スタートページWeb教材目次選択肢試験目次

hk11 自作問題 経営戦略策定技法

SWOT,ポジションイング,PPM,成長ベクトル,競争戦略,BPR,BSC

参照:「経営戦略策定技法」(kj1-senryaku-gihou


問1

自社の経営資源が持つ「強み」と「弱み」,経営環境が自社にとって有利な「機会」と不利な「脅威」を列挙して分析する技法はどれか。
 ア BSC  イ PLC  ウ PPM  エ SWOT

【解答】

正解:エ

BSCはバランススコアカード
PLCは製品のライフサイクル
PPMは,プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント
SWOT分析は問題文の通り

問2

SWOT分析に関する記述のうち,適切なものはどれか。

【解答】

正解:イ

アは×。「強み」を生かすこと,コア・コンピタンスに高めることも必要
イは○。例えば規制緩和は競争激化の脅威でもあり,ビジネスチャンスでもある。
ウは×。同業他社は「強み」「弱み」の比較対象,外部環境でも大きな要因
エは×。なるべく客観的に定量的に示すのがよい
参照:「SWOT分析」(kj1-swot

問3

ポジショニング分析において,積極的な中小企業がとるのに適した立場はどれか。
 ア リーダー  イ チャレンジャー  ウ ニッチャー  エ フォロワー

【解答】

正解:ウ

リーダー,チャレンジャーは大企業
中小企業=大企業が興味を持たない分野=ニッチな分野
積極的=フォロワーではない
参照:「ポジショニング分析」(kj1-position

問4

ポジショニング分析の観点から,最も適した戦略はどれか。

【解答】

正解:エ

アは×。価格を安定させることにより多大な利益が得られる。
イは×。これはチャレンジャーの戦略である。
ウは×。フォロワー戦略であり,むしろトップ企業に適する。
エは○。これが中小企業が成長する戦略である。
参照:「ポジショニング分析」(kj1-position

問5

アンゾフの成長ベクトルに関する記述のうち,最も適切なものはどれか。
 ア 市場成長率の大小,相対シェアの大小による4象限で分析する。
 イ 市場の既存/新規,製品の既存/新規の4象限で分析する。
 ウ 社内環境/社外環境,自社への有利/不利の4象限で分析する。
 エ 財務,顧客,業務プロセス,学習と成長の4つの視点で分析する。

【解答】

正解:イ

アは×。PPM
イは○。成長ベクト:ル市場浸透戦略,新市場開拓戦略,新製品開発戦略,多角化戦略
ウは×。SWOT分析
エは×。バランススコアカード

問6

競争戦略に関する記述のうち,最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:ア

イは×。「情報」ではなく「代替製品」である。
ウは×。主活動と支援活動の両活動の連鎖を重視した。
エは×。1980年代でSIS(戦略的情報システム)へとつながった。
参照:「ポーターの競争戦略理論」(kj1-porter

問7

バランススコアカードに関する記述のうち,最も適切なものはどれか。

【解答】

正解:ウ

アは×。「環境保全の観点」ではなく「業務プロセスの観点」
イは×。全社⇔部門別の連携が重要
ウは○。(短期)財務←顧客←業務プロセス←学習と成長(中長期)
エは×。「視点別に」ではなく「視点間での」
参照:「バランススコアカード」(kj1-bsc

問8

「多角化戦略」に最も関係の深い経営戦略策定技法はどれか。
 ア ポジショニング分析 イ 成長ベクトル  ウ 価値連鎖
 エ バランススコアカード

【解答】

正解:イ

参照:「ポジショニング分析」(kj1-position
「成長ベクトル」(kj1-seicho-vector
「価値連鎖」(kj1-porter
「バランススコアカード」(kj1-bsc

問9

「ある製品の累積生産量が大きくなるにつれてその製品を生産するコストは低減する」ことに立脚した経営戦略策定技法はどれか。
 ア BSC  イ PPM  ウ SWOT  ウ 成長ベクトル

【解答】

正解:イ

これは「経験曲線」→PPM

問10

経営戦略を策定するにあたり,自社がどの分野にどのようなビジネスモデルで活動するかを検討する必要がある。そのとき,次のうちで最も先に行うべき分析はどれか。
 ア BSC  イ PPM  ウ SWOT  ウ 価値連鎖

【解答】

正解:ウ

まず,自社の置かれている状況を正しく認識する必要→SWOT
その他は,現在の事業分野を前提としている。


本シリーズの目次へ