DMBOK<法規・基準<経営情報システム<Web教材<木暮仁

Web教材一覧法規・基準

DMBOK


DMBOK(DAMA Guide to the Data Management Body of Knowledge:データ管理知識体系)とは、DAMA(Data Management Association International:データ管理の専門家の団体、本部米国)により策定された、データ管理に関して、機能、用語、ベストプラクティスを整理したものです(入手方法)。日本では、データ総研が教育機関に認定され、普及にあたっています。

データ総研は、2010年3月にDMBOKの日本語訳を行い、講習会(有料)を開催しています。英語版フレームワークは、DAMAのサイトから無料でダウンロードできます。2010年4月現在は Ver.3.02版になっています。

データが経営に重要な資産であることはいうまでもありません。その管理が不適切だと、
  ・どのようなデータがどのような形式で保管されているのかわからない
  ・ほしい情報が得られない(業務横断的情報入手するのにコード体系が異なる)
  ・データの内容がわからない(買い戻しデータの処理など)
  ・データの一元管理ができない(得意先追加などの整合性がない)
などのため、情報の有効活用ができません。
 それを解消するには、データ管理を統合的な観点からマネジメントすることが必要です。しかも
  ・ビジネス的な観点
  ・IT的(データベース技術的)な観点
を、統合的に管理することが必要です。それをデータマネジメントといいます。
 DMBOKは、データマネジメントの推進に関するベストプラクティスを体系化したものです。

DMBOKの体系は、次の10のファンクション(管理機能)からなっています。

DMBOKでは、各ファンクションについて、7つの観点(Environmental Elements:環境要素)から説明しています。

10のファンクションは、約100のアクティビティに細分化され、さらにタスク、手順に細分化されています。そして、それらのアクティビティは、それぞれP(Planning:計画)、C(Control:管理統制)、D(Development:開発)、O(Operational:運用)に区分されています。