電源装置はUPSのことでバッテリーである。長時間停電に対処するには自家発電装置が必要。

第12問

物品管理に利用されるコードは,従来のバーコード(JIS-X-0501~0504)だけでなく2次元コード(JIS-X-0510)が普及しつつある。これらのコードの特徴として,最も不適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

アは○。大きさはまちまちなので正確には10分の1程度とはいえないが
イは○。「一部」がどの程度か不明だが,7%~30%の復元が可能
ウは×。当然上限は存在する。
エは○。英数字は使えるが漢字・カナは使えない。
参照:「情報活用動向の基礎」( kj-doukou-kiso

第13問

システム開発に失敗しないためには,特に開発の上流工程が重要であるといわれている。次の記述のうち,最も適切なものはどれか。
 ア システム開発プロジェクトはシステム要件定義から始まる。
 イ システム要件定義が正しく実現されているかどうかは,最終的にシステムテストで確認できる。
 ウ ユーザが見積を早く欲しがるので,ベンダ企業はシステム要件定義を後回しにしがちである。
 エ 予算見積リスクは開発過程の後工程ほど小さくなる。

【解答】

正解:エ

  • アは×。プロジェクトの開始は,プロジェクトの組織化や範囲の決定などから。
    参照:「プロジェクトマネジメントとPMBOK」( std-pmbok
  • イは×。例えば応答時間などの要件は運用テストになる。
    参照:「テストの方法」( kj-test-kiso
  • ウは×。要件が明確にならないと見積もりはできない。
  • エは○。

第14問

ますます厳しさを増している競争環境において企業を維持発展させるためには,情報技術を巧みに駆使して企業情報システムを構築することが重要な課題になっている。このようなシステム構築のための一般的な前提や考慮すべき点に関する記述として,最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

アは×。システム化に際して業務の改善・改革を行うべき
イは×。SISは経営戦略実現のためのものであり,策定のためではない。
ウは×。顧客の価値観や要求は多様化している。
エは○。

第15問

情報化投資の[生産性パラドックス]に関する記述として,最も適切なものはどれか。
 ア 経営者が情報化投資の価値を正しく認識しないことである。
 イ 情報化投資とソフトウェア開発の生産性との間に相関関係がないことである。
 ウ 製造業における情報化投資に限って見られる問題である。
 エ マクロ経済のレベルだけでなく,個別企業レベルでも生じる問題である。

【解答】

正解:エ

「情報化の効果はあらゆるところでいわれているが,統計でそれを示されたことがない」というソローの指摘である。1990年代になると,これを反証する研究が多く発表されるようになってきた。

第16問

電子商取引のプロトコルであるebXML(electronic business XML)に関する記述として,最も適切なものはどれか。
 ア SOAP(Simple Object Access Protocol)を拡張した規格である。
 イ UN/CEFACTが独自に開発した規格で,現在もここが開発している。
 ウ 電子機器業界に特化した電子商取引標準規約である。
 エ 取引主体はebXMLであらかじめ定められているビジネスプロセスに従い,他者と電子商取引を行う。

【解答】

正解:ア

  • アは○。SOAPは他のサイトのWebサービスを呼び出す規格
    ebXMLは,それを拡張したもの。受発注や見積もりなどビジネス上のデータ交換の手順や表現形式に関する標準を定め、一つのシステムですべての取引先に対応できるようにする
  • イは×。UN/CEFACT(国連の一機関)とOASIS(構造化データの標準化団体)がebXMLイニシアティブを設立し運営
  • ウは×。あらゆる業界を対称にしている。
  • エは×。受発注や見積もりなどビジネス上のデータ交換の手順や表現形式に関する標準を定めている。

第17問

近年,種々のシステム開発モデルが提唱されつつある。次の記述のうち最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

アは×。すべての工程を後戻りなく行う方法論
イは×。常にフィードバックを行うのが特徴
ウは○。スパイラル型開発モデルには,逐次改善する意味もある。
エは×。むしろ小規模システムに適する。
参照:「システム開発技法」( kj2-kaihatsu-gihou

