Web教材一覧法規・基準

サイバーセキュリティ基本法


サイバーセキュリティ基本法の条文( http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H26/H26HO104.html)

サイバーセキュリティ基本法は、国のサイバーセキュリティに関する施策についての基本理念や国の責任範囲を明らかにし、施策の基本的事項の取り組みや体制の設置などを求める法律です。2014年に成立・施行しました。

(目的)第一条

各組織での責務

推進組織

サイバーセキュリティ戦略本部
サイバーセキュリティに関する施策を総合的かつ効果的に推進するため、に、サイバーセキュリティ戦略本部が設置されました(従来の「情報セキュリティ政策会議」を改組)。
主な役割
・サイバーセキュリティ戦略の立案と実施の推進
・政府機関などにおける対策基準の作成や評価の実施
・政府機関などで発生する重大なセキュリティ事案などの評価
内閣サイバーセキュリティセンター
サイバーセキュリティ戦略本部とともに、内閣官房に内閣サイバーセキュリティセンター(NICS:National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity)が設置されました(「情報セキュリティ対策推進室」→「情報セキュリティセンター」を改組)。
主な役割
・「政府機関情報セキュリティ横断監視・即応調整チーム」(GSOC)の運用
・サイバー攻撃などの分析
・国内外のセキュリティ関連情報の収集
・国際連携
・人材育成