迷惑メール防止法<法規・基準<Web教材<木暮

Web教材一覧法規・基準

迷惑メール防止法(特定電子メール法)

キーワード

特定電子メール、迷惑メール、オプトイン、オプトアウト


迷惑メール防止法は、正式名を「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」といいます。 http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/d_syohi/h20kaisei_amendedtext.html

●目的(第1条)
「この法律は、一時に多数の者に対してされる特定電子メールの送信等による電子メールの送受信上の支障を防止する必要性が生じていることにかんがみ、特定電子メールの送信の適正化のための措置等を定めることにより、電子メールの利用についての良好な環境の整備を図り、もって高度情報通信社会の健全な発展に寄与することを目的とする。」

広告又は宣伝を行うための手段として送信をする電子メールを特定電子メールといいます(第2条)。そして、あらかじめ、その送信を求めたり送信をすることに同意(オプトインという)した人、あるいは、送信者と取引関係にある人以外の人に特定電子メールを送信してはならない(第3条)というのが法律の主旨です。

その他、次のような事項が示されています。


法規・基準へ