Web教材一覧情報倫理・セキュリティ

本人認証(パスワード)の種類

キーワード

認証強度、FAR、FRR、本人認証の種類、ワンタイムパスワード、シングルサインオン、コールバック、入退室管理、アンチパスバック、インターロック


認証強度

認証とは、なりすましを防ぐために、他人を本人ではないと認識することです。それが正しくできる能力を認証強度といいます。認識強度を高めるために、後述のように多様なチェック方法があります。
 チェックを厳しくすれば、認識強度は高くなります。反面、チェックを受ける作業の煩わしさが増しますし、「本人を本人ではない」と誤認識する確率が大きくなる欠点があります(注)。
 それで、なりすましされることの被害と、利便性や費用とのバランスを考慮して認証強度を設定し、それに適した認証方法を採用する必要があります。

(注)FARとFRR
 本来、認証には次の尺度があります。
 FAR(False Acceptance、他人受入率)他人を本人だと誤認する確率
   なりすましを防ぐには、FARを小さくする必要があります。
   認識強度=(1-FAR)だといえます。
 FRR(False Rejection Rate、本人拒否率)本人を他人だと誤認する確率
   利便性や可用性を高めるには、FRRを小さくする必要があります。
 FARとFRRには二律背反の関係があり、一方を小さくしようとすると他方が大きくなります。

パスワード強度

PIN(Personal Identification Number)コード
ATMなどで用いられている4桁のパスワードです。4個の数字ですから、1万回試みれば破られてします。
 しかし、PINコードは単純ですから、補助的な目的での簡単な本人認証として使われています。ログインにPINコードを使う方法も広まっています。このときPINコードはパソコンに対応しており、サービスをインストールしたときにそのプロバイダに通知され、プロバイダ側のサーバに記録されます。アカウント+パスワードよりも単純ですが、アカウントやパスワードが伝送されないこと、自分のパソコン以外からは使えないことなど安全性が高まります。
推奨パスワード
多くのアプリケーションが、パスワードの設定条件として、
  ・英字(大・小文字)+数字+記号 が混在すること
  ・8文字以上であること
を推奨しています。文字種が大きいことから、ブルートフォース攻撃(力任せ)によるパスワード発見を困難にしています。

本人認証の3区分

本人であることを示す方法は、大きく3つに区分することができます。

パスワードの発展

ワンタイムパスワード

1回しか有効でない使い捨てのパスワードのこと。アクセスのたびに異なるパスワードにすることにより、パスワードの漏洩、パソコンの紛失・盗難などに対処できます。特に、モバイル端末でのセキュリティ対策として利用されています。

その実現方法はまちまちですが、原理としては、利用者は、通常のパスワードを知っているとともに、ハードウェアトークン(セキュリティトークン)と呼ばれる文字列発生器を持っています。このトークンは毎度異なる文字列を発生します。
 利用者は、通常のパスワード(コト)とトークン(モノ)の表示を組み合わせて新しいパスワードとします。サーバはそれを解釈して認証します。そのため、事前にサーバと利用者が共通の取決めをしておく必要があります。

トークンを用いないワンタイムパスワード

サーバから毎回異なる選択肢を表示して、利用者しか知らない選択基準で正しいものを選択させる方法です。

シングルサインオン(SSO)

利用者が一度認証を受けるだけで、許可されているすべての機能を利用できるようにする仕組みです。
 多くの利用にパスワードが設定されるようになりました。例えば、インターネットを介してアプリケーションを使うには、端末起動、LAN接続、インターネット接続、アプリケーション起動、データベースへのアクセスなど、それぞれの操作にパスワード入力を求められることがあります。しかも、セキュリティを厳重にするため、あるいは、それぞれの機能の管理を容易にするために、機能ごとに異なるパスワードにしている場合もあります。
 このように多数のパスワードが必要になると、記憶できなくなり、手帳にメモするなど、かえってパスワード漏えいの危険性が増大することがあります。

