要件定義<システムの調達<Web教材<木暮仁

Web教材一覧システムの調達

要件定義

部品: 要求、要件、機能要件定義でのトップダウンとボトムアップ 要件定義の重要性要求フェーズでの苦情過剰要求の危険用語定義の重要性 BABOKの概要(std)、 要求の引き出しとまとめの方法

表示が不十分なときは、□をクリックすると、その部分が別ウインドウに表示されます。


要件定義とは

要求、要件、機能

要件定義でのトップダウンとボトムアップ


要件定義の重要性と留意点

以降の要件定義とは、主としてシステム要件定義を指します。

例えば、誤ったデータが入力されるのを防ぐために、入力チェックが必要ですが、どのような誤りデータが発生するのか、その影響の大きさはどうかなどは、利用者でないとわかりません。また、そのチェックにどれだけの作業量が必要なのかは開発者でないとわかりません。このようなことも要件定義工程で確認しておく必要があります。
参照:「株誤発注事件」

要求定義の遅れや後での追加変更の影響

(参考)不適切な要件定義工程によるトラブル例

要件定義工程が遅れたり変更になったりすると、プロジェクトに大きな影響を与え、それが企業の社会的信用を低下させることすらあります。
参照:「合併システムのトラブル」「自社カードプロジェクト失敗例」

過剰要求による採算性の低下

日常用語での誤解


要求の引き出しとまとめの方法

上述のように、気づかないニーズもあるし、ニーズを相手に誤解なく伝えることは難しいものです。それで、要求を引き出す技術が必要になります。

BABOK

基本的な方法


理解度チェック: 正誤問題選択問題記述問題
過去問題 要求の引き出しとまとめの方法