Web教材一覧情報倫理・セキュリティ

不正のトライアングル

キーワード


不正のトライアングルの3要素

「不正のトライアングル」とは、人が不正行為を実行するに至る仕組みについての理論です。
 不正のトライアングル理論では、不正行為は、「機会」「動機」「正当化」の3要素がすべてそろった時に生起するとしています。

この理論は、米国犯罪学者D.R.クレッシーにより提唱され、ACFE(Association of Certified Fraud Examiners:公認不正検査士協会)の教育体系にも取り入れられています。
 実務では、特に組織内部者による不正行為対策として注目されています。

機会
不正行為の実行を可能ないし容易にする客観的環境のことです。
横領行為を例にすれば、「自分は経理担当者で出納業務を担当しており業務に精通している」「この業務は自分一人に任せれており、上司のチェックは形骸化している」というような職場環境です。
動機
不正行為を実行することを欲する主観的事情のことです。
「借金返済で困っているので横領するしかない」というように、自分の悩みや望みを解決するためには不正行為をするしかないと考えるようになった心情のことです。
あくまでも主観的事情であり、他人からみれば「他の解決策がある」のが通常です。
正当化
不正行為の実行を積極的に是認しようとする主観的事情のことです。
横領は不正行為だと認識していますが、良心の呵責を回避しようとして、「一時的な借金で、都合がついたら返済する」というような身勝手な言い訳で自分自身を納得させようとします。

これら3要素のどれか一つでも欠ければ不正は行われません。不正ができない環境では、動機があっても実行されないでしょうし、機会や動機があっても良心の抑制があれば実行されないでしょう。

事例:耐震データ偽装事件

対策での留意点

この3要素のうち、客観的要素が大きいのは「機会」ですから、不正をする機会をなくす内部統制を整備することが必要です。
 しかし、それには費用対効果の観点もあり、万全な対策を行うのは困難です。さらに、これには主観的要素もあります、対策をとったつもりでも、不正者からみれば甘いと感じることがあります。

動機や正当化は、個人的な主観ですから、対策としてはモラール向上対策になります。単に不正行為対策だけではなく、待遇の改善や職場の雰囲気、人間関係など広範囲の対策が必要になります。
 正当化を抑制するには、不正行為に対する厳罰化も一つの手段ではありますが、社会通念以上の厳罰規定は法律でも禁じられていますし、職場環境に影響を与えるかもしれません、

機会と動機の面では、偶然や好奇心もあります。グループウェアでたまたま他部門のサイトにアクセスしたところ、秘密事項に属すると思われる情報がありますと、好奇心がわき、さらに内部に入ってみたくなることがあります。
 このとき、何らかのガードがかかっていれば、おそらく深入りはしないでしょう。「汝、誘惑する勿れ」です。
 内部統制の効果は、とかく「仲間を疑うのか」と反目されがちですが、誘惑の機会をなくすことにより、仲間を不正行為に走るのを守るためだという合意が大切です。

経営者を含む上位者の不正防止対策が重要です。機会は十分にありますし、「決算対策のため」など動機や正当化も十分です。しかし、上位者の不正は「会社ぐるみ」の不正につながりやすいし、その影響は会社の存亡まで及ぶことになります。


情報倫理・セキュリティへ