コミュニケーションシステム(グループウェア)<システムの活用<Web教材<木暮仁

Web教材一覧システムの活用

コミュニケーションシステム(グループウェア)

部品: コミュニケーションシステムの特徴グループウェアの機能グループウェアとインターネットの関係ナレッジ・マネジメントワークフロー管理システムグループウェアの目的グループウェアと組織文化

表示が不十分なときは、□をクリックすると、その部分が別ウインドウに表示されます。

学習のポイント

複数の人が協同して業務を行うことをCSCW(Computer Supported Cooperative Work)といい,それを実現するためのソフトウェアをグループウェアといいます。
 インターネットは,全世界の不特定多数を対象にしたネットワークですが,組織内でのコミュニケーションのためには,さらに特化した機能が必要になります。それに適したソフトウェアにグループウェアがありますが,その概要を理解します。なお,このグループウェアや後述するナレッジ・マネジメント,ワークフロー管理システム,それにインターネットを加えたようなシステムをコミュニケーション系システムといいますが,ここではグループウェアとコミュニケーション系システムとを混同して用いています(相互関係の図示)

キーワード

コミュニケーション系システム,グループウェア,電子メール,電子掲示板,ワークフロー管理システム,ナレッジ・マネジメント,情報伝達の迅速化,情報共有化,意思決定の迅速化,組織のフラット化,組織の創造性向上,組織文化


グループウェアの概要

グループウェアの特徴

グループウェアの主な機能

グループウェアとインターネットの関係


グループウェアの発展形態

ナレッジ・マネジメント

発展:「ナレッジ・マネジメント」

ワークフロー管理システム

発展:「ワークフロー管理システム」


経営におけるグループウェアの意義

グループウェアの目的

グループウェアと組織文化


理解度チェック: 正誤問題選択問題記述問題
過去問題