Web教材一覧オペレーションズリサーチ

OR(オペレーションズリサーチ)の基礎

表示が不十分なときは、□をクリックすると、その部分が別ウインドウに表示されます。

学習のポイント

ORとは,経営数学ともいわれます。数学を経営問題に適用する分野です。本章では、情報処理技術者試験(ITパスポート、基本情報技術者)のレベルにあわせています。さらに高度な解説は「発展」を参照してください。


線形計画法

数理計画法とは、いくつかの制約条件の下で,目的関数を最大(最小)にする解を求める技法の総称です。代表的な手法に次のものがあります。
 数理計画法のなかで、制約条件が連立一次不等式、目的関数が一次式であるものを線形計画法(LP:リニアプログラミング)といいます。

線形計画法の定式化

線形計画法の図式解法

数理計画法の種類

過去問題: 「線形計画法」

発展:「線形計画法」


PERT

プロジェクトの日程計画において、プロジェクト終了に要する最短期間を求めるとともに、遅れてはならない工程(作業)を発見して重点管理を行うための技法です。

PERTの概要

スケジューリング技法の種類

過去問題: 「PERT」

発展: 「PERT」


在庫管理

過剰在庫による資金の無駄を防止し、過少在庫による品切れ発生を防止することと、在庫品目をABC管理を行い、それぞれに適した発注方式を選択することが重要です。

ABC管理と発注方式

経済的発注量

過去問題: 「在庫管理」

発展:「在庫管理」


決定理論とゲームの理論

傘をもっていくか/もたずに行くか、大規模設備投資をするか/見送るか/小規模投資をするかなど、意思決定を行うときの論理的な考え方です。

意思決定の分類

情報処理技術者試験では、ほとんどが期待値の問題です。

期待値

デシジョンツリー

過去問題: 「決定理論とゲームの理論」

発展:「決定理論とゲームの理論」


待ち行列

スーパーストアのレジや高速道路の料金所が,一部がしまっていると,待っている人や自動車が異常に長くなることは,よく経験するものです。待ち行列とは,到着する客の到着分布,サービス窓口の個数とサービス時間の分布などにより,到着したときに待つ確率,サービスを受けるまでの平均待ち時間などを求める技法です。

待ち行列の意味と公式

過去問題: 「待ち行列」

発展:「待ち行列」


設備投資の採算計算

本来は、複利計算をベースにして、現在価値法やディスカウントキャッシュフロー法などによる採算計算、複数の投資案からの選択などに使われる技法なのですが、情報処理技術者試験では、金利を考慮しない買い取りとリースの比較程度の簡単な問題ですので、解説は省略します。

過去問題: 「設備投資の採算計算」

発展:「設備投資の採算計算」


その他の分野

過去問題:
その他のOR技法: 「OR(その他)」
ORの知識を必要としない簡単な計算問題: 「単純計算」

ORにはこれ以外にも多様な技法があります。
発展:「オペレーションズリサーチ」