ISO/IEC 15504(JIS X 0145)とCMMの関係<法規・基準<Web教材<木暮

Web教材一覧法規・基準

ISO/IEC 15504(JIS X 0145)とCMMの関係

キーワード

ISO/IEC 15504、JIS X 0145、CMM、SPA、SPI、PPA


ISO/IEC 15504(JIS X 0145)は、情報技術に関するプロセスアセスメントに関する規格です。ISO/IEC 15504の作業プロジェクトをPRICEといいますが、ISO/IEC 15504のニックネームとして使われることもあります。
 ISO/IEC 15504は、以前から普及していたCMMの国際規格化を図ったものです。
 CMMをそのまま移行させたのではなく、抽象度を高め、アセスメントモデルに対する要求事項と、アセスメント手順として守るべき事項を定義しています。
 当初は、CMMと同様にソフトウェア開発工程を対象にしていたのですが、その後、組織、管理、技術、購入、サポート、運用などの関連分野に拡大し、CMMIに近いものになりました。また、CMMIもISO/IEC 15504に準拠するような改定が進んできました。

ISO/IEC 15504は、アセスメントを行うためのフレームワーク(枠組み、共通のものさし)です。規格に合致しているかをアセスメントするための具体的な手段を示したのが準拠モデルです。ISO/IEC 15504の準拠モデルとして、SPA/SPIPPAが注目されています。準拠の範囲がややずれますが、CMM/CMMIもその一つだといえます。


本シリーズの目次へ