Web教材一覧情報倫理・セキュリティ

情報セキュリティと情報資産

キーワード

情報セキュリティ、情報資産


情報セキュリティにおいて守るべき資産を情報資産といいます。情報資産をどのようにとらえるかにより、情報セキュリティの概念が変わります。コンピュータやネットワークを悪用されることを防ぐとか、そこに存在するデータを保護することに限定することもあります(これを「情報システム」セキュリティとしましょう)し、重要書類を机の上に放置したために盗見をされたとか、電車の中で同僚が秘密事項をしゃべったのが他人に聞かれたというようなことも対象にすることもあります。本来の情報セキュリティとは、このように広い観点で考えることが必要です。
 インターネット取引など社外とのネットワークに接続していれば、それだけ外部からの脅威も多くなります。また、社内での利用者が多ければ、過失や故意によるトラブルも増加します。このように、また、情報システム「セキュリティ」は、情報システムの適用業務やその利用形態に大きく影響するので、セキュリティ対策は情報システム全体の一部として考える必要があります。


本シリーズの目次へ