ISO/IEC 9126(JIS X 0129)<法規・基準<Web教材<木暮仁

Web教材一覧法規・基準

ISO/IEC 9126(JIS X 0129):ソフトウェア製品の品質

キーワード

ISO/IEC 9126、JIS X 0129、ソフトウェア製品の品質


JIS X 0129の構成

JIS X 0129:ソフトウェア製品の品質(http://kikakurui.com/x0/X0129-1-2003-01.html)は「ソフトウェアの品質はこういう視点から考えなさい」という指針です。ISO/IEC 9126をベースに策定されました。
   JIS X 0126-1  第1部:品質モデル
   JIS X 0129-2  第2部:外部測定法
   JIS X 0129-3  第3部:内部測定法
   JIS X 0129-4  第4部:利用時の品質

第1部:品質モデルは、品質は下図のプロセスにより実現するとしています。
    利用者の品質
    への必要性 ←--利用と反映--→利用時の品質
      ↓               ↑
    外部品質要求←--妥当性確認--→外部品質(利用者からみた品質)
      ↓               ↑
    内部品質要求←---検証----→内部品質(提供者からみた品質)

内部品質及び外部品質の特性

機能性
ソフトウェアが、指定された条件の下で利用されるときに、明示的及び暗示的必要性に合致する機能を提供するソフトウェア製品の能力
副特性:合目的性、正確性、相互運用性、セキュリティ、機能性標準適合性
信頼性
指定された条件下で利用するとき、指定された達成水準を維持するソフトウェア製品の能力
副特性:成熟性、障害許容性、回復性、信頼性標準適合性
使用性
指定された条件の下で利用するとき、理解、習得、利用でき、利用者にとって魅力的であるソフトウェア製品の能力
副特性:理解性、習得性、運用性、魅力性、使用性標準適合性
効率性
明示的な条件の下で、使用する資源の量に対比して適切な性能を提供するソフトウェア製品の能力
副特性:時間効率性、資源効率性、効率性標準適合性
保守性
修正のしやすさに関するソフトウェア製品の能力。修正は、是正若しくは向上、又は環境の変化、要求仕様の変更及び機能仕様の変更にソフトウェアを適応させることを含めてもよい。
副特性:解析性、変更性、安定性、試験性、保守性標準適合性
移植性
移植性標準適合性 ある環境から他の環境に移すためのソフトウェア製品の能力。
備考:環境には組織、ハードウェア又はソフトウェアの環境を含めてもよい。
副特性:環境適応性、設置性、共存性、置換性、移植性標準適合性

利用時の品質には、次の4つがあります。

有効性
利用者が指定された利用の状況で、正確かつ完全に、指定された目標を達成できるソフトウェア製品の能力
生産性
利用者が指定された利用の状況で、達成すべき有効性に対応して、適切な量の資源を使うことができるソフトウェア製品の能力
備考:資源には、作業を完了するまでの時間、利用者の労力、材料又は使用した費用を含めることができる
安全性
利用者が指定された利用の状況で、人、事業、ソフトウェア、財産又は環境への害に対して、容認できるリスクの水準を達成するためのソフトウェア製品の能力
備考:リスクは、一般に、機能性(セキュリティを含む)、信頼性、使用性又は保守性の欠陥の結果である
満足性
指定された利用の状況で、利用者を満足させるソフトウェア製品の能力
備考:満足性は、製品を対話的に利用したときの利用者の反応であり、製品の利用を含む