スタートページ> (主張・講演Web教材歴史インターネット個人利用

ブログ・SNS・Twitterなどの歴史


CGMとは

1990年代の個人的なインターネットの利用では、電子メールを除けばWebページ閲覧が主であった。そこでは、情報発信する側と受信する側がかなり明確に区分されていた。
ところが、2000年代になると、多様な利用形態が発生した。その大きな流れに、ブログ、SNS、Twitterなどのように、利用者の積極的な参加を前提とするコミュニケーション分野がある。

それをCGM(Consumer Generated Media)という。Consumerとは消費者のことであるが、商取引に限定せずに、一般の利用者という意味で用いられている。  CGMの概念は非常に広く、口コミサイト(「価格コム」など)やナレッジコミュニティ(「hatena」や「Yahoo!知恵袋」など)、BBSポータル(「2ちゃんねる」など)も含まれるが、ここでは、一般的なブログ、SNS、Twitterを主体にする。
 なお、CGMは、企業と消費者の間でのコミュニケーションの場として、ビジネス分野でも重要になっているが、ここでは個人を対象にした利用を重点にする。

ここでのブログ、SNS、Twitterの定義

CGM前史

パソコン通信

インターネット以前の1980年代にパソコン通信が普及していた。米国では1979年にCompuServeがサービスを開始した。日本では、1980年代後半に広く普及した。
  1985年 アスキー「ASCII-NET」
  1986年 NEC「PC-VAN」
  1987年 ニフティ「Nifty-Serve」

ここでは、現在のCGMのように利用が活発に行われていた。
 それは一般にフォーラム(会議室)と呼ばれた。有志の会員が発起人となり、限定された会員が自由に発言できる場である。参加資格を厳しく限定するフォーラムもあれば、加入者であれば自由に参加できるフォーラムもあった。学術的な討論、友人たちとの連絡、個人的な意見や日記などの公開など目的も多様だった。  プロバイダ加入者内に限定されたものではあったが、現在のブログやSNSに相当する利用がかなり活発に行われいたのである。

初期Webサイトでの利用

日本では「ブログ」が定着する以前に「個人ニュースサイト」というWebサイトが広まった。新聞社のニュースサイトとは異なり、ゲームソフトの新着情報や攻略法など、サイト運営者が興味をもつサイトへのリンクや自分のコメントを付けるサイトである。
 多数のニュースサイトが続出したが、有名なのに1998年開設の「SMALLNEWS!」がある。「エミュレータからコンビニのお菓子まで」取り上げる幅広い内容とスタイルは、のちの個人ニュースサイトに大きな影響を与えた。
 なかには、掲示板を主体にし、多くのユーザーが集う掲示板コミュニティとした個人Webサイトもあった。有名な「2ちゃんねる」も掲示板コミュニティから発展したものである。

さらにインターネットが普及してくると、インターネットプロバイダは個人利用者にWebサイト開設サービスを開始した。その一環として、Webサイト開発ツールを提供したが、そのなかに簡易なBSS機能を提供することが多かった。
 Webページに「作者へのメッセージ」などの投稿機能を埋め込み、それを表示したり管理したりする機能である。現在のブログでのトラックバック機能と似たようなものであった。
 当初の個人Webサイトでは、専門的な研究内容の発表などが多かったが、普及するのに伴い、現在のブログのように、日常感じたことなどを日記風に掲げるサイトも多くなった。

携帯電話でのショートメッセージサービス

携帯電話が第2世代のデジタル化になったのは、日本では1990年代であるが、欧州では1982年にその規格であるGSM (Groupe Speciale Mobile)の策定が開始され、1987年に採択された。デジタル化により文字の伝送が可能になった(電子メール)。
 1984年、マッコネン(Matti Makkonen)は、GMS携帯電話サービスのひとつとしてショートメッセージサービス(short message service、SMS)を発案した。これはその後、欧州電気通信標準化協会 (ETSI) が国際標準規格に採用した。

Twitter(ツイッター)は、140文字以内の短文に限定されている。その理由は、SMS(ショートメッセージサービス)の情報量が1120ビットだった。これは7ビット文字で160文字に相当する。日本では、携帯電話でのSMSが160文字で、そのうち20文字が発言者の表示、本文が140字だったという歴史的理由によるものらしい。
 半角英字でも全角日本字でも140文字というのが面白い。

ブログ・SNSの歴史

Twitterの歴史


有名SNSサイトの歴史

mixi

株式会社ミクシィが運営する日本最大級のSNS

Microsoft

Facebook

Facebook,Inc.が運営する世界最大のSNS。2011年9月現在のユーザ数8億人。
Facebookは、2009年までは最大文字数が160文字までであり、Twitterの一つとされることもあったが、その後逐次拡大し、2011年には6万字となり事実上制限がなくなった。それでSNSとするのが適切である。

Google

・2011年 Google+
・2012年 Google Drive

2011年にGoogleはGoogle+を発表した。Googleは、Gmail, YouTube、Googleマップなど多数のサービスを提供しているが、それに新しいサービスが加わったことになる。

Google Driveは、統合ストレージサービスである。すべての形式のファイルを無料で保管することができ、Google+やGmailなどと連携できる。

その他のコミュニケーションサイト

Wikipedia

Wikipediaは、誰もが無料で自由に編集に参加できるインターネット百科事典である。ここでは、ある目的のために不特定多数がネットワークで参加する事例として取り上げる。

2ちゃんねる

SNSやtwitterが普及する以前から、不特定多数の参加者が情報交換する場として投稿サイト(BBSサイト)があり、現在でも広く利用されている。日本での最大級の投稿サイトに「2ちゃんねる」がある。


参考URL