Web教材一覧システムの活用

製造業関連用語


経営と技術に関する用語

技術のSカーブ
多くの科学技術・産業技術に共通して見られる性質の一つで、技術の発展・進歩のペースが、当初は緩やかに、その後急激になるが、やがて限界が近づき再び緩やかになります。それを図示すると右図のようなS字カーブになります。
・導入期:技術開発の初期では技術革新に長い研究・技術が続きます。
・成長期:その技術が軌道に乗ると急速に進歩します。
・成熟期:やがて基礎理論や関連技術による限界に近ずくと、理論的にも費用的にも困難が高まり、成長は緩やかになります。
その頃になると新しい代替技術が導入期から成長期に入ってきます。
参照:ハイプ曲線
イノベーション
イノベーション=(技術)革新。これによる新製品(サービス)や新市場の変革創出により競争力を高める。

革新対象による区分
  • プロダクトイノベーション
    革新的な新製品を開発して、差別化を図ること。全く新規の技術による革新と、既存の技術のマッチングにより革新がある。
  • プロセスイノベーション
    ある製品やサービスのプロセス(製造工程、作業過程など)を変革することで、効率化・原価低減・品質向上などで競争力を高める。
革新の影響による区分
  • インクリメンタルイノベーション(持続的イノベーション)
    既存市場の既存顧客が示す価値基準を前提にして、高機能化や低価格化の面で改革を行う。一般的な技術進歩がこれにあたる。持続的イノベーションは市場リーダに適した分野である。
  • ラディカルイノベーション(破壊的イノベーション)
    従来の秩序を破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーション。既存の主力製品が短期間に新製品に置き換えられることある。低価格化実現によるローエンド型破壊的イノベーションもあるが、破壊力が強いのは新市場型破壊的イノベーションである。圧倒的な技術革新による製品やサービスで全く新しい市場に参入、または創出する。
    企業を取り巻く外部環境がVUCA-Volatility(不安定)、Uncertainty(不確定)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)-になってきたことが破壊的イノベーションを生み出している。
MOT(Management of Technology)
技術開発や継続なイノベーションによる事業発展を目的とした経営概念。技術を経営の立場からマネージすること。市場への洞察力を高め、それに対応した技術を創出することが競争優位を確立するとの考え方。
R&D(Research and Development)
研究開発のこと。創出技術・ノウハウなどの知的資産がコアコンピタンスとして重要だと認識され、 「製造」「販売」とあわせて、製造業での事業を構成する三要素となっている。
技術移転
現地生産や海外研究開発が進むにつれて、国内で保持している技術をいかに海外に移転すること、それが日本企業を圧迫しない対策を講じることが重要な問題になっている。
IoT(Internet of Things)
情報技術、センサー技術、通信技術の発展により、コンピュータやスマートフォンなどの情報・通信機器だけでなく、多様な(モノ)に通信機能を持たせ、インターネットなどの相互通信により、各種自動化を実現する技術
・電力メーター(スマートメーター)から電力使用量を電力会社に送信して電力検針作業を自動化するシステム
・GPSで自動車の位置情報を収集して渋滞情報をカーナビに配信するシステム
・冷蔵庫の収納物情報をスマートフォンからキャッチするシステム
など、多分野での活用が始まってきました。
IoT似た概念にMtoM(MはMachine)がある。機器同士をネットワークで接続して、個々の機械の状況をリアルタイムに統合して、全体のコントロールを行う技術。IoTがオープンなインターネットをベースにしているのに対して、MtoMは主に工場内ネットワークなどクローズな環境で利用される。
TOC(Theory of Constraints)>
「制約条件の理論」ともいう。「工場の生産性はボトルネック工程の能力以上は絶対に向上しない」ことに着眼し、資材調達や生産工程をボトルネック工程をベースにして同期させることにより、生産性の向上、資材・仕掛品在庫の削減を実現させる技法である。
当初は工場内の改善が対象であったが、企業全体のキャッシュフロー改善、企業間連携でのSCM(後述)へとつながる経営革新手法へと発展した。
1980年代前半、提唱者である物理学者ゴールドラット(Eliyahu M. Goldratt)の小説『The Goal』によりール)」により急速に普及した。

注文生産と納期短縮に関する用語

BTO(Built To Order)
注文生産のこと。最終顧客からの注文を受けてから生産を開始することによって,完成品在庫を持つことなく顧客の要求に的確に対応する仕組みです。
コンカレントエンジニアリング
製品開発の作業工程は,技術開発や製品の機能設計→ハードウエア設計→試作→製造準備→生産→… といった順序で行われるのが通常です。それをシーケンスエンジニアリングといいます。
それに対して、各作業工程のうち,同時にできる作業は並行して進める手法をコンカレントエンジニアリングといいます。各部門(各企業)が図面などの情報やスケジュールの共有化・一元管理することにより、手戻りや待ちをなくして製品開発期間を短縮できます。
PDM(Product Data Management)
製品の設計図や部品表など,設計から製造に関する情報を一元管理することにより、設計期間短縮と設計品質向上を同時に実現できるシステム。
製品のライフサイクル全体を通した情報一元管理へと発展し、PLM(Product Lifecycle Management)とも呼ばれ、コンカレントエンジニアリングを支援するシステムにもなってきました。
SCM(Supply Chain Management)
資材・部品の調達、生産,販売,物流など個々のプロセスの不要な在庫の削減やリードタイムの短縮によって,プロセス全体の最適化を図ること。それら供給に関する企業間で情報を共有することによって,全体の効率を向上させる手法です。

