Web教材一覧システム調達

株誤発注事件


ジェイコム株誤発注事件

事件の推移

2005年12月8日
 ジェイコム:東証マザーズに新規上場
  発行済株式:1万4500株,新規上場株数3000株
  初値:67万2千円

みずほ証券:端末誤操作
  「61万円で1株売り」を「1円で61万株売り」と入力
  システムはそれを受付。取消操作に失敗
  買戻操作をしたが,その間に10万株が買われてしまった。その間16分

その影響
  差金決済調整:91万2千円で買戻し。→400億円の損失!
  発表遅れによる急騰・反落→ジェイコムの損害,証券株・銀行株の下落

システムでの問題点

新規上場銘柄での東証マザーズシステムの仕組み
  一般投資家対象:初日株価は初値により制限値幅が設定
    (初値が67万2000円→制限値幅は上下10万円)
  証券会社対象:制限値幅設定なし

チェックシステム
  誤入力チェック:みずほ証券のシステムにより警告表示→担当者はそれを無視
  注文取消システム:東証のシステムの不具合と操作ミス→取消できず

責任の所在
  みずほ証券:誤操作責任
  東証:システムの発注者・運用者
  みずほ証券・東証:公表遅れの責任
  富士通:システム開発者
  購入証券者:誤りと知りつつ購入したモラル

米国、発注単位誤入力事件?

2010年5月6日、ニューヨーク株式市場でダウ平均株価(30種)が急落した。
 米金融大手シティグループのトレーダーが、P&Gの株取引で「ミリオン」(100万)単位で注文を出すはずが、誤って「ビリオン」(10億)とミス入力したのが原因だと報じられた。それに対して、シティグループは事実無根だとコメントした。
 真偽はともかく、このような可能性は常に存在するのだ。