Web教材一覧システムの活用

基幹業務系システムの体系


非常に単純化した典型的な情報システムの体系は次のようになります。実際には、もっと細かいレベルで情報システムがあり、複雑に連携しています。また、企業の業務は企業によりまちまちですし,情報システムを活用する考え方も異なりますので,情報システムの体系は企業により異なります。

体系図

会計システムを例にします。企業活動のほとんどは、おカネの出入りを伴いますので、すべての情報システムは会計システムにつながっています。会計システムを独立なシステムとすると,すべての会計伝票を手作業で入力することになりますが,これは非常に面倒です誤りが発生する危険もあります。販売システムでの売上データは会計システムでの売掛金の勘定項目のデータになるし,購買システムでの仕入データは買掛金勘定になるのですから,それらで得られた会計に関するデータのファイルを会計システムが読み込んで処理するほうが全体として効率的です。このように、個々のシステムは、単独に存在するのではなく、互いに連動して、全社システムを構成しているのです。

他のシステムと連動しやすいように、個々のシステムを設計することが大切です。例えば商品マスタファイル(商品台帳)は、販売システム、購買システム、会計システムなど多くの情報システムで利用されますが、それぞれの情報システムを設計するときに、その情報システムの都合だけで商品マスタファイルを設計すると、他のシステムで必要な項目がなく、別途に作成することになります。複数の商品マスタファイルが存在すると、商品情報に変更が生じたとき、すべての商品マスタファイルの同期をとることが困難になります。
 また、販売システムの得意先コードと購買先の仕入先コードが別々に設計されていると、会計システムで清算処理をしようとすると、名寄せのための処理が非常に困難になります。

近年は、スピードが要求されます。昔は、収支状況は決算時に明確になればよかったのが、近年では毎月、毎日に収支状況を知って対策を講じる必要が出てきました。理想的には、売上データや購買データが入力された瞬間に財務諸表が更新されることが求められます。それを実現するには、全体的に統合した観点から、個々の情報システムを設計しなければならないのです。


理解度チェック: 正誤問題選択問題