小売業の情報システム<システムの活用<Web教材<木暮仁

Web教材一覧システムの活用

小売業の情報システム

部品: 粗利益、商品回転率、交差比率DPP(Direct Product Profit)売れ筋商品と死に筋商品POSのしくみEOSPOSのメリットVMIとQR・ECRカードシステムRFM管理

表示が不十分なときは、□をクリックすると、その部分が別ウインドウに表示されます。

学習のポイント

小売業での利益確保の考え方を示し,小売業システムの代表例としてPOSシステムを取り上げ,それが単に店頭業務の合理化に役立つだけでなく,単品管理により利益を増大させることを理解します。また,顧客情報の活用について理解します。

キーワード

小売業、粗利益,商品回転率,交差比率,GMROI,DPP,売れ筋,死に筋,多頻度小ロット配送,POS,バーコード,JANコード,POSターミナル,ストアコントローラ,PLU,ストアコントローラ,ストアオートメーション,EOS,単品管理,顧客情報システム,カードシステム,クレジットカード,RFM管理


小売業の利益向上手段

商品の評価尺度

DPP(Direct Product Profit)

売れ筋・死に筋商品の把握


POSシステム

スーパーなどの小売業では,従来からPOS(Point Of Sales)の利用が盛んです。ここでは,まずその仕組みを理解し,次にこれの活用が上述の利益向上にどのように関係しているかを理解します。

POSシステムの仕組み

EOS

POSシステムのメリット

VMIとQR・ECR

POS/EOSが発展すれば、小売店、卸売業、メーカーが協力して、さらなる合理化を図ることができます。

参考: 「セブンイレブンの例」


顧客情報の活用

カードシステム

発展:電子マネー、RFID等について

近年は、リペイドカードとポイントカードが一体になった電子マネーが普及しています。また、近年のカードはRFIDという無線チップが内蔵されています。このRFIDを商品につけることにより、POSシステムを大きく変えると期待されています。
参照:「電子マネーとポイント」「RFID」

RFM管理


理解度チェック: 正誤問題選択問題記述問題
過去問題