システム構成・形態の基礎<ハードウェアとソフトウェア<Web教材<木暮仁

Web教材一覧ハードウェアとソフトウェア

システム構成・形態の基礎

表示が不十分なときは、□をクリックすると、その部分が別ウインドウに表示されます。

学習のポイント

本章では,コンピュータの種類や構成について,歴史的な観点と,信頼性向上・高速化の観点から学習します。

キーワード

オフライン/オンライン,バッチ処理(一括処理)/リアルタイム処理(対話処理),汎用コンピュータ(メインフレーム),ミニコン,オフコン,パソコン,レガシーシステム/オープンシステム,ピアツーピア,シンプレックスシステム,デュアルシステム,デュプレックスシステム,ロードシェアシステム,マルチプロセッサシステム,フールプルーフ、フェイルセーフ,フェイルソフト、直列、並列、高速化率


システム構成の歴史的発展

初期からダウンサイジングまで

発展:「コンピュータの発展」

オープン環境でのシステム形態

発展:「クライアントの発展」

過去問題:「コンピュータの発展」「LAN環境でのシステム形態」


信頼性向上・高速化のためのシステム形態

過去問題:「システムの構成」


安定運用の考え方

過去問題:「フェイルセーフ」


計算問題

システムの信頼性

過去問題:「システムの信頼性」

複数機器による性能向上

過去問題:「複数機器による性能向上」