認証情報の管理を一元化することによって、1回の認証だけでこれら一連の操作でのパスワード入力を不要にしたのがシングルサインオンです。
 逆に、シングルサイオンのパスワードが漏洩したときの被害が大きいので、より厳格な認証が必要になります。ワンタイムパスワードや2段階認証などと組み合わせるのが適切です。

シングルサインオンの方式

シングルサインオンを実現する代表的な方式を列挙します。

信頼認証方式を円滑に実現、運用するために標準化が進められています。

複数認証の種類

通常は本人認証を単独で使いますが、組み合わせて使うことにより、なりすましをしにくくすることができます。

 異なる2つのパスワードとか指紋と虹彩(どちらも本人の身体の一部)などの組合せは2要素認証といいませんし、あまり使いません。何らかの事情で一方が漏洩したとき、他方も漏洩している機会が多いからです。

2要素認証

本人認証の3種類である「ユーザだけが知っていること」「ユーザだけが所有しているもの」「ユーザ自身の特性」のうち、2つの要素を組み合わせてユーザの身元を確認する仕組みのことです。
 例えば、銀行のATMでは、暗証番号を「知っている」ことと、キャッシュカードを「所有している」ことで2要素認証を実現しています。ハードウェアトークンとパスワードを併用させるのも2要素認証です。

2段階認証

「ユーザだけが知っていること」「ユーザだけが所有しているもの」「ユーザ自身の特性」の一つを数回使う認証です。
 例えばアプリケーションへのログインには、ユーザID(アカウント)とパスワードでするのが通常ですが、それに加えて、セキュリティコードなどによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組みです。
 パスワードもセキュリティコードも「知っていること」ですから、2要素認証ではありません。
 同様に、指紋と筆跡の組合せも「ユーザ自身の特性」ですから、2要素認証ではなく2段階認証です。

リスクベース認証

2段階認証の一つですが、常に2段階認証をするのではなく、普段とは異なる場所あるいは手段でのログインと判断した場合だけ、追加の本人認証を要求する方法です。
 「母親の旧姓は?」などの秘密の質問の答えを求めるなどがよく用いられます。

パソコンの認証

本人の認証ではなく、アクセスできるパソコンを制限する方式です。例えば、パソコンのMACアドレスなど、パソコンを特定できる情報を相手側サーバに登録しておき、登録していないパソコンからのアクセスを遮断するなどです。しかし、パスワード管理というよりアクセス制御かもしれません。

電子証明書方式
利用者が認証局(CA)から発行された電子証明書を本人確認に用いる方式です。あらかじめ認証局から電子署名の電子証明書を取得しておき、その電子証明書をパソコンに保存しておきます。それにより、ログインをすると自動的に電子証明書の情報が相手側に提示され、本人確認が行われる仕組みです。
信頼性の高い本人確認ができることが利点です。企業でのオンラインバンキングでの利用が普及してきました。しかし、電子証明書がパソコンにあるので、そのパソコンでないと使えないし、パソコンが盗難にあうと簡単になりすましされる欠点があります。
コールバック
会社のネットワークにダイアルアップで接続するとき、それでは接続しないで、サーバから登録された端末の電話番号にコールバックすることにより接続します。これにより、登録以外の場所からのなりすましを防止します。

入退室での本人認証

重要区画への入退出でも本人確認が重要で、上に列挙した本人確認が採用されています。
 入退室での特徴として、2人が同時に入退室する「供連れ」が問題になります。その対処として、次のような手段があります。

アンチパスバック方式
入室時にIDカードに入室履歴を書き込み、入室履歴のあるIDカードでないと退室できない仕組みです。供連れによる不正入室を防ぐ目的ですが、退出時も供連れで退室できてしまう欠点があります。
インターロック(二重扉)
物理的な対策です。出入口のドアを二重にして、一方のドアが開いている間は、他方のドアが開かないようにする仕組みです。回転ドアによりに、2人が入れない狭いスペースにするとか、ドア間に監視カメラを設置して、複数人がいる場合は、どちらのドアも開かないようにします。

本シリーズの目次へ