Web教材一覧ネットワーク

検索エンジン

キーワード

ポータルサイト、検索エンジン、ディレクトリ型検索、ロボット型検索、クローラー、SEO


検索エンジンとは

Webページにアクセスするには、直接URLを入力するよりも、GoogleやYahoo!などの検索ポータルサイトを介してアクセスするほうが多いでしょう。これらのポータルサイトで用いている検索システムを検索エンジンといいます。独自の検索エンジンを持つポータルサイトもありますが、他社が開発した検索エンジンを採用しているポータルサイトもあります。

検索エンジンでは、多数のWebページの収集と分類が重要です。その収集にはディレクトリ型検索とロボット型検索があります。

多くの検索エンジンは、この両方の方式を組み合わせていますが、ロボット型が主流ですので、以下、ロボット型検索エンジンに限定します。

ロボット型の検索エンジンの機能

SEO

Webサイトを開設しても、アクセスされなければ、ないのと同じですから、特に商用のサイトでは、ポータルサイトで検索結果リストの上位にランクされることが重要です(参照:「BtoCサイト運営での留意点」)。その工夫をSEO(Search Engine Optimization)といいます。
 人間の審査が行われるディレクトリ型検索では、Webページの質が評価尺度になるので、SEOは役に立ちませんが、ロボット型では、クエリサーバの手法を調べてSEOの工夫をすることができます。そのノウハウをビジネスにしている業者もいるほどです。

 しかし、なかには邪道とも思われるテクニックもあるので、検索エンジンではそれを回避する手段を講じています。検索エンジンの評価方法は秘密になっていますが、
  評価の高いWebページからのリンクが多い。
  人間にもわかりやすい構成で記述されている。
ことが上位ランクに評価されるといわれています。
→詳細:「SEO:検索エンジンに適したWebページとは」

Web広告

多くのポータルサイト運営は商用目的ですから、客観的な検索結果リストだけでなく、有料で検索エンジンの検索結果画面に表示される広告をしています(参照:「Webマーケティング」