Web教材一覧ハードウェアとソフトウェア

その他の周辺機器

キーワード

キーボード、ショートカットキー、マウス、タッチパッド、タッチパネル、スキャナ、OCR


キーボード

キーボードの配列
いろいろな配列のキーボードが試みられましたが、多くのキーボードはQWERTY(クワティーと読む)配列になっています(左上から右にQWERTY~と並んでいる)。このような奇妙な配列なのは、昔の英文タイプライタ時代に英文を打つのに都合がよいからで(諸説ある)、それが継承されているのです。
 キーの下にひらがなが表示されています。日本語入力では「ローマ字入力」が一般的ですが、「ひらがな入力」に設定すれば、そのひらがなのキーを打つことによりローマ字入力と同じことができます。
ファンクションキー
最上列にF1~F12のキーがあります。漢字変換や全画面表示への切替などに使います。
アプリケーションキー
入力モードで行の先頭(Home)や行末(End)に移動、画面の上(PageUp)下(PageDown)への移動などの専用機能をもっています。
ショートカットキー
キーボード作業中に、マウスで右クリックして選択するという操作は非効率的です。コピーには「CntlキーとCキー」、貼りつけには「CntlキーとVキー」のように、代表的なマウス操作をキーボードだけで行うことができます。

ポインティング・デバイス

代表的なポインティング・デバイスにマウスがあります。画面のカーソル位置を決めるのに、マウスの移動方向と距離から算出しています。現在のマウスは光を机面にあてる光学的マルスですが、以前はマウスに内蔵したボールの回転を用いていました。
 マウス以外の主なポインティング・デバイスを列挙します。

トラック・ボールとタッチパッド
どちらもキーボードに一体化しています。トラック・ボールは、マウスを裏返した仕組みでボールを手で動かしてポインタを移動させる装置です。タッチ・パッドは、キーボード下部に小さな板状の部分です。その上で指を動かすことでポインタが移動します。
ジョイ・スティック
ゲーム機などでよく用いられます。レバーといくつかのボタンがついている装置です。レバーを前後左右に傾けたり、ボタンを押すことで画面上の位置や座標を指定する装置です。
タッチ・パネル
スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどでは、指やペンでディスプレイの画面に直接触れることで入力できます。そのような機能を付けていない機器では、周辺機器として板状のパネルを使います。

スキャナとOCR

近年のプリンタは、文書をデジタル化して読み込むスキャナ機能をもつ複合機が多くなってきました。スキャナ機能とプリンタ機能を組み合わせればコピー機にもなります。
スキャナの解像度や表示色に関してはプリンタと同じです。

OCR(Optical Character Reader,光学式文字読取装置)
スキャナで読み込んだ活字や手書きの文字を、文字コードに変換してデジタル文書にする機能です。文字コードに変換するには、高度なパターンマッチング技術や人工知能技術が必要で、それぞれの用途に応じたソフトウェアが開発されています。
 OCRソフトは通常はスキャナに同梱されていますが、より精度のよい用途のために、高度なOCRソフトや専用のOCR機器を用いることもあります。

理解度チェック

過去問題: 「その他の周辺機器」