Web教材一覧ネットワーク

URLの構造

キーワード

URL、ドメイン名、ホスト名、完全修飾ドメイン名(FQDN)


Webページを見るには、ブラウザで http://www.kogres.com/hitoshi/index.html などと入力します。これをURL(Uniform Resource Locator)またはURI(Uniform Resource Identifier)といいます)。

URLの図解

これは「www.kogures.com という名前を持つコンピュータの中にあるファイル hitoshi/index.html を http というプロトコルでアクセスする」という意味です。

kogures.com の部分をドメイン名といいます。これは世界で一意になるように設定されています。参照:「ドメイン名の体系」

www のことをホスト名といいます。そして、ホストとドメイン名をつなげた www.kogures.com のことを完全修飾ドメイン名(FQDN、Fully Qualified Domain Name)といいます。
(厳密には、www.kogres.com.のように最後に「.」を付けたものをFQDNとすることもあります。また、俗にはFQDNのことをホスト名あるいはドメイン名ということもあります)。
 ホストはドメイン内部にあるコンピュータで、名称はドメイン所有者が任意に命名できますが、Webページを保持しているサーバは www、電子メールのサーバは mail とすることが多いようです。また、ここでのコンピュータは論理的なものであり、www.kogures.com と mail.kogures.com が同一のハードウェアに置かれていることもあります。

パスはWebサーバ内のディレクトリを記述します。例えばこのページは、hitoshi/webtext/nw-url-kouzou/index.html です。

httpは、Webサーバと利用者のパソコンの間でデータの送受信を行うプロトコル(規約)です。URLで指定したファイルをパソコンが受けてブラウザが解読して表示します。このようなサーバとの間のプロトコルには、ファイルをダウンロードする frp や、電子メールを送信・受信する smtp,pop3 など多くのものがあります。


本シリーズの目次へ