スタートページ> (主張・講演Web教材歴史コンピュータの歴史パソコンの歴史

オフィスソフトの歴史
-ワープロソフト、表計算ソフトを中心に-


参考URL

外部資料

本ページ関連


ワープロソフト(Word等)、表計算ソフト(Excel等)、プレゼンテーションソフト(PowerPoint等)などを総称してオフィスソフトという。そして、オフィスソフトを統合した製品パッケージ(Microsoft Office等)をオフィススイートという。ここでは、ワープロソフトと表計算ソフトを中心に、歴史を振り返る。

主なオフィススイートと構成ソフト

オフィススイートワープロ表計算プレゼンテーションデータベース
Lotus SuperOfficeWordPro1-2-3FreelanceApproach
Microfoft OfficeWordExcelPowerPointAccess
JUST Office一太郎三四郎Agree五郎
OpenOffice.orgWriterCalcImpressBase

初期のオフィスソフト

  • ●ワープロソフト
  • 1978年 WordStar(Micro Pro)CP/Mで動く最初に普及したワープロソフト
  • 1982年 WordPerfect(Satellite Software International)MS-DOSで動く。1986年の 4.2がヒットし、トップの座を獲得。1989年の6.0 for DOS で現在のワープロソフトの基本機能
  • ●表計算ソフト
  • 1979年 Visi Calc(Dan Bricklin、Bob Frankston)AppleII用(8ビット)
  • 1980年 PIPS(SORD)日本で独自に開発した表計算ソフト。多くの反響を呼んだが、同社機でした搭載されなっかので普及しなかった。
  • 1982年 Multiplan(Microsoft)当時はCP/M向け、その後MS-DOSやXENIXにも移植。これがexcelの前身になる。

ワープロソフトや表計算ソフトはビジネスに不可欠なツールである。そのため、パソコンがビジネスに利用されるとすぐに開発された。むしろ、ソフトを利用するために。そのソフトを搭載したパソコンが売れるという状態でもあった。
 米国ではサラリーマンが自分で所得税申告を行うため、AppleIIが普及したともいわれている。日本でも、パソコンOSをCP/MにするかDOSにするか議論になった。
 当時は未だスイートという概念はなく、個々のソフトとして販売された。

オフィスソフトの百花繚乱

  • ●ワープロソフト
  • 1983年 Word(Microsoft)Xenix向け。1984年にMac向け
  • 1983年 JS-WORD(アスキーとジャストシステム)NEC初の16ビットパソコンPC-100に搭載
  • 1983年 松(管理工学研究所)PC-9801用ワープロソフト。一太郎とシェア競争するが、その後、Windowsへの対応をせずに敗退
  • 1984年 VJE(バックス)EFP。連文節変換が可能
  • 1985年 一太郎(ジャストシステム)EFPのATOKを開発。変換キーにスペースキーを採用、再変換機能などその後の標準となる。
  • ●表計算ソフト
  • 1982年 EPOCALC(富士通)、LANPLAN(NEC)当初はオフコン用として開発されたが、すぐにパソコン用に移植。
  • 1983年 Lotus 1-2-3(Lotus)Visi Calcを買収。IBM PC用(16ビット)
    初期のMultiplanと比べて性能がよく、IBM互換機の普及に伴い急速に普及し絶対的シェアを獲得
  • 1985年 Excel 1.0 for Mac(Microsoft)Excelは、当初Mac用に開発された。

LotusとMicrosoftの競争

1983年頃から、本格的なオフィスソフト開発競争になった。米国では、Lotusが先行し、Microsoftがそれを追うという構図になる。
 ロータス社(Lotus Development Corporation)は、1982年にケイパー(Mitchell David Kapor)とザックス(Jonathan Sachs)によって創設された。1983年にLotus 1-2-3を発売した。IBM PCやIBM互換機用の表計算ソフトにはすでにMicrosoft Multiplanが16ビット移行していたが、Lotus 1-2-3は機能の豊富さや高速性により、急速にシェアを伸ばした(世界的にはLotus 1-2-3のほうが優勢だったが、日本では、MultiplanがビジネスパソコンのIBM5550に搭載されたこともあり、Multiplanのほうが優勢だった)。
 その後、ロータスは企業買収を重ねて、Freelance Graphics、Ami Pro、Approach、Organizerなど多様なオフィスソフトを販売する。
 一方、マイクロソフトは1982年のMultiplan、1983年のWord、1985年のExcelなどによりロータス社に追撃する。これらは当初IBM互換機に対抗するApple社向けに開発され、その後自社のMS-DOS用に移植された。しかし、1980年代ではロータスのシェアを崩せるまでには至らなかった。

