保守改訂を考慮したシステム設計<システムの調達<Web教材<木暮仁

スタートページWeb教材一覧システムの調達

保守改訂を考慮したシステム設計

部品: 保守・改訂を容易にすることの重要性保守・改訂の容易化手段情報検索系による基幹業務系の簡素化

表示が不十分なときは、□をクリックすると、その部分が別ウインドウに表示されます。

学習のポイント

経営環境は激変しています。情報技術は急速に発展します。それに即応した情報システム改訂が求められます。改訂が容易にするためには、システム設計の段階から考慮しておく必要があります。部品化などもその手段の一つですが、ここではもっと広い観点から考察します。


保守・改訂を容易にすることの重要性

保守・改訂の容易化手段

情報検索系による基幹業務系の簡素化

(注)情報検索系システムの運用が不適切だと、かえって基幹業務系システムが複雑になったり、IT部門の負荷が増大することがあります(参照:情報検索系システムでの問題点)。


理解度チェック: 正誤問題選択問題記述問題