Web教材一覧ネットワーク

XHTML

キーワード

XHTML、HTML、XML


HTML文書を,XMLと統一的に扱うために仕様を整えた言語です。HTMLでは,使いやすさを優先して,書式にそれなりに自由度がありましたが,XHTMLではXMLに準拠させるために,書式が厳密になっています。
 HTMLでは許していたのに,XHTMLでは許されなくなった主な事項を列挙します。なお,ここでのXHTMLでの事項は,HTMLでも互換性がありますので,HTMLとして作成する場合も,以下の事項を守るのが適切です。

表示体裁のためのタグの廃止
<center>や<font>など,HTMLで非推薦属性とされていたタグの大部分が廃止されました。
終了タグの省略禁止
HTMLではタグによっては,</~>がなくても許されたが,XHTMLでは必ずつけることにした。それで,<br>などの空要素のタグは「 />」で閉じる必要がある。
全てのタグは小文字
HTMLでは,<H1>や<img SRC="page.html">のように,要素や属性での大文字と小文字は区別していなかったが,XHTMLではそべて小文字を用いることになった。
属性の値は必ず引用符で囲む
HTMLでは,<table border=1>のように,属性の値が数値のときは引用符が不要であったが,XHTMLでは,<table border="1">のように必ず引用符で囲む。
属性の省略書式が不可
HTMLでは,<br clear all>のような記述ができたが,XHTMLでは,<br clear="all" />のように記述する。