国内でのオフィスソフト

国内でもオフィスソフトへの対応は素早く、LotusやMicrosoftの動きに即応した。日本では独自の特徴があり、それが国内市場に大きく影響した。
 ワープロソフトでは日本語の取り扱いのため、海外製品普及の障壁になり、国産製品の普及を促進した。1978年に最初のワープロ専用機(東芝)が発売された。1980年には、NEC「文豪」、富士通「OASYS」、翌年にはシャープ「書院」が発売されるなど急速な普及をしていた。
 パソコン用ワープロソフトでは、当時国民機といわれるほどのシェアをもつNECパソコンを対象にした松(管理工学研究所)と一太郎(ジャストシステム)が先行した。その成功に刺激され、他のパソコンメーカーもワープロソフトの開発に参入する。
 日本語では、ローマ字やカナから漢字に変換するEFPが大きなウエイトをもつ。JIS漢字コードが普及する以前に各社が独自のEFPを開発しており、互換性に乏しかった。

EFPではMicrosoftのMS-IMEが広く使われているが、初代のMS-IMEは日本のエー・アイ・ソフトが自社の日本語入力システムのために開発したものをMicrosoft Windows 3.1のためにOEM納入したものである。

日本ではオフコン(オフィスコンピュータ)の影響が大きい。汎用コンピュータへの取り組み以前の1961年に小型事務用計算機として始まり、1970年代にはオフィスコンピュータとして独自の高度発展をしていた。そこでは、帳票作成機能から発展した表計算ソフト類似のソフトやワープロソフトがあった。
 NECのN5200ではLANシリーズ、富士通のFACOM9450ではEPOシリーズというワープロ、表計算、グラフ作成などを統合したオフィススイートになっていたのである。
参照:「オフィスコンピュータの歴史」

NECや富士通などが米国の状況を見てパソコン用に移植することは、むしろ容易だったといえよう。しかし、これらは多分に自社ハードウェアに限定されていた。そのため自社機(その多くは汎用コンピュータ)ユーザの間では大きなシェアを獲得したが、他社ユーザへの進出は見られなかった。

Microsoft Officeのデファクトスタンダード化

  • 1989年 ロータス、グループウェア「Lotus Notes」発表
    レイ・オジー(Ray Ozzie)による開発。独占的なシェアを獲得。あまりにも成功したため、オフィスソフトへの関心が低下したともいわれる。
  • 1990年 日本IBM、DOS/V。漢字表示をソフトウェアで実現。機種独自仕様が不要に
  • 1993年 ロータス、オフィススイート「Lotus SuperOffice」発表
    1-2-3(表計算ソフト)を中心に、WordPro(Ami Pro)(ワープロソフト)、Freelance(プレゼンテーションソフト)、Organizer(個人情報管理ソフト)、Approach(リレーショナル・データベース) などを統合
  • 1993年 Microsoft Office 最初のOfficeスイート
  • 1993年 Windows3.1。DOS/Vを組み込む。
  • 1995年 Windows95発売。Office95が多くのWindows95にプレインストールされ、一挙にシェア拡大
  • 1995年 ロータス、IBMに買収される。その後もIBMロータス部門として活動継続

1990年になっても、ロータスの優位性は続く。1993年にロータスもマイクロソフトも、それまでのオフィスソフトをオフィススイートとして統合したが、当時のMicrosoft OfficeはLotus SuperOfficeと比較して貧弱だった。

1990年代当初からパソコンは32ビットになってきた。Microsoft Officeは32ビットに即応したのに対してロータスは遅れをとり、次第に優位性が低下してきた。それを決定的にしたのが、1995年のWindows95の出現である。Windows95は急激に普及して、Apple以外のほとんどのパソコンがWindows95を搭載するようになった。そして、Windows95を搭載機の多くがMicrosoft Officeをプレインストールした。これによりMicrosoft Officeのシェアは絶対的なものとなり、WordやExcelがデファクトスタンダード化したのである。

日本では、1990年のDOS/V、その利用環境としての1993年のWindows3.1が大きな転機である。それまでは、日本のオフィスソフトは、日本語の壁、非互換性により市場が安定していた。それが、どのパソコンでも(海外機でも)日本語が自由に扱えるようになったのである。
 海外のオフィスソフトは、これまでにも日本語対応をしてきていたが、パソコンごとに対応する必要があり、不十分なものだった。国産パソコンも独自路線ではなく、IBM互換機(すなわちDOS/V機)へと移行するようになった。そのような変化により、WordやExcelが急速に選択の対象になった。

1990年後半になると、ワープロ専用機からパソコンへの移行が顕著になった。オフコンも次第にパソコンへと移行した。そのためパソコンでのオフィスソフトがさらに重視されるようになった。
 1990年代後半では、ジャストシステムとMicrosoftの競争になった。表計算ソフトの三四郎はExcelに負けていたが、ワープロソフトの一太郎(EFPのATOK)は圧倒的多数の利用者をもっていた。しかも当初のWord(MS-IME)は日本語変換が幼稚だった。しかし、次第にWordの改善が進み、WindowsOSやOffice全体との関係からWordが優勢になり、数年の間に、日本でもMicrosoft Officeがデファクトスタンダード化した。