多品種少量生産に関する用語

ライン生産方式
ベルトコンベア方式ともいい、単一品種大量生産に適した方式です。作業者は個々の要素作業だけを受け持つので熟練するし、オートメーションも容易です。
FMS(Flexible Manufacturing System)
ライン生産方式を多品種少量生産に対応させる方式です。製品生産スケジュールに合わせて工作機械、ロボット、自動搬送装置などを情報システムにより集中管理して実現します。、また、類似した加工をまとめることにより、大量ロット生産のメリットを得ることができます。
JIT(Just In Time)方式
トヨタの「かんばん方式」に代表される,必要なときに必要な個数の部品を提供する生産方式です。部品の不足による工程の停止、作りすぎによる在庫費用の増大を防ぐことができます。
リーン生産方式
leanとは「痩せた」の意味で、この場合「ムダのない生産方式」のこと。管理を徹底して効率化することで、従来の大量生産方式と同等以上の品質を実現しながらも作業時間や在庫量が大幅に削減できる生産方式。MITが特にトヨタ生産方式を研究し、それを一般化・再体系化してリーン生産方式と名付けました。
セル生産方式
ライン生産方式と対極にある生産方式で、部品の組立てから完成検査までの全工程を,1人または数人で作業する生産方式です。多種類かつフレキシブルな生産に適しているとともに、作業者のモラール向上にも役立つことが注目されています。

受注・生産の分業に関する用語

OEM(Original Equipment Manufacturing)
発注先の商標やブランドで製品を製造し、供給するサービスです。通常は発注先の仕様に基づいて生産だけを行います。発注先に生産余力がないとき、受注先が技術・コスト面で優れているときに採用されます。
電子機器業界ではEMS(Electronics Manufacturing Service)ともいいます。
ODM(Original Design Manufacturing)
OEMの範囲を拡大して、生産だけでなく製品の設計や試作も一括して生産受託するサービスです。
ファブレス
自社では工場を持たずに製品企画を行い,他企業に生産委託をする形態です。当初からすべてをOEMで行う形態だといえます。また、BTOと組み合わせて、利用者のニーズに合致した既存製品を調達あるいは新製品を設計して生産委託することもあります。
ファウンドリ
ファブレスとは逆に、生産を受託する企業です。特に半導体関連企業で、半導体デバイス(半導体チップ)を生産する工場のことをいいます。
ドロップシッピング
ファブレス生産方式と似た形態です。ドロップシッパーと呼ばれる販売者は、自分のWebサイトで消費者から注文を受け、それをメーカーや卸売業者(供給者)に提供し、供給者は消費者に直接販売します。
 この橋渡しをする業者をドロップシッピングプロバイダ(DSP)といいます。DSPは、販売者にWebサイトの提供(サイバーモールに似ている)、供給者への転送、流通の手配、代金回収などを行います。
 この供給者には、一般個人がなるケース、供給者が直接になるケースなど多様です。また、ファブレス生産方式のように、販売者がDSPが提供するTシャツに独自のデザインを施すなどの付加価値を高めることもできます。
BPO(Business Process Outsourcing)
企業活動における業務プロセスの一部を一括して専門業者に外部委託することです。製造業でいえば、生産,販売,物流などの業務全体をアウトソーシングすることによって,効率改善とコストダウンを図ります。

製造業でのデータ交換の標準プロトコル

SGML(Standard Generalized Mark-up Language)
SGMLは、HTMLやXMLのベースになったハイパーテキストの仕様です。当初は主に製造業での仕様書などが対象になりました。
IGES(Initial Graphics Exchange Specification)
CADのデータを交換する場合、標準化を図ることが重要です。IGESは、ANSI(American National Standards Institute)が策定し、自動車業界などで国際標準になっています。
STEP(STandard for the Exchange of Product model data)
工業製品データの表現および交換に関するISO規格です。システムに依存しない形で製品に関するあらゆるデータを記述する仕組みを提供することを目的としており、形状データのみならず構成管理データや運用管理データも交換するためのものです。

制御技術に関する用語

微分制御
測定値の変化に着目して制御する方式です。応答が速いが不安定(過剰反応)な特徴があります。
積分制御
一定期間の測定値累計に着目して制御する方式です。安定するが応答が遅い特徴があります。
フィードフォワード制御
外乱による影響が現れる前に,修正動作を行うこと。例えば、外気温度を測定して空調の運転を変えること。
フィードバック制御
外乱による影響を検知してから修正動作を行うこと。例えば、流量を一定に保つとき、流量計のデータを得てバルブの開閉を行なうこと
・負のフィードバック:出力の増加→入力の減少。一定値の維持
・正のフィードバック:出力の増加→入力の増加。状況変化の増幅
シーケンス制御
あらかじめ定められた順序または条件に従って、制御の各段階を逐次進めていく制御方法です。例えば、洗濯機で洗濯・ゆすぎ・乾燥などを自動的に行うこと。