標準ビジネスプロトコル<システムの活用<Web教材<木暮仁

Web教材一覧システムの活用

標準ビジネスプロトコル

部品: EDI(標準プロトコル)JANコードQRコード(2次元コード)RFID

表示が不十分なときは、□をクリックすると、その部分が別ウインドウに表示されます。

学習のポイント

現在の情報システムは、他企業との連携が多くなっています。それを円滑にするには、商品コードなどを統一することが必要になります。それを標準ビジネスプロトコルといいます。

キーワード

標準ビジネスプロトコル、EDI規約、JANコード、二次元コード(QRコード)、RFID


プロトコル(Protocol)とは「取り決め」のことです。通信でのTCP/IPなど技術的な分野では多様なプロトコルがありますが、JANコードのように、ビジネスでの情報に関する取り決めのことをビジネスプロトコルといいます。プロトコルは関係者間で独自に決めてもよいのですが、多数の関係者が想定されるときには、それぞれの関係者ごとに異なるプロトコルだと不分なので、共通にする必要があります。それを標準ビジネスプロトコルといいます。

EDI(標準プロトコル)

JANコード

QRコード(2次元コード)

RFID

RFIDは通信技術の一つですが、商品タグとして注目されていますので、プロトコルの一つとしての観点からここで取り扱うことにします。


過去問題