情報処理技術者試験<IT人材育成<Web教材<木暮仁

Web教材一覧IT人材育成

情報処理技術者試験


情報処理技術者試験は、スキルレベルと人材類型により、次の試験があります。 (参照: 情報処理技術者試験センター「情報処理技術者試験新試験制度の手引 -高度IT人材への道標-」

高度プロフェッショナル試験(レベル4)
高度IT人材に必要な情報技術および業務に関する高度かつ専門的な知識・技能を問います。合格者は、共通キャリア・スキルフレームワークのレベル4を獲得する候補とし、レベル4判定に際しては、試験の結果に加えて実務経験の実績を確認して認定します。レベル5以上は、専門家による評価により認定します。
 高度試験は、人材像に合わせて次の試験があります。クリエータとエデュケーションに相当する試験はありません。

ITストラテジスト試験
企業の経営戦略(ビジネスモデル)、または企業活動における特定のプロセスについて、ITを活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案します。また組込システム製品については、対象製品におけるソフトウェアを活用した新たな価値実現の基本戦略を策定・提案します。
ユーザ企業にあっては経営者やCIOのスタッフ、ベンダ企業にあっては顧客経営者の相談役、ITコンサルタントの立場になります。
システム監査技術者試験
被監査対象から独立した立場で、情報システムや組込システム製品を総合的に点検・評価し、監査結果をトップマネジメント等に報告し、改善点を勧告します。
監査法人に所属して、あるいは個人のコンサルタントとして顧客企業の監査をするのに適した資格ですが、自社システムの内部統制を指揮する立場もあります。
システムアーキテクト試験
ストラテジストによるIT基本戦略の提案を受け、ソリューションを構成するシステム化要件を整理し、必要となるシステムやアプリケーションを設計します。また、組込システム製品の開発に必要となる要件を定義し、それを実現するためのアーキテクチャを設計します。
ストラテジストが対象業務の面を担当するのに対して、システムアーキテクトは技術的な面を担当する最高の技術者です。
プロジェクトマネジャー試験
システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画の作成、必要となる要員や資源を確保し、予算、納期、要求品質について責任をもって遂行します。
ベンダ企業において、受注したシステムの成否はプロジェクトマネジャーの力量にかかっているので、特に重視される人材です。

ネットワークスペシャリスト試験
データベーススペシャリスト試験
エンベデッドシステムスペシャリスト試験(組込みシステム)
情報セキュリティスペシャリスト試験
求められたシステムについて、それぞれの固有技術を活用し、最適なシステム基盤の構築や、アプリケーション・組込システム製品の設計・構築・運用での中心的役割をはたします。
プロジェクトマネジャーが全体のマネジメントを担当するのに対して、スペシャリストは特定分野での技術を担当します。
ITサービスマネジャー試験
構築されたシステム及び製品について、安定稼働を確保し、障害が発生したときには被害の最小化を図ると共に、継続的な品質管理等、安全性と信頼性の高いサービスを提供します。

応用情報技術者試験(レベル3)
高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能を問い、高度IT人材としての方向性を確立した者を対象とし、合格者は、共通キャリア・スキルフレームワークのレベル3に認定します。
システム開発において、上位者の指示のもとに、ある程度の業務を任せられるレベルといえます。
基本情報技術者試験(レベル2)
高度IT人材をめざす者に必要な基本的知識・技能を問う試験です。実践的知識を身につけた者が合格する水準として、合格者は、共通キャリア・スキルフレームワークのレベル2と認定されます。
IT業務に従事する人にとって、その資格程度は必要だといえましょう。
ITパスポート試験(レベル1)
情報技術に携わる業務に就くか,担当業務に対して情報技術を活用していこうとする新入社員が持つべき最低限必要な基礎知識を問うものです。合格者は、共通キャリア・スキルフレームワークのレベル1と認定されます。
職業人としてこの程度のIT知識は必須だといえます。理系・文系を問わず学生のうちに取得しておきたい資格です。

理解度チェック: 正誤問題選択問題記述問題