経営戦略策定技法<経営と情報(経営情報システム)<Web教材<木暮仁

Web教材一覧経営と情報

経営戦略策定技法

部品: SWOT分析ポジショニング分析PPM成長ベクトルと多角化戦略ポーターの競争戦略理論バランススコアカード 顧客満足とマーケティング マーケティング戦略技法

表示が不十分なときは、□をクリックすると、その部分が別ウインドウに表示されます。

学習のポイント

この章では,経営戦略策定に関する多くの技法・理論を理解します。

キーワード

自社・環境の把握
  SWOT分析:強み・弱み・機会・脅威(孫子の兵法)
  ポジショニング分析:リーダー,チャレンジャー,ニッチャー,フォロアー
経営資源の配分
  製品のライフサイクル:コストリーダシップ,商品差別化
  PPM:問題児,花形商品,金のなる木,負け犬
  成長ベクトル:市場浸透戦略,新市場開拓戦略,新製品開発戦略,多角化戦略(シナジー)
競争優位の確立
  集中化(コスト集中,製品差別化)
  5つの競争要因:同業者,売り手,買い手,新規参入,新製品
  価値連鎖(バリューチェーン)
経営戦略の具体化
  バランス・スコアカード:財務的視点,顧客の視点,社内プロセスの視点,組織学習の視点
  マーケテイング戦略:顧客満足,マーケテイングミックス(4P)


自社・環境の把握

SWOT分析

ポジショニング分析


経営資源の配分

上記のような分析により,自社の持つ経営資源の配分すなわち自社が進むべき方向を決めることになります。配分を最適にするための理論を理解します。

アンゾフの成長ベクトル


競争優位の確立

ポーターは,企業が成長発展するためには,企業間での競争に勝つこと,すなわち競争優位を確立することが重要であるとして,次のような理論を展開しました。


経営戦略の具体化

バランススコアカード(BSC)

顧客満足とマーケティング

マーケティング戦略技法


理解度チェック: 正誤問題選択問題記述問題
過去問題