Web教材一覧システム調達

部品化と再利用

キーワード

サブルーチン、標準パターン、非手続き型言語、データベース、オブジェクト指向、SOA


機械を設計するのに、ボルトやナットまで設計することは稀です。それは形状、材質、強度などが一定水準の品質であることが規格化されているからです。このように工業製品では、標準化した部品を用いることにより、生産の合理化、品質保証を実現しています。
 それと同様に、ソフトウェアでも、部品化をして再利用することが行われてきました。

サブルーチン
あるロジックを変更しようとしたとき、それを個々のプログラムで記述されているならば、それに関係しているすべてのプログラムを改訂しなければなりません。それを欠落なしに探すのは大変な作業になります。それにたいして、ロジックを個々のプログラムで独自に記述するのではなく、そのロジックを一つのサブルーチンにしておき、それだけを改訂すればよいようにしておけば間違いがなく簡単に改訂できます。
特に、技術計算の分野では「方程式の根を求める」というような高度のロジックをサブルーチンにすることにより、その解法を知らなくても利用できるので、サブルーチンは非常に普及しています(参照:「数値解析」)。
標準パターン
事務処理では、ソート、照合、集計など、似たような処理が多くあります。個々のシステムでそれらの処理を個別に作成するのではなく、汎用的に使えるプログラムを作成しておき、それを多くの箇所で利用すれば開発が容易になります。しかも、その部分は十分なチェックがなされているのであるから、改訂のときは独自に開発した部分だけを考えればよいことになります。
非手続き型言語
修正個所を発見するには、プログラムのステップ数が短いほうが容易です。COBOLのような手続き型言語に比べてSQLのような非手続き言語を用いれば、ステップ数は非常に少なくなります。非手続き型言語は、標準パターンを言語化して汎用性を高めたものだと解釈することもできます(参照:「プログラミング言語の発展」)。
システム開発アプローチでの部品化
DOA(データ中心アプローチ)では、データベースは多様なシステムで共通に利用できるという発想に基づいています。すなわち、データの部品化だといえます。
OOA(オブジェクト指向アプローチ)では、データだけでなくそのデータを処理するプログラム(メソッド)までも部品化しました。
さらにSOA(サービス指向アーキテクチャ)では、受注とか在庫確認など、業務として意味のある単位(サービス)を部品化たものです。
 このように、システム開発アプローチが部品に含める機能の多様化、部品のユニット化を追求してきたのです。

部品化することにより、多くのメリットがあります。

反面、適切な管理をしないで部品化を進めると、かえって混乱が生じます。

そのため、部品化を推進するには、多様な対処が必要になります。


理解度チェック: 正誤問題
過去問題