要件定義の重要性<システムの調達<Web教材<木暮仁

Web教材一覧システムの調達

要件定義の重要性


情報システム開発の成否は要件定義の成否にかかっているといわれます。要件定義は、構築する情報システムの仕様書になるものですから、要件定義が不適切だと、開発した情報システムが不適切なものになるのは当然です。

要件定義が不適切になる原因には、次のようなものがあります。

要点定義は開発プロセスの最初のプロセスですから、このプロセスが遅れると、全体のプロジェクトが遅れてしまいます。しかも、開発途中や開発終了の頃になって、要件が変更になると、大きな手戻りが生じて、開発費用や納期に大きな影響を与えることになります。「人により要求が異なる」「いつになっても要件が確定しない」「後になってから要件変更が起こる」などが多いのです。
 よく、「計画した2倍の費用と2倍の期間がかかり、1/2の機能しか実現できない」という222の法則がいわれますが、要件定義がその主原因になっていることが多いのです。


理解度チェック: 正誤問題選択問題