スタートページWeb教材一覧オペレーションズリサーチ線形計画法

線形計画法プログラム

簡単なシンプレックス法のプログラムです。次のように,「素直」なモデルでないと解けません。

  1. 最大値問題だけです。目的関数の係数を逆転させても最小値問題にはなりません。
  2. すべての制約条件は「制約式 ≦ 定数項」,「定数項 > 0」でないといけません。
  3. 数値以外の入力があったとき,制約式や変数の個数に誤りがあったときの処理の保証はありません。
  4. 退化する問題への対処はしていません。
  5. 非常に大きい数値や小さい数値はいけません(確認はしていません)。
  6. その他,作成者の気づかない誤動作があるかもしれません。

サンプルデータを入れてありますので,これを参考に入力してください。


変数の個数: 制約式の個数:
目的関数
→最大化
制約条件






結果がここに表示されます。