Microsoft Officeの歴史

 OfficeWordExcel 
1982  MultiplanExcelの前身
1983 1.0 for DOS  
1985 2.0 for DOS1.0 for MacExcelはMac版が先行した
1989 1.0 for Win1.0 for WinWindows対応
1992   Access発表
1993 Word4.0 for Win最初のOfficeスイート
19944.2 for Win6.0 for Win5.0 for Winこの版がヒット、PowerPoint発表
199595 for Win95 for Win95 for WinWindows95対応、Accessが入る
1997   Outlook発表
19992000 for Win2000 for Win2000 for WinHTMLとの連携
2001XP2002 for Win2002 for WinWindowsXP
200320032003 for Win2003 for Win 
200720072007 for Win2007 for WinXMLベースに
201020102010 for Win2010 for WinWindows7
201320132013 for Win2010 for WinWindows8

オフィスソフトの類似ソフト

  • 1989年 アシスト、低価格オフィスソフト、アシストワードとアシストカルクを販売
  • 1999年 Sun Microsystems、オープンソースのオフィススイートStarOffice。2002年に日本版StarSuiteを公開
  • 2006年 中国Kingsoft「Kingsoft Office2007」日本語ベータ版を無料配布、製品版スイート価格4,980円
  • 2006年 Google、Google Docs & Spreadsheets公開
    クラウド環境で利用できる無料のオフィスソフト。2007年日本語対応。その後「Google ドキュメント」に改名して2009年に正式版になる。
  • 2009年 Microsoft、Microsoft Office Web App
  • 2011年 Microsoft、Office 365

1990年代後半にMicrosoft Officeがデファクトスタンダードの地位を得たのであるが、逆に、Microsoft Officeへの批判(Microsoftの商政策への批判)も高まった。Microsoft Officeの価格があまりにも高く、暴利をむさぼっているとの批判である。
参照:ITpro「本当に許されるのか,WindowsとOfficeの驚異的な利益率」
 そして、Microsoft Office対抗策として低価格やオープンソースのオフィスソフトが数多く出現するようになった。次第にシェアを高めつつあるが、未だMicrosoft Officeの販売は低下していないし、ほとんどのソフトがMicrosoft Officeとの互換性を重視するなど、デファクトスタンダードとしてのMicrosoft Officeの地位はかわっていない。

低価格オフィスソフト

  • 初期の代表例:アシストカルク
    1989年 アシスト、アシストワードとアシストカルクを販売。各9,800円。
    当時のロータスやマイクロソフトの価格と比較して数分の一だったと記憶している。
    その後、同様な低価格ソフトが流通するようになる。
  • 現在の代表例:Kingsoft Office(中国 Kingsoft)
    2006年 Kingsoft Office2007日本語ベータ版を無料配布。2007年に製品版を発売、ワープロ、表計算、プレゼンテーションのセットで4,980円という低価格であった。その後、多様な機能追加がされた。USB起動版もある。
     機能限定版は無料(フリーソフト)、製品版は安価(シェアソフト)の形式のオフィスソフトは広く流通しており、主なものだけでも100以上あるといわれている。

2000年代前半 オープンソフトの出現

低価格どころかオープンソースとして無料で利用できるオフィススィートが出現した。ダウンロードして利用できる。

  • 代表例:StarOffice(StarSuite)、OpenOffice.org
    1980年代中頃にドイツのStarDivision社はOpenOffice.orgというオフィススィートを開発。1999年にSun Microsystemsが同社を買収し、無料利用できるオープンソースとしてStarOfficeの名称で公開。2002年に日本版をStarSuiteの名称で公開。プログラムソースはOpenOffice.orgプロジェクトチームによって開発が引き継がれている。

2000年代後半~ Web型(クラウド型)ソフトの出現

Web上にソフトウェアを無料で公開してWebブラウザで利用できる。データもWebに保管できる。

  • Google ドキュメント
    2006年 Google、Google Docs & Spreadsheetsのβ版公開。2007年日本語対応。その後機能追加し「Google ドキュメント」に改名。2009年に正式版になる。
  • 2009年 Microsoft、Microsoft Office Web App
    Microsoft アカウントを使用して Windows Live SkyDrive 上にドキュメントを作成、編集、保存、共有することができる無料のオンライン アプリケーション
  • 2011年 Microsoft、Office 365
    Office製品をパソコンにインストールするのではなく、クラウド環境で利用、保存、共有できる有料のOffice。2011年に企業向けのクラウドサービスとして開始。2013年に機能を拡充して個人向けにもサービス開始。最低月額1,030円。