システム外注での一括契約/多段階契約<システム調達<Web教材<木暮仁

Web教材一覧システム調達

システム外注での一括契約/多段階契約

キーワード

一括契約/多段階契約、上流工程/下流工程、RFP


従来は、情報システムの全プロセスの一括請負契約が通常でした。それに対して現在では、RFP作成から提案書を受けて分析し外部設計書を作るまでの業務(上流工程)と、外部仕様書ができてから、それに基づいて情報システムを構築する業務(下流工程)、運用業務などに多段階に分割して、それぞれ個別に契約することが推奨されています。

一括契約が行われてきたのには、次の理由(誤った認識)があります。

多段階契約には、次のメリットがあります。

多段階契約の問題として、下流工程を請け負うベンダから、上流工程で作成した外部仕様書が
  ・内容が不十分なので、再度分析を行う必要がある
  ・現状の技術水準では実現が困難、あるいは信頼性が低いものになる
  ・仕様を若干変更することにより、コストを大きく下げることができる
などの指摘が出ることがあります。
 発注者が、それが正しい指摘なのか、下流工程の都合で主張しているのかを判断する能力がないと、上流工程の作業が無駄になってしまうことがあります。


理解度チェック: 正誤問題選択問題