Web教材一覧経営と情報

TSS(タイムシェアリングシステム)

キーワード

TSS、共同利用、プログラム作成、ホスト-パソコン連携


1970年頃の中頃からTSS(Time Sharing System:時分割方式)が実用化してきました。TSSとは、大型コンピュータ(メインフレーム)に、多数の端末(ソフトもディスクもないパソコンだと思ってください)を接続して、1台のコンピュータを多数の人が共同利用する利用形態です。

(拡大図)

人間が端末から入力したり出力結果を読んだりする時間に対して、コンピュータの処理速度は非常に速いため、コンピュータの処理を短い時間に分割して、各端末からの命令を処理しても、利用者から見れば、自分がコンピュータを独占して使っているように感じられます。それで、共同利用ができるのです。なお、現在でもこの方式は、オープン系のサーバでも一般的に用いられています。

TSSは、当初は情報システム部門内でのプログラム開発に活用されました。もはやパンチをする必要もなく、順番を待つこともなくプログラムのテストができるので、生産性が非常に向上します。
 また、TSSの端末を利用部門に置くことにより、情報システム部門以外の人(エンドユーザ)が、自分の机の上にある端末からコンピュータを使えるようになりました。また、次第にエンドユーザに使いやすいツールが普及しました。

1980年代になるとパソコンが普及して、パソコンを端末として使うようになりました。それにより、ホストからデータをパソコンに転送(ダウンロードという)して、パソコンで多様な加工編集をする、ホスト-パソコン連携の利用形態が普及してきました。すなわち、大量データの処理はホストで行い、グラフ化やレポート作成というヒューマン・インタフェースの部分は、パソコンの使いやすい表計算ソフトやワープロソフトを使うという、現在でもよく利用されている方式になったのです。


本シリーズの目次へ