第18問

レガシーシステムによるアプリケーションシステムの運用管理は,コスト的にも機能的にも限界にきている。
 A社は,ERPパッケージなどの導入も検討したが,かなりのカスタマイズと業務の抜本的改革を行い,リスクも大きくなると判断した。そこでA社の経営者は,ERPの導入をあきらめて,自動変換ツールを利用しつつ,まずは既存のアプリケーション資産のオープン系システム,たとえばUNIXサーバなどへの移植を検討した。この検討に関する記述として,最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:イ

アは×。実行形式のプログラムでは移植性がない。
イは○。これにより無駄が省ける。
ウは×。むしろ端末画面や出力帳票などの変換が困難なことが多い。
エは×。「はかなり異なる」ことと「基本的に変更しない」ことに矛盾

第19問

クライアントであるA社のパソコン導入に際して,現在及び将来の利用業務,ネットワーク化,ハードウェアとソフトウェアの選定,総経費の見積もりなど考慮すべきことを,中小企業診断士として助言した。ただし,今回については,自社独自のアプリケーション開発は行わないこととした。次の記述のうち最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

  • アは×。管理や手助けなどの人件費など直接以外の費用が,設問の費用の数倍になるといわれている。
  • イは×。インターネット接続だけならサーバは不要
  • ウは○。
  • エは×。④は②の前に行う必要

第20問

情報システムのセキュリティ確保のために,データベース管理システム(DBMS)の運用ログを記録することが推奨されている。これについての説明として,最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

アは×。ログ削除は記憶容量の都合で,エージェントソフトには無関係
イは×。パケットキャプチャはLAN回線でのログ取得。DBMS内部とは無関係
ウは○。ログ記録のためのI/Oが発生
エは×。更新中の障害もあるので,更新前の入力データもログとして記録する。

第21問

Webサイトと一般のWebサイト利用者(以下,「利用者」という。)の間で交わされる情報は,ネットワーク盗聴によって不正に取得され,解読される可能性がある。この危険を回避するための注意事項として最も適切なものはどれか

【解答】

正解:イ

アは×。ICMPはネットワーク障害時に送信元ホストに伝えるプロトコル
イは○。HTTPSはHTTPにSSL機能を加えたもの
ウは×。メール受信時にSSLを使う機能
エは×。MIMEはメールに多様な文字コードや画像を使えるようにした機能

第22問

コンピュータウイルスに関する記述として最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:エ

アは×。閲覧しただけでスクリプトウイルスに感染
イは×。ウイルスの発見にも用いられる
ウは×。メール対策だけでなくWeb閲覧対策も
エは○。
参照:「セキュリティの基礎」( sec-kiso

第23問

「電子帳簿保存法」(電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存法等の特例に関する法律)に関する記述として最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:ア

アは○。e-文書法により電子帳簿保存法も改正された。
イは×。「一貫して」電子計算機を用いることが要件
ウは×。COMに限定したものではない
エは×。事後ではなく事前
参照:「e-文書法の概要」

第24問

売上高の傾向をみるために,ある商品の過去10ヶ月間の売上高の実績値を実線でグラフにした。これに平滑化係数0.8で指数平滑法をあてはめたグラフとして,最も適切なのはア~エのうちどれか。

【解答】

正解:ウ

当月予測値=前月予測値+0.8(前月実績値-前月予測値)
グラフの特徴
・指数的に増加 → 実績値>予測値になる →ア・イは×
・平滑化指数0.8 → 最近の実績値に近い →ア・エは×

第25問

ある経営者は,手元の100万円で株式Aまたは株式Bのいずれを買うべきか迷っている。景気が良くなれば1年後に,株式Aを購入した場合は3万円の利益,株式Bの場合は1万円の利益になると予想している。景気が悪ければ,株式Aは1万円の損失,株式Bは0円の利益になると予想している。景気の良くなる確率は不明であり,経営者はどちらにするか決めかねている。経営者が2つの選択肢の期待利益が等しいと見ているとするならば,経営者は景気の良くなる確率をどのように予想しているといえるか。最も適切なものを選べ。
 ア 25%  イ 30%  ウ 33%  エ 50%

【解答】

正解:ウ

景気の良くなる確率をpとする。
株式Aの期待値:3p-1(1-p)=4p-1
株式Bの期待値:1p+0(1-p)=p
これが等しいのだから,4p-1=p ∴p=1/3→33%
参照:「期待値」( or-dm-kitaichi


本シリーズの